資格こもごも・カテゴリ

登録販売者 医薬品 アナフィラキシーの副作用のまとめ‐ピレンゼピン塩酸塩,クロモグリク酸ナトリウム,ケトプロフェン

登録販売者の試験科目の「医薬品」から、まれに重篤な副作用として、「アナフィラキシー」の生じる成分を、まとめました。 このページでは、手引きにて、「アナフィラキシー」と、表記されているものをまとめています。 んで、手引きにおいて、「ショック(アナフィラキシー)」と、括弧掛けで表記さ...続きを見る

2021年12月17日 7:35 AM

登録販売者 医薬品 ショック(アナフィラキシー)の副作用のまとめ‐解熱鎮痛成分,リゾチーム塩酸塩,ヨウ素系殺菌消毒成分,クロルヘキシジングルコン酸塩,タンニン酸アルブミン,ロペラミド塩酸塩,ブチルスコポラミン臭化物,炭酸水素ナトリウム,リドカイン,メキタジン

登録販売者の試験科目の「医薬品」から、まれに重篤な副作用として、「ショック(アナフィラキシー)」の生じるものを、まとめました。 選択肢の1つとして登場するので、まとめて憶えてしまいましょう。 なお、手引きにて、「アナフィラキシー」とだけ表記されるものは、「登録販売者 医薬品 アナ...続きを見る

2021年12月4日 10:57 AM

登録販売者「日本薬局方」のある成分のまとめ‐グリセリン,ヒマシ油,クレゾール石鹸液

「医薬品」の論点に、「日本薬局方」があります。 当該日本薬局方の問題ですが、これまでは、「生薬」でのみ散見されていました。 参考:東京都 R2 第72問 参考:東京都 R2 第79問 参考:登録販売者「日本薬局方」のある生薬のまとめ しかし、最近になって、「東京都 R3 第96問...続きを見る

2021年11月22日 8:55 AM

前払費用と未払費用の機械的作業‐建設業経理士2級の勉強

建設業経理士2級の「第2問:文章問題」で頻出なのが、「前払費用」と「未払費用」の処理です。 一度キッチリ理解したのに、時間が経つと、借方に計上するのか、貸方に計上するのか、(アレレ)となります。 だからこそ、出題され続けるわけですね。 前払費用と未払費用に遭遇すると、(アレレ)と...続きを見る

2021年11月14日 8:23 AM

建設業経理士2級 理論問題 過去問リスト

建設業経理士2級では、例年、理論問題が「1問」出題されます。 採点は、1問あたり1点で、合計「4点」なのが常です。 ほぼ「多項選択式」の出題で、「問いに該当するアルファベットを選ぶ」試験形式です。取れる問題です。 以下に、理論問題の過去問をリストアップするので、問題演習なり、傾向...続きを見る

2021年11月10日 10:48 AM

二級ボイラー技士 公式過去問 難問リスト

二級ボイラー技士の公式過去問の“あ、これは難しいなー”という問題をリストアップしました。 最後の仕上げや、チェック等にご利用ください。 令和3年10月 ・3問 計測器の選択肢5・・・「やや難」 ・6問 鋳鉄製ボイラー・・・「やや難」 ・25問 圧力噴霧式バーナの噴射油量調節・・・...続きを見る

2021年6月13日 11:31 AM

令和3年度(2021年度)の登録販売者の受験生へ‐傾向チェックポイント

登録販売者試験は、だいたい似たり寄ったりで、そして、しばしば、他県の試験を“大いに参照した”問題が出ます。 以下に、先年度(令和2年度:2020年度)の東京都・関西広域連合・福岡県試験で気になったところを挙げていきます。 傾向把握の一環として、他の都道府県の方も、お目汚しください...続きを見る

2021年6月10日 10:01 AM

登録販売者 漢方処方製剤の「幅広く応用できる」と「広く応用できる」と「幅広く用いることができる」のまとめ‐半夏厚朴湯,桔梗湯,響声破笛丸,大黄甘草湯,抑肝散,抑肝散加陳皮半夏

漢方処方製剤の攻略ページです。 漢方処方製剤の論点に、「体力規定(虚実)」がありますが、そのなかで、「幅広く応用できる」と「広く応用できる」という、独特の表記があります。 加えて、「幅広く用いることができる」という表記のものもあります。 選択肢判別の大きなキーとなるほか、あまり数...続きを見る

2021年4月30日 12:27 PM

登録販売者 手引きにない漢方処方製剤のまとめ‐大建中湯,五苓散

登録販売者試験の「医薬品」は、年々難化しています。 「漢方処方製剤」では、手引きに記載のない漢方処方製剤が出題される可能性があります。 以下に、わたしが目にした範囲で、「手引きにない漢方処方製剤」を、リストアップしました。 対策も併記しているので、試験勉強の中盤あたりから、チェッ...続きを見る

2021年3月5日 12:34 PM

登録販売者 漢方処方製剤 「まれ重篤副作用」が本格的に出題される

これまで、「漢方処方製剤」の出題は、おおむね、「名称」と「効能」、そして、「体力規定(虚実)」と「構成生薬」がメインに問われていました。 しかし、試験の難化を受けて、「まれに起きる重篤な副作用(まれ重篤副作用)」が出題されるようになっています。 たとえば、「東京都 R2 第95問...続きを見る

2021年3月5日 12:29 PM