アロエ‐「あ」の付く生薬:登録販売者

まずは初めに結論を。一口で言うと。まとめ。要旨。

 登録販売者の試験科目「主な医薬品とその作用(通称:医薬品)」に登場する「生薬」の試験対策ページ。本ページでは、「アロエ」の傾向と対策、優先順位、語呂あわせや、頻出ポイントをまとめています。そのほか、過去問を「○×問題」形式で紹介したりしています。通勤・通学時のおさらい用に。独学者向け。

インデックス

  1. 傾向と対策、優先順位
  2. 過去問○×問題
  3. 解説
  4. おさらい‐手引き抜粋
  5. 空白問題
  6. 生薬リンク

傾向と対策、優先順位

 アロエは、ほとんど試験には出ていませんが、「大腸瀉下成分」では、生薬のダイオウがよく問われることから、アロエも、射程距離内に入っています。

 狙われる可能性はあるので、押さえておくべきです。

 よって、優先順位は、「そこそこ」です。

 なお、当該生薬が配合された市販薬には、「 【第3類医薬品】アロエ錠 100錠 」などがあります。

 生薬の効能・効果が頭に入らないときは、実物の説明書きや成分表で、頭に入れていきましょう。

過去問○×問題

 当該生薬は…、

 「アロエは、小腸刺激による瀉下作用を期待して、配合される。」

 …といった感じに出題されています。

 正誤はこちらです。

解説

 間違っているのは、「小腸刺激」のところです。

 「アロエ」ですが、センノシドに類似の物質を含んでいます。

 当該センノシドは、「“大腸”刺激性瀉下成分」です。

 参考:センノシド

 よって、「アロエ」は、「大腸刺激」が期待されて、配合されます。

 こんな次第で、解答は、「×」と相なります。

補足1

 瀉下成分ですが、大腸・小腸の区別を意識して、憶えていってください。

 「“小腸”刺激性瀉下成分」には、「ヒマシ油」があります。

補足2・・・センノシド類似物質

 登録販売者試験は、年々、難化しており、「生薬」においても、より突っ込んだ出題になっています。

 これまでに出題実績のないマイナーなものも、ビシバシ出題されています。

 「アロエ」も、「センノシドに類似の物質を含む」のところが出そうなので、押えておきましょう。

 また、「登録販売者「その他の記載」のある生薬のまとめ」も、一読願います。

おさらい

 復習用に、正確な説明文を挙げておきます。

 「アロエは、ユリ科のAloe ferox Miller 又はこれとAloe africana Miller 又はAloe spicata Baker との種間雑種の葉から得た液汁を乾燥したものを基原とする。」

 「センノシドに類似の物質を含み、“大腸”刺激による瀉下作用が期待できる。」

 英語の其原のAloeウンヌンは、押さえなくていいでしょう。

 ちなみに、基原のケープアロエは、こんなものです。

 参考‐グーグル画像検索:ケープアロエ

 おなじみの「アロエ」です。親近感が湧きます。

空白問題

 暗記用に、空白問題を出しておきます。

 アロエ --- 「○○刺激による○○作用」

 すらっと出るようなら、OKです。アレレなら、ページの上の方を見つめてください。

生薬リンク

 「あ」の付く生薬へのリンクです。

 アカメガシワ

 アセンヤク

 アロエ

 「あ行」インデックス

独学向け教材

 使用教材の詳細は「教材レビュー」に述べていますが、読むのが面倒な人は、テキストは、初心者向けでオマケ付きの「らくらく完全攻略! 登録販売者試験 合格テキスト&問題集」と、掲載問題数が一番多い「超重要 登録販売者 過去問題集」を使えば支障ありません。わたしはこれで「117点」取れました。

 また、公式の過去問は、PDFで配布されています。過去問演習は、「タブレット」が便利です。もってない人は、受験を機に、アマゾンの「Fire HD」を推奨します。最優秀のコスパです。

こまごましたもの

 登録販売者のこまごましたことは、ブログに投稿しています。

 興味のある方は、「登録販売者の投稿記事 」の「登録販売者:語呂合わせ」や「登録販売者:まとめ」、「登録販売者:憶え方」などをお目汚しください。

 そのほか、「登録販売者:医薬品」や「登録販売者:生薬」、「登録販売者:漢方処方製剤」で、ヒマな時間を潰してください。

みんなとシェアする