登録販売者 福岡県の過去問インデックス

まずは初めに結論を。一口で言うと。まとめ。要旨。

 登録販売者の福岡県の過去問のインデックス。独学者や不合格者向けの内容。各年度の各試験科目ごとのリンクがある。弱点補強に有効。過去の試験の合格率も併せて掲載。試験科目別の傾向も。

福岡県の合格率とか

 合格率は、おおむね「40%」で、やや低めの部類に入ります。

 直近の令和2年度は、受験者数は「2,655人」で、合格者数が「1,154人」で、合格率は「43.5%」と、相なりました。

 福岡県試験は、基礎・基本レベルの出題が多く、きちんと勉強した人なら、まず受かります。

 しかし、ずさんな勉強だと、確定的に落ちます。

 努力がストレートに現れるので、やるべきことを、シッカリ消化していきましょう。

過年度データ

 以下は、過年度のデータです。

 令和1年度は、受験者数は「4,459人」で、合格者数が「1,970人」で、合格率は「44.2%」と、相なりました。

 平成30年度は、受験者数が「4,425人」で、合格者が「2,330人」で、合格率は「52.7」でした。

 平成29年度は、受験者数が「3,652人」で、合格者が「1,222人」で、合格率は「33.5%」でした。

 平成28年度は、受験者数が「2,780人」で、合格者が「1,512人」で、合格率は「54.4%」でした。

 平成27年度は、受験者数が「2,538人」で、合格者が「1,063人」で、合格率は「41.9%」でした。

合格基準

 福岡県の合格基準は…、

 基準1:総出題数に対する正答率が7割以上であること

 基準2:各試験項目ごとの正答率が3.5割以上であること

 …となっていて、基準の1と2の両方を満たす必要があります。

 要は、「全体7割」「科目ごとに3.5割」といった次第です。

 登録販売者試験は、“科目ごとに足切り点”が設けられているので、よくよく注意してください。

 よって、1科目がダメだと、100点取っても落ちます。

傾向的なもの

 福岡県の傾向としては、オーソドックスな問題が多く、きっちり「テキスト精読3回、過去問演習3回」をこなしていれば、合格点の取れる試験となっています。

 漢方処方製剤や生薬の問題を除けば、難問・奇問・珍問の類も、そう多くありません。

 しかし、難問・奇問・珍問がでないわけじゃないので、注意が必要です。

 たとえば、H30年の「108問:化粧品の効能効果」や、H29年の「108問:栄養機能食品」などは、頭を抱える問題です。

 福岡県試験では、例年、試験問題のうち数問は、解けない問題が出ます。

 よって、失点を免れません。んなもんで、頻出論点・基本問題で、点数を稼いで、その失点をカバーする必要があります。

 「取れる問題」を落とさないことを念頭に、勉強を進めてください。

 なお、各年度の特徴や傾向的なものは、個々のインデックスページを参考ください。

福岡県 過去問リンク

 各年度ごとに、各試験科目別のリンクです。もくじ的なページに飛びます。

R2 福岡県 科目別

 苦手科目の克服等には、以下の科目別リンクを利用してください。

 ・R2 福岡 ガイダンス

 ・医薬品に共通する特性と基本的な知識(第1~第20問)

 ・人体の働きと医薬品(第21~第40問)

 ・医薬品の適正使用と安全対策(第41~第60問)

 ・主な医薬品とその作用(第61~第100問)

 ・薬事に関する法規と制度(第101問~第120問)

R1 福岡県 科目別

 苦手科目の克服等には、以下の科目別リンクを利用してください。

 ・R1 福岡 ガイダンス

 ・医薬品に共通する特性と基本的な知識(第1~第20問)

 ・人体の働きと医薬品(第21~第40問)

 ・医薬品の適正使用と安全対策(第41~第60問)

 ・主な医薬品とその作用(第61~第100問)

 ・薬事に関する法規と制度(第101問~第120問)

H30 福岡県 科目別

 苦手科目の克服等には、以下の科目別リンクを利用してください。

 ・H30 福岡 ガイダンス

 ・医薬品に共通する特性と基本的な知識(第1~第20問)

 ・人体の働きと医薬品(第21~第40問)

 ・医薬品の適正使用と安全対策(第41~第60問)

 ・主な医薬品とその作用(第61~第100問)

 ・薬事に関する法規と制度(第101問~第120問)

H29 福岡県 科目別

 苦手科目の克服等には、以下の科目別リンクを利用してください。

 ・H29 福岡 ガイダンス

 ・医薬品に共通する特性と基本的な知識(第1~第20問)

 ・人体の働きと医薬品(第21~第40問)

 ・医薬品の適正使用と安全対策(第41~第60問)

 ・主な医薬品とその作用(第61~第100問)

 ・薬事に関する法規と制度(第101問~第120問)

H28 福岡県 科目別

 弱点克服等には、以下のリンクで、科目別に演習してください。

 ・H28 福岡 ガイダンス

 ・医薬品に共通する特性と基本的な知識(第1~第20問)

 ・人体の働きと医薬品(第21~第40問)

 ・医薬品の適正使用と安全対策(第41~第60問)

 ・主な医薬品とその作用(第61~第100問)

 ・薬事に関する法規と制度(第101問~第120問)

独学向け教材

 使用教材の詳細は「教材レビュー」に述べていますが、読むのが面倒な人は、テキストは、初心者向けでオマケ付きの「らくらく完全攻略! 登録販売者試験 合格テキスト&問題集」と、掲載問題数が一番多い「超重要 登録販売者 過去問題集」を使えば支障ありません。わたしはこれで「117点」取れました。

 また、公式の過去問は、PDFで配布されています。過去問演習は、「タブレット」が便利です。もってない人は、受験を機に、アマゾンの「Fire HD」を推奨します。最優秀のコスパです。

みんなとシェアする