ボウフウ‐「ほ」の付く生薬:登録販売者「医薬品」

まずは初めに結論を。一口で言うと。まとめ。要旨。

 登録販売者の試験科目「主な医薬品とその作用(通称:医薬品)」に登場する「生薬」の試験対策ページ。本ページでは、「ほ」の付く生薬の「ボウフウ」について、見ていきます。当該生薬の傾向と対策、優先順位、語呂あわせや、頻出ポイントをまとめています。そのほか、過去問を「○×問題」形式で紹介したりしています。通勤・通学時のおさらい用に。独学者向け。

インデックス

  1. 傾向と対策、優先順位
  2. 過去問○×問題
  3. 解説
  4. おさらい‐手引き抜粋
  5. 空白問題
  6. 生薬リンク

傾向と対策、優先順位

 ボウフウは、そこそこ試験に顔を出します。出題実績はあるので、押えておきましょう。

 優先順位は、「やや高い」です。

 なお、当該成分が配合された市販薬には、「 【第2類医薬品】ナイシトールZ 420錠 」などがあります。

 生薬の効能・効果が頭に入らないときは、実物の説明書きや成分表で、頭に入れていきましょう。

過去問○×問題

 当該生薬は…、

 「ボウフウは、せり科のボウフウの根及び根茎を基原とする。発汗、解熱、鎮痛、鎮痙などの作用が期待される。」

 …といった感じに出題されています。

 正誤はこちらです。

解説

 設問の「ボウフウは、せり科のボウフウの根及び根茎を基原とする。発汗、解熱、鎮痛、鎮痙などの作用が期待される。」ですが、正しい記述です。

 問題文の言うように、「ボウフウ」には、「発汗、解熱、鎮痛、鎮痙」の作用があります。

 解答は、「○」と相なります。

補足

 憶え方ですが、まず、数から攻めます。

 「ボウフウ」は、4文字なので、「4つの作用がある」と、まずは頭に入れます。

 んで、漢字で考えます。「ボウフウ」は、「防風」です。そう、「風邪を防ぐ」です。

 んで、当該ボウフウは、「かぜ薬」に配合される生薬です。

 この2点から、「風邪に効きそうな作用」と考えます。

 「発汗」は、風邪に効きそうです。「解熱・鎮痛」は、解熱鎮痛成分がかぜ薬に配合されることから、当たり前に効きます。

 さて、これで3つ終わったので、あと1つです。

 最後の「鎮痙」ですが、これは、「風邪を防ぐ」ことから、類推できません。よって、機械的に憶えるしかありません。

 「発汗、解熱、鎮痛」は風邪がらみで憶え、残る「鎮痙」はブツブツ唱える、といった寸法です。

 「ボウフウ」は、本試験にそこそこ登場するので、すべての作用を、きっちり憶えておきましょう。

おさらい

 復習用に、手引きの説明文を抜粋しておきます。

 「ボウフウは、せり科のボウフウの根及び根茎を基原とする。」

 「発汗、解熱、鎮痛、鎮痙などの作用が期待される。」

 …以上です。

 基原は、生薬名と一緒なので、楽ができます。「基原と名称が同じ生薬一覧」で、横断的に憶えてしまってください。

 ちなみに、基原のボウフウは、こんなものです。

 参考‐グーグル画像検索:ボウフウ

 白と緑の若々しい色が特徴です。配偶者の古々しいのとは違う魅力があります。

空白問題

 暗記用に、空白問題を出しておきます。

 ボウフウ --- 4文字なので4作用「○○・○○・○○・○○」

 すらっと出るようなら、OKです。アレレなら、ページの上の方を見つめてください。

生薬リンク

 「ほ」の付く生薬へのリンクです。

 ボウイ

 ボウフウ

 ボタンピ

 ホップ

 ボレイ

 は行・インデックス

独学向け教材

 使用教材の詳細は「教材レビュー」に述べていますが、読むのが面倒な人は、テキストは、初心者向けでオマケ付きの「らくらく完全攻略! 登録販売者試験 合格テキスト&問題集」と、掲載問題数が一番多い「超重要 登録販売者 過去問題集」を使えば支障ありません。わたしはこれで「117点」取れました。

 また、公式の過去問は、PDFで配布されています。過去問演習は、「タブレット」が便利です。もってない人は、受験を機に、アマゾンの「Fire HD」を推奨します。最優秀のコスパです。

こまごましたもの

 登録販売者のこまごましたことは、ブログに投稿しています。

 興味のある方は、「登録販売者の投稿記事 」の「登録販売者:語呂合わせ」や「登録販売者:まとめ」、「登録販売者:憶え方」などをお目汚しください。

 そのほか、「登録販売者:医薬品」や「登録販売者:生薬」、「登録販売者:漢方処方製剤」で、ヒマな時間を潰してください。

みんなとシェアする