大黄甘草湯‐腸の不調‐漢方処方製剤対策

まずは初めに結論を。一口で言うと。まとめ。要旨。

 登録販売者の「主な医薬品とその作用(通称:医薬品)」の「漢方処方製剤」の「胃腸に作用する薬」の「腸の不調」に登場する「大黄甘草湯(だいおうかんぞうとう)」の対策ページ。本ページでは、当該漢方処方製剤のポイントをまとめたり、「○×問題」を出したり、過去問を紹介したりしています。

インデックス

○×問題

 基本問題です。

 おなじみ「痔」と「便秘」の薬です。

問1『大黄甘草湯は、体力に関わらず広く応用できる。』

正誤と解説はこちら。

解説 問1

 問1ですが、正しい記述です。

 「大黄甘草湯」ですが、体力規定(虚実)は、「体力に関わらず」です。

 加えて、「広く応用できる」という特徴があります。

 当該2つの特徴は、実に押さえやすく、選択肢判別の強力な武器となるので、「ブログ 「体力に関らず」」や「「幅広く応用できる」と「広く応用できる」のまとめ」で、チェックしておきましょう。

問2『大黄甘草湯は、カンゾウを含む。』

正誤と解説はこちら。

解説 問2

 問2は、正しい記述です。

 「大黄甘草湯」には、「カンゾウ」が配合されています。

 また、名前に注目すれば一目ですが、「ダイオウ」も入っています。

 「大黄甘草湯」は、名前だけで構成生薬が押えられるので、楽して憶えてください。

 また、「カンゾウ・ダイオウ」という組み合わせは、そう数がないので、「カンゾウ・ダイオウを含む漢方処方製剤」で、押えておきましょう。

問3『大黄甘草湯を使用している間は、他の瀉下薬の使用を避ける必要がある。』

正誤と解説はこちら。

解説 問3

 問3は、正しい記述です。

 「大黄甘草湯」ですが、先に見たように、瀉下成分の「ダイオウ」が配合されています。

 瀉下成分が重複すると、効き目が強く出る副作用があるので、「他の瀉下薬の使用を避ける」となります。

 「使用上の注意」は、ド頻出論点なので、確実に押えておきましょう。

問4『大黄甘草湯は、比較的長期間(1ヶ月位)服用されることがある。』

正誤と解説はこちら。

解説 問4

 問4は、誤った記述です。

 「大黄甘草湯」ですが、手引きには、「5~6日間服用しても症状の改善がみられない場合には、いったん使用を中止して専門家に相談がなされるべきである」とあります。

 まあ、カンゾウ入りだし、ダイオウも入っているしで、長期連用はアレな漢方だと把握しておけばよいでしょう。


試験傾向

 「大黄甘草湯」ですが、そこそこ登場する漢方処方製剤です。

 「痔」と「便秘」という身近な薬なので、配偶者のためにも、教養的にも、押さえておくのいいでしょう。

 なお、「大黄甘草湯」は、市販されている漢方処方製剤があります。

 テキストはもとより、ドラッグストア等で、実物を手にして、効能などを勉強しましょう。

 amazon参考:大黄甘草湯

 楽天参考:大黄甘草湯

体力

 「大黄甘草湯」の「体力規定(虚実)」は、「体力に関わらず」となっています。

 加えて、「広く応用される」とあります。

 実に大きな特徴なので、確実に押さえておきましょう。

ダメな人

 「大黄甘草湯」には、ダイオウ入りのため、禁忌があります。

 手引きには…、

 『体の虚弱な人(体力の衰えている人、体の弱い人)、』

 『胃腸が弱く下痢しやすい人では、』

 『激しい腹痛を伴う下痢等の副作用が現れやすい等、不向きとされる。』

 …とあります。

 ダイオウは、「瀉下成分」で、そこそこキツイ成分です。

 ダイオウから、先の禁忌を見れば、憶えやすいと思います。

 なお、「腸の不調」の漢方ですが、「桂枝加芍薬湯」を除いて、すべてダイオウが入っているためか、それぞれに「禁忌」があります。チェックしておきましょう。

使用上の注意

 「大黄甘草湯」ですが、「ダイオウ」入りなので、おなじみの注意事項である「本剤を使用している間は、他の瀉下薬の使用を避ける必要がある」となっています。

 これは、他の「腸の不調」の漢方でも同様です。

 「ダイオウ」と来たら、「他の瀉下薬ダメ」です。

キーワード

 「大黄甘草湯」のキーワードは、配偶者でおなじみの「便秘、頭重、腸内異常発酵、痔」です。

 まあ、本試験では、そう突っ込んだ出題があまりないので、常識的な範囲で押えておきましょう。

構成生薬

 「大黄甘草湯」の構成生薬は、「カンゾウ・ダイオウ」です。

 先に述べたように、「名称」だけで構成生薬が押えられます。

副作用

 「大黄甘草湯」の「稀な重篤な副作用」は、「ない」です。

 「腸の不調」の漢方処方製剤では、「稀な重篤な副作用」の記載がありません。

 よって、「腸の不調…まれ重篤なし」と、まとめて憶えましょう。

数字対策

 「大黄甘草湯」の数字ですが、「ダイオウ入り」が頭にあれば、すんなり憶えられます。

 手引きには…、

 『短期間の使用に限られるものでない。』

 『しかし、5~6日間服用しても症状の改善がみられない場合には、いったん使用を中止して専門家に相談がなされるべきである。』

 …と、あります。

 まあ、常識的に、瀉下薬を5~6日間服用していれば、何かしらのお通じなり改善なりがあります。

 それが「ない」のですから、別の疾患かもしれないし、一般用医薬品では効かない便秘のおそれもあり、受診勧奨といった次第です。

過去問リスト

 「大黄甘草湯」の過去問演習用として、東京都等の問題をピックアップしました。

 こういう出題があったので、チェックしておきましょう。

東京都

・近年なし。

関西広域連合

R2 第35問

福岡県

・近年なし。

チェック用:手引き抜粋

 『大黄甘草湯』

 『体力に関わらず広く応用され、便秘、便秘に伴う頭重、のぼせ、湿疹・皮膚炎、ふきでもの(にきび)、食欲不振(食欲減退)、腹部膨満、腸内異常発酵、痔などの症状の緩和に適すとされる。』

 『しかし、体の虚弱な人(体力の衰えている人、体の弱い人)、胃腸が弱く下痢しやすい人1では、激しい腹痛を伴う下痢等の副作用が現れやすい等、不向きとされる。』

 『また、本剤を使用している間は、他の瀉下薬の使用を避ける必要がある。』

 『短期間の使用に限られるものでないが、5~6日間服用しても症状の改善がみられない場合には、いったん使用を中止して専門家に相談がなされるべきである。』

 『構成生薬として、「カンゾウ」「ダイオウ」を含む。』

こまごましたもの

 登録販売者のこまごましたことは、ブログに投稿しています。

 興味のある方は、「登録販売者の投稿記事 」の「登録販売者:語呂合わせ」や「登録販売者:まとめ」、「登録販売者:憶え方」などをお目汚しください。

 そのほか、「登録販売者:漢方処方製剤」や「登録販売者:生薬」、「登録販売者:漢方処方製剤」で、ヒマな時間を潰してください。

みんなとシェアする