午前第18問‐岐阜県 令和4年度(2022年度)過去問と解説

まずは初めに結論を。一口で言うと。まとめ。要旨。

 本問は、「基本知識」の「スモン及びスモン訴訟」についての出題です。基礎知識では、ほぼ毎回出題される内容なので、テキストの精読は必須です。選択肢を1つとして、落とさないようにしましょう。

午前第18問‐スモン及びスモン訴訟

 

 (クリックして拡大。)

難易度コメント+こたえ

 本問の難易度は、「ふつう」です。

 なお、本問の解答は、こちら(数字のみ)です。

解説

 スモン訴訟の基礎問題です。

 苦手な人は、「スモン・スモン訴訟のポイントまとめ」や「薬害訴訟(CJD訴訟,HIV訴訟,スモン訴訟,サリドマイド訴訟)の共通事項+まとめ」を、一読してください。

選択肢1

 選択肢1の「スモン訴訟とは、整腸剤として販売されていたキノホルム製剤を使用したことにより、亜急性脊髄視神経症に罹患したことに対する損害賠償訴訟である。」ですが、正しい記述です。

 キーワードの「整腸剤」は、ガチで押さえておきましょう。

 よって、選択肢は、「正」となります。

 なお、他県では、「ひっかけ」で「亜急性脊髄視神経症」のところが「“慢性”脊髄視神経症」と変えられたので、キーワードはシッカリ憶えておきましょう。

選択肢2

 選択肢2の「スモン訴訟は、キノホルム製剤を販売した薬局開設者を被告として1971年に提訴され た。」ですが、誤った記述です。

 間違っているのは、「薬局開設者」のところです。

 正しくは、「国及び製薬企業」です。

 当該被告も、薬害訴訟の頻出論点です。押さえておきましょう。

 よって、選択肢は、「誤」となります。

 なお、年号・年月日は、問われたことがないので、「1971年」ウンヌンを憶える必要はありません。

選択肢3

 選択肢3の「スモン患者に対する施策や救済制度として、重症患者に対しては、介護事業が講じられて いる。」ですが、正しい記述です。

 その通りの記述です。

 手引きには…、

 「スモン患者に対する施策や救済制度として、治療研究施設の整備、治療法の開発調査研究の推進、施術費及び医療費の自己負担分の公費負担、」

 「世帯厚生資金貸付による生活資金の貸付のほか、重症患者に対する介護事業が講じられている」

 …とあります。

 最近では、このあたりのことも、よく問われるようになっています。

 ガチ暗記は無用ですが、テキストを何度も精読しておきましょう。

 よって、選択肢は、「正」となります。

選択肢4

 選択肢4の「キノホルム製剤は、過去に一般用医薬品として販売されていたこともあり、登録販売者と して、薬害事件の歴史を十分に理解し、医薬品の副作用等による健康被害の拡大防止の責務 の一端を担っているとの認識が必要である」ですが、正しい記述です。

 その通りの記述です。解説のしようがありません。

 テキストを確認しておきましょう。

 よって、選択肢は、「正」となります。

答え

 「1」は「正」です。

 「2」は「誤」です。

 「3」は「正」です。

 「4」は「正」です。

 「正しい組み合わせ」は…、

 正解:2

 さて、最終解答でミスったのなら、必ず、「登録販売者の解答は2回念押し‐最終得点は2~3点上がる」に、目を通しておきましょう。選び方を変えるだけで、点が取れます。

 >>> 次の問題へ。

基本知識

 1問:医薬品の本質

 2問:健康食品

 3問:医薬品のリスク評価

 4問:セルフメディケーション

 5問:アレルギー(過敏反応)

 6問:副作用

 7問:医薬品の不適正使用

 8問:医薬品の使用

 9問:医薬品と食品の相互作用

 10問:小児等

 11問:高齢者

 12問:プラセボ効果(偽薬効果)

 13問:妊婦等

 14問:一般用医薬品の対処範囲

 15問:一般用医薬品の品質

 16問:販売時コミュニケーション

 17問:サリドマイド訴訟

 18問:スモン及びスモン訴訟

 19問:HIV訴訟

 20問:CJD訴訟

令和4年度 岐阜県 科目別

 弱点克服等には、以下のリンクで、科目別に演習してください。

 ・令和4年度 インデックス

 ・基本的な知識(第1~第20問)

 ・主な医薬品とその作用(第21~第60問)

 ・人体の働きと医薬品(午後 第1~第20問)

 ・薬事に関する法規と制度(午後 第21~第40問)

 ・医薬品の適正使用と安全対策(午後 第41~第60問)

独学向け教材

 使用教材の詳細は「教材レビュー」に述べていますが、読むのが面倒な人は…、

 テキストは、初心者向けでオマケ付きの「 らくらく完全攻略!登録販売者試験合格テキスト&問題集 第4版 」で…、

 過去問は、掲載問題数が一番多い「 超重要!登録販売者過去問題集 '23年版 (2023年版) 」を使えば支障ありません。

こまごましたもの

 登録販売者のこまごましたことは、ブログに投稿しています。

 興味のある方は、「登録販売者の投稿記事 」の「登録販売者:語呂合わせ」や「登録販売者:まとめ」、「登録販売者:憶え方」などをお目汚しください。

 そのほか、「登録販売者:医薬品」や「登録販売者:生薬」、「登録販売者:漢方処方製剤」で、ヒマな時間を潰してください。

みんなとシェアする