独学でススメ-読むだけで独学合格できるかもしれない、適当なヒントとTips

薬害訴訟(CJD訴訟,HIV訴訟,スモン訴訟,サリドマイド訴訟)の共通事項+まとめ‐登録販売者

まずは初めに結論を。一口で言うと。まとめ。要旨。

登録販売者の「医薬品に共通する特性と基本的な知識」の論点「薬害の歴史」のポイントをまとめたページ。CJD訴訟,HIV訴訟,スモン訴訟,サリドマイド訴訟といった薬害訴訟の論点の共通事項や、被告、制度創出などをまとめています。

まず第一に強調しておきたいのは、「薬害訴訟の論点は、実に、費用対効果が高い」ということです。

「基本的知識」の論点「薬害の歴史」は、少なくとも3問が、多ければ、4問が問われる公算です。

それなのに、テキストでは、約5ページくらいの分量です。

しかも、ほぼ毎年問われる論点です。

約5ページで、ほぼ毎回、3~4問の出題なので、1問当たり「1.5ページ強」の勉強で、「1点」になる計算です。

全試験科目中、最も費用対効果が高いです。

「医薬品」などと比べれば、雲泥の差のコスパです。

当該論点は、時間的な理由で、勉強不足の人ほど、あんまり勉強できそうにない人ほど、やるべきところです。

100%取れるようになって、難問の多い「医薬品」や「法規」の失点に備えましょう。

薬害共通

すべて、「和解」が成立しています。

んなもんで、選択肢にて、たとえば、「国とは和解したが、製薬業者とは係争中である」などとあれば、すべての訴訟で、「×」となります。

被告

サリドマイド訴訟・スモン訴訟・HIV訴訟は、「国」と「製薬業者」が訴えられました。

そして、CJD訴訟では、「国」と「輸入販売業者」と「製造業者」が訴えられました。

サリドマイド訴訟・スモン訴訟・HIV訴訟は、被告が同じですが、CJD訴訟だけ異なっています。

当該論点は、細かい物まで問われる傾向があるので、念のため、整理して憶えておきましょう。

制度創出

サリドマイド訴訟・スモン訴訟を契機に、「医薬品副作用被害救済制度」が創設されました。

HIV訴訟・CJD訴訟を受けて、「生物由来製品による感染等被害救済制度の創設」が創出されました。

上記2点は、必ず、出題されるといっていい、頻出ポイントです。

制度創出の数多くの論点に、手が回らないなら、ここだけは押えておきましょう。

なお、ちょっとだけ注意ですが、ガチの『限定』ではないので、注意が必要です。

選択肢では、『』と表現されることがあります。

たとえば…、

「サリドマイド訴訟“等”を契機に医薬品副作用被害救済制度が創設された」や「スモン訴訟“等”を契機に(略)」とか…、

「HIV訴訟“等”を受けて…」とか「CJD訴訟“等”を契機に生物由来製品…」といった風です。

当該“等”でも、公式では正解となっています。

厳密に2つの訴訟がそろってないとダメ、ではないので、ちょっとだけ、選択肢の吟味を緩めてください。

ところで、この辺りは、深く追求しないでください。

「等」のない選択肢、たとえば、「サリドマイド訴訟を契機に医薬品副作用被害救済制度が創設された」でも、内容的には、決して間違いではないので、「正解」となるはずです。

本試験では、おおむね、明白なものを出してきます。

「サリドマイド訴訟を受けて、生物由来製品による感染等被害救済制度の創設された」などが、出題の関の山かと思います。

難しく考えず、テキストの基礎事項を元に、判別してください。

薬害訴訟の共通的なことは、以上です。

個々の薬害の訴訟は…、

サリドマイド・サリドマイド訴訟のポイントまとめ+憶え方

スモン・スモン訴訟のポイントまとめ

HIV訴訟のポイントまとめ

CJD訴訟のポイントまとめ

…で、押えていってください。

通勤・通学のお供に。

みんなとシェアする