独学でススメ-読むだけで独学合格できるかもしれない、適当なヒントとTips

電源線で準備運動‐こころとゆびを慣らす‐第2種電気工事士・技能

まずは初めに結論を。一口で言うと。まとめ。要旨。

第2種電気工事士の技能試験では、心と指の準備運動として、電源線から着手する。その理由。独学者向け内容。

第2種電気工事士の技能試験の施工の順番は、好きでいいです。

お使いのテキスト・DVDの指導に従うのもいいですし、自分のやり方でやるのもいいです。

技能試験は、重大欠陥さえなければ受かるので、順番は何でもいいのです。

ただ、参考程度に、わたしのやり口を述べたいと思います。

一口で言うと、準備運動がてら、「電源線」を一番最初に手がける、といった次第です。

電源線からやる切実な理由

わたしは、一番最初に着手するのは、「電源線のケーブル」としています。

理由はカンタンで、「カンタン」だからです。

当然ですが、2電工を受けたことのない人は、技能試験の試験会場の独特の空気を知らないはずです。

あの“空気”は、本当に特殊で、「試験問題が公開されている以上、落ちるわけには行かない」という気持ちが、部屋中にみなぎっており、かなり緊張します。

ほいで、試験開始の合図とともに、これまでシーンと静寂だった部屋に、ケーブルの切断音「バチン」が充満するので、面食らいます。(指導機関によっては、先にケーブルを切るところがあります。)

こういった次第で、本試験では、自分で思う以上に、気が動転する、と仮定しておいてください。

んなもんで、最初は、最もカンタンな「電源線」に取り掛かる、という寸法です。

電源線の作業は、ケーブルを間違いなく選んで、切断なり被膜剥ぎをするだけで、難しいことはまったくありません。

経験者は語りますが、『1つでも、仕上げると、そこそこ心に余裕が生まれる』のです。

また、緊張でこわばった指先も、電源線の基本的な作業で、かなり、ほぐれてきます。

1つ、カンタンな作業を終わらせることで、「こころ」と「ゆび」が、かなり「暖まる」といった次第で、以降の作業は、格段にスピードアップします。

なお、蛇足ですが、電源線は、候補問題の固有部分であるので、「査定ポイント」の1つです。

ここを最初にキッチリ仕上げれば、重大欠陥のリスクを1つ、減らせられるといった次第で、試験戦術上でも、優れています。

こんな次第で、「最初に電源線」は、そう悪くないやり方となっています。

独学で合格を目指している方は、ぜひ、参考にしてみてください。

最後に、技能試験の教材については「第2種電気工事士・技能試験のテキスト・教材・工具」に述べているのですが、文系ド素人にとって、あると便利なものを紹介しています。

たとえば…、

ホーザン 合格クリップ」や、

ホーザン 合格ゲージ P-925」や、

ホーザン 合格配線チェッカー Z-22」です。

絶対に必要かというとそうではありませんが、「手助け」にはなるので、万全を尽くしたい方は参考にしてみてください。

みんなとシェアする