独学でススメ-読むだけで独学合格できるかもしれない、適当なヒントとTips

候補問題1の独学ノート【画像あり】‐第2種電気工事士・技能試験(平成29年度‐2017年度)の攻略、手順、注意事項

まずは初めに結論を。一口で言うと。まとめ。要旨。

平成29年度(2017年度)の2電工・技能試験の候補問題1は、「イ・ロ・ハで死ぬ」のが特徴。3つもスイッチがあるので、「誤接続」で不合格一直線の、難易度の高い問題である。本問の練習の仕方や、攻略、要領、手順を説述する。独学者向け。

平成29年度(2017年度)の、第2種電気工事士の技能試験の「候補問題1」の独学者向けポイントを見ていきます。

問題攻略の前に、「電源線で準備運動‐こころとゆびを慣らす」に、ざっくり目を通してください。

1には鬼がいる‐難易度は「難」

平成29年度(2017年度)の2電工・技能試験の候補問題1

候補問題1には、「鬼」が潜んでいます。

本問は、見た目はカンタンですが、全13問の候補問題のうち、「難しい」部類に入ります。

「鬼」は、上記画像の「イ・ロ・ハのスイッチ」部分で、「鬼」となる最たる理由は、「3つ」もあるからです。

スイッチが「2つ」はカンタンなんです。そのまま繋げたらいいからです。

しかし、これが「3つ」になると、接続を、破滅的に間違えやすくなります。

本当に、魔に魅入られたように、つい、うっかり間違ってしまうのです。

スイッチと器具との接続を間違えると、「誤接続」となって重大欠陥を取られ、即落ちします。

また、接続を間違えた場合、修正に時間がかかるために(焦りで手が震えます)、終了時間が来てしまい、最悪「未完成提出」で、落ちることになります。

本問で不合格となる人の多くは、「イ・ロ・ハのスイッチ」で、討ち取られています。

練習のときから、気を引き締めて臨んでください。本問は絶対に油断ができません。

繰り返しますが、イロハで死にます。

イロハのスイッチ対策1‐わたり線

本問では、諸作業の前に、「わたり線の確保」を念頭においてください。

問題の指示や設定によりますが、1本だけ長いケーブルがあれば、そこで「わたり線」を取ることになります。

何も指示がないときは、おおむね、メインのVVF1.6ケーブルが余るはずなので、当該残ったケーブルから「わたり線」を確保することになります。

ゆめ、「わたり線がない」という、最悪な事態に陥らないでください。

イロハのスイッチ対策2‐深呼吸

難所の「イロハのスイッチ」の攻略は、まず、「深呼吸」からです。

3回、スーハーと深呼吸して、意識を切り替えます。

汚れた気を吐き出すなんていうとアレですが、深呼吸を2~3回するだけで、気分は落ち着き、手の震えも収まります。

「イロハのスイッチ」は、1つ1つは、まったく難しくないのです。

しかし、本試験という“急かされた状況”だと、頭に血がのぼって、通常の3倍は、ケアレスミスをしやすくなっています。

先述しましたが、本当に、ついうっかり、やっちゃうのです。

こうしたケアレスミス・バカミスを防ぐための「深呼吸」です。格段にミスは減ります。

イロハのスイッチ対策3‐指差し確認2回

接続ミスは、直すのが面倒で時間を食うので、「ミスはゼロ」で臨みましょう。

そのためには、「2回の指差し確認」です。

1回目:配線図を指でなぞり、「ここを作業するぞ…、よしっ!」と確認したら、スイッチと器具との対応を指で確かめます。→「○と○、よしっ!」

2回目:配線図を指でなぞり、「ここを作業するぞ…、よしっ!」と確認したら、スイッチと器具との対応を指で確かめます。→「○と○、よしっ!」

上記のように、「1つの接続に、2回の指差し確認」をすれば、最悪・凶悪・即落の、接続ミスは防げます。

なお、さきの「○と○」ですが、「引っ掛けシーリングとスイッチ:イ」といった感じで、スイッチと器具との対応をアレしています。

2回の指差し確認は、面倒でしょうが、ミスったときの手直しを考えれば、さらに言うと、落ちて来年再受験することを考えれば、まったく『割に合う』作業だと、いわざるを得ません。

ま、ホント、本問は、ここだけ危ないので、念入りに、慎重に、時間をたっぷり取って作業しましょう。

ここができたらほぼ合格です!!

イロハのスイッチ対策‐補足

さて、「イ」のスイッチは、「位置表示灯内臓」のスイッチを使います。

で、これに関係することですが、「連用取付枠」の上下だけには気をつけてください。

ここを間違うと、一気に「2つ」もの軽欠陥(取り付け位置違い)を取られるからです。

テキストのお手本に必ず目を通し、どちらが「上」なのかを押さえて、お手本どおりに施工してください。

Hのイが上です。自分では、正しくスイッチを組んだと思っていても、逆だったってことが多々あります。ちょっとだけ、ここは怖いです。

固有部分のEM-EEFは問題じゃない

さて、本問の固有部分「EM-EEF」ですが、そう気に病む箇所ではありません。

しかし、EM-EEFの外装がかなり硬いため、手間取る可能性があります。

まあ、お使いのテキストどおりやればいいだけですが、コツとしては…、

「VVFストリッパで、切れ目を入れて、ペンチで引っ張る」です。

電工ナイフで作業するよう指導するテキストもありますが、当方、ぶきっちょで電工ナイフがことのほか苦手でした。

んなもんで、ストリッパでざっくり切れ目を入れて、力を入れて、外装を“ぶっちぎって”、ほいで、残るゲバ部分をニッパ等で取り除いた、ってな次第です。

試験中に電工ナイフで指を切ると面倒なので、EM-EEFは、ストリッパとペンチでやるの一手です。

また、電線の被膜取りも、“かなり硬いですが”、ストリッパでやっちゃいました。

リングスリーブ

リングスリーブは、おおむね、「小」と「極小」を使うはずです。

電線を接続するときは、必ず、リングスリーブの大きさを「指差し確認」して、さらに、刻印(圧着マーク)が正しいかどうかを「指差し確認」し…、

ほいで、もう一度だけ、リングスリーブの大きさと刻印(圧着マーク)を「指差し確認」して、「よしっ!」となったら、ガチャンと接続します。

というのも、『リングスリーブを間違うと、その修正がクソ面倒だから』です。

間違った接続部分を切り取り、ケーブルの外装を剥いで、電線の被膜を取るという“時間ロス”の権化です。

おおむね3分は、下手をすると5分は時間を取られます。

本試験は『40分』ですので、当該ミスが、いかに危ないか、お分かりかと思います。

指差し確認の時間は、間違ったことを考えれば、『絶対に、あり』です。

その他の部分

上記のほかは、他の候補問題で、散々練習するので、問題ないかと思います。

ただ、「施工省略」のところは、ちょっとだけ注意しておきます。

テキストの指示通りの「施工省略」作業を徹底してください。

てきとーにやっていると、本試験の最中に(アレ、施工省略ってどうしてたっけ?!)と、軽くパニックに陥ります。

なお、念のため、本試験での注意を述べたいのですが、長くなるので「問題文は命取り‐絶対的注意事項」に述べています。併せて、お目汚しください。

最後に、技能試験の教材については「第2種電気工事士・技能試験のテキスト・教材・工具」に述べているのですが、文系ド素人にとって、あると便利なものを紹介しています。

たとえば…、

ホーザン 合格クリップ」や、

ホーザン 合格ゲージ P-925」や、

ホーザン 合格配線チェッカー Z-22」です。

絶対に必要かというとそうではありませんが、「手助け」にはなるので、万全を尽くしたい方は参考にしてみてください。

みんなとシェアする