独学でススメ-読むだけで独学合格できるかもしれない、適当なヒントとTips

分岐回路の数字の憶え方‐イチローが一路とか:第2種電気工事士の筆記

まずは初めに結論を。一口で言うと。まとめ。要旨。

第2種電気工事士の筆記試験では、「分岐回路」「過電流遮断器の定格電流」「コンセントの定格電流」「電線の太さ」が超頻出です。数字だけ頭に入れたら点数になるので、ぜひとも以下に述べる憶え方で消化してみてください。

電灯やコンセントの分岐回路の設計は、筆記の超頻出事項です。

しかし、表を丸ごと覚えないといけないという、なかなかの難物論点、憶えるのに手間がかかります。

「電線の太さの最小値」には、語呂合わせもありますが、他の規定には、うまい憶え方もないので、「表」を何度も見て、数字を憶えていく必要があります。

暗記はしんどいのですが、ほぼ毎回出ているので、費用対効果は高いです。

このページをブックマークして、何度も、目を通してみてください。

以下、憶え方の参考例をあげていきます。

分岐回路の種類は「テンポ」

まず、分岐回路の種類は、“テンポよく声に出す”ことで憶えます。

分岐回路には、「15A」「B20A」「20A」「30A」「40A」「50A」の回路がありますが、これらを順番どおりに…、

じゅうご・にじゅにじゅ・さんじゅ・よんじゅ・ごじゅってな感じで、テンポよく唱えて、頭に放り込みます。

じゅうご・にじゅにじゅ・さんじゅ・よんじゅ・ごじゅが頭に入ると、「分岐回路の種類」のみならず、「過電流遮断器の定格電流」も、頭に修まったことになります。

過電流遮断器の定格電流の憶え方

先の「じゅうご・にじゅにじゅ・さんじゅ・よんじゅ・ごじゅ」が頭に入ったら、細かい規定を仕上げていきます。

注意すべきは…、

B20Aの回路では、「配線用遮断器に限る20A以下」という規定があり…、

20A回路では、「20Aのヒューズに限る」と規定されているところです。

この文言が出ることもあるので、丁寧に押えておきましょう。

コンセントの定格電流

先の「じゅうご・にじゅにじゅ・さんじゅ・よんじゅ・ごじゅ」がベースです。

この数字を、テンポよく頭に入れて、細かなところを仕上げます。

憶え方としては、「前半:15A・B20A・20A」と「後半:30A・40A・50A」で、分けて考える方法です。

前半の15A・B20A・20Aは、分岐回路の種類と同じ数字なので、あまり、問題ではありません。

ただ、15A回路・B20A回路は、それぞれ「15A以下」と「20A以下」となっているので、たとえば、10Aのコンセントでも、1Aのコンセントでも、OKなのです。

しかし、ヒューズの20A回路だけ、「20A」と数字が“固定”されているので、注意してください。

ヒューズの20A回路では、1Aや15Aのコンセントではなくて、「20A」のみとなっています。

ひっかけ問題で、出たことがあるので、注意してください。

さて、後半の30A・40A・50Aの憶え方は、「-10」と憶えます。

詳細は以下。

おそらく、多くのテキストの表記は、30Aの回路は「20~30A」、40Aの回路は「30~40A」、50Aの回路は「40~50A」となっているはずです。

まず、数字をひっくり返します。

30Aの回路は「30~20A」、40Aの回路は「40~30A」、50Aの回路は「50~40A」と相なります。

…もうお分かりですね。

後半の30A以降の回路のコンセントの数字は、分岐回路の数字が最大値で、最小値は、マイナス10したものになっています。

最大値は、分岐回路の数字と同じなので、暗記の必要はないです。

最小値は、分岐回路の数字から、「マイナス10する」と、憶えるってな塩梅です。

これで、コンセントの定格電流を、憶えることができるかと思います。

電線の太さの最小値

長くなりましたが、あと少しです。

電線の太さですが、これには語呂があります。

イチローが一路、兄さんと二路。8月14日に墓参り

「15A」「B20A」「20A」「30A」「40A」「50A」のそれぞれの回路の電線の太さは…、

それぞれ、直径1.6mm-直径1.6mm-直径2.0mm-直径2.6mm-断面積8mm2-断面積14mm2となっています。

…もうお分かりですね。

イチロー一路」は、「直径1.6mm-直径1.6mm」で…、

兄さん二路」は、「直径2.0mm-直径2.6mm」です。

8月14日」のところは、「断面積8mm2」と「14mm2」に該当します。

なお、8月14日と墓参りは、“こじつけ”なので、無理やり憶えてください。いい憶え方が出てきませんでした。

なお、「15A」「B20A」「20A」「30A」は「直径」で、「40A」「50A」は「断面積」となっているので注意が必要です。

ひっかけ問題で、「50A」回路の電線の太さは、「直径14㎜」などと出されかねないので、単位は正確に憶えてください。

まあ、こんな感じでざっくりと数字を押さえて、過去問を解いてみてください。

なお、勉強方法等は「第2種電気工事士の独学」を…、

独学向け教材については、「筆記試験の教材」と「技能試験の教材」をばお目汚しください。

みんなとシェアする