「 宅建‐宅建業法 」タグの投稿記事

37条(37条書面)の任意的記載事項の考え方と語呂合わせ

「37条(37条書面)の必要的記載事項の考え方」の続きです。 本ページでは、「37条(37条書面)」の「任意的記載事項」を見ていきます。 まずは語呂で5つを潰す まず、「任意的記載事項」ですが、「8つ」の規定があります。 復習・再記憶のために見ていくと…、 ・代金・交換差金以外の...続きを見る

2019年4月29日 4:52 PM

37条(37条書面)の必要的記載事項の考え方

はじめに、整理しないといけないことは、37条(37条書面)には、「必要的記載事項」と「任意的記載事項」の「2つ(2系統)」がある、ということです。 前者の「必要的記載事項」は、必ず記載しなければならない「義務」のものです。 後者の「任意的記載事項」は、あれば記載するものです。 前...続きを見る

2019年4月29日 4:52 PM

35条(重要事項の説明)の考え方‐物件に関すること

宅建業法の35条(重要事項の説明)は、ほぼ毎年、試験に出る最重要論点です。 当該論点のうち、「物件に関すること」ですが、これは、暗記も必要ですが、それ以上に、法制度の趣旨を理解することが先決です。 「どうして、こんな制度があるのか?」を考えていけば、「物件に関すること」の暗記は、...続きを見る

2019年4月28日 10:03 AM

35条(重要事項の説明)の考え方‐取引に関すること

35条(重要事項の説明)の「取引に関すること」ですが、ここは、実は、カンタンで、「暗記」で多くを済ませることができます。 「取引に関すること」は、ぜんぶで「8つ」あります。 しかし、この「8つ」のうち、「5つ」は、「37条(37条書面)」を重複しているのです。 当該重複事項は、語...続きを見る

2019年4月28日 10:03 AM

宅建業法「37条(37条書面)」の過去問リスト

「37条(37条書面)」に関する論点は、例年「2問」の出題があり、最低でも、「1問」の出題があります。 それに、選択肢の1つとしても、実によく顔を出します。 宅建業法での最重要論点です。 テキストの精読と、過去問演習を繰り返してください。ここで点を落とすと、最終得点が実に厳しいこ...続きを見る

2019年4月26日 2:45 PM

宅建業法「35条(重要事項の説明)」の過去問リスト

「35条(重要事項の説明)」に関する論点は、例年「2問」の出題があり、最低でも、「1問」は必ず出ています。 宅建業法での最重要論点です。 大半の受験生は、点を取ってくるので、極力、落とさないようにする必要があります。 テキストの精読と、過去問演習を繰り返してください。何回もやって...続きを見る

2019年4月26日 2:44 PM

宅建業法「営業保証金」の過去問リスト

「営業保証金」に関する論点は、例年、「1問」が出題されています。 ときおり、選択肢の1つとして、顔を表すこともあります。 出題は、基礎・基本的なものが多く、きっちりと制度を理解し、数字を暗記すれば、ほぼ「1点」となる論点です。 テキストの精読を繰り返して、得点源にしましょう。 (...続きを見る

2019年4月26日 10:34 AM

宅建業法「宅地建物取引士」の過去問リスト

「宅地建物取引士」に関する論点は、例年、「1問」が出題されています。 出題は、基礎・基本的なものが多いですが、ときおり、重箱の隅を突くような問題が出るので、臨機応変に対処しましょう。 取れる問題が多いです。得点源にしましょう。 宅建業法の「宅地建物取引士」がテーマの過去問は、以下...続きを見る

2019年4月26日 10:18 AM

宅建業法「免許」の過去問リスト

「免許」に関する論点は、ほぼ毎年、出題される論点です。 多いときで「3問」が、少ないときでも、「2問」が出題されます。 1問丸ごとな問題が多いですが、選択肢の1つとしても、頻繁に顔を見せます。 出題は、基礎・基本的なものが多いです。テキストの精読を繰り返して、得点源にしましょう。...続きを見る

2019年4月26日 10:04 AM

宅建業法「クーリング・オフ」の過去問リスト

「クーリング・オフ」の論点は、ほぼ毎年、出題される論点です。 最初はとっつきにくいのですが、テキストを何度も読んでいくうちに、解けるようになります。 テキストの精読を繰り返して、得点源にしましょう。 宅建業法の「クーリング・オフ」がテーマの過去問は、以下の通りです。 (※一部、未...続きを見る

2019年4月25日 6:47 PM