八味地黄丸‐泌尿器用薬‐漢方処方製剤対策

まずは初めに結論を。一口で言うと。まとめ。要旨。

 登録販売者の「主な医薬品とその作用(通称:医薬品)」の「漢方処方製剤」の「排泄系の薬」の「泌尿器用薬」に登場する「八味地黄丸(はちみじおうがん)」の対策ページ。本ページでは、当該漢方処方製剤のポイントをまとめたり、「○×問題」を出したり、過去問を紹介したりしています。

インデックス

○×問題

 基本問題です。

問1『八味地黄丸は、体力に関わらず使用できる。』

正誤と解説はこちら。

解説 問1

 問1ですが、誤った記述です。

 「八味地黄丸」ですが、体力規定(虚実)は、「体力中等度“以下”」です。

 「排泄系の薬」の虚実は、横断的に押えやすいです。

 「まとめ」を挙げると…、

 ・猪苓湯・・・体力にかかわらず

 ・乙字湯、竜胆瀉肝湯・・・体力中等度以“上”

 ・上記以外の排泄系漢方・・・体力中等度以“下”

 …です。

 「八味地黄丸」は、「上記以外」で「上記以外の排泄系漢方・・・体力中等度以“下”」です。

 さて、設問の「体力にかかわらず」ですが、これは、「泌尿器用薬」の「猪苓湯」の体力規定です。

問2『八味地黄丸は、カンゾウを含む。』

正誤と解説はこちら。

解説 問2

 問2は、誤った記述です。

 「八味地黄丸」ですが、構成生薬のカンゾウ等は、入っていません。

 「泌尿器用薬」ですが、カンゾウ入りの「竜胆瀉肝湯」を除けば、それ以外は、「構成生薬なし」です。

問3『八味地黄丸は、まれに重篤な副作用として、肝機能障害、間質性肺炎を生じることが知られている。』

正誤と解説はこちら。

解説 問3

 問3は、正しい記述です。

 「排泄系の漢方」で、「まれ重篤な副作用」があるのは、「乙な牛は、まれ」でお馴染み「乙字湯」と「牛車腎気丸」の「肝機能障害、間質性肺炎」だけです。

 「排泄系漢方」には、これ以外には、「ない」ので、「乙牛…肝機能障害、間質性肺炎」と、まとめて憶えてしまいましょう。


試験傾向

 「八味地黄丸」ですが、あまり出ない漢方処方製剤です。

 しかし、昨今では、「聖域」がなくなってきているので、チェックだけはしておきましょう。

 なお、「八味地黄丸」は、市販されている漢方処方製剤があります。

 テキストはもとより、ドラッグストア等で、実物を手にして、効能などを勉強しましょう。

 amazon参考:八味地黄丸

 楽天参考:八味地黄丸

体力

 「八味地黄丸」の「体力規定(虚実)」は、「体力中等度以下」となっています。

 「体力中等度以下」は、数が多くて面倒なのですが、「排泄系漢方」は、意外に押えやすいです。

 「排泄系の漢方」の虚実をまとめると…、

 ・猪苓湯・・・体力にかかわらず

 ・乙字湯、竜胆瀉肝湯・・・体力中等度以“上”

 ・上記以外の排泄系漢方・・・体力中等度以“下”

 …です。

 「八味地黄丸」は、先に「上記以外の排泄系漢方」カテゴリなので、まとめて、「体力中等度以下」と憶えるのが早いです。

 「乙字湯、竜胆瀉肝湯・・・体力中等度以“上”」は、「上に乙(←竜)」くらいに憶えるといいでしょう。

ダメな人

 「八味地黄丸」の禁忌ですが、手引きには…、

 『胃腸の弱い人、下痢しやすい人では、食欲不振、胃部不快感、腹痛、下痢の副作用が現れるおそれがあるため使用を避ける必要がある。』

 『のぼせが強く赤ら顔で体力の充実している人では、のぼせ、動悸等の副作用が現れやすい等、不向きとされる。』

 …となっています。

 細かいのですが、「胃腸の弱い人」は、「使用を避ける」となっています。

 んで、「のぼせが強く赤ら顔で体力充実な人」は、「不向き」と表現されています。

 当該「のぼせが強く赤ら顔で体力の充実している人」の禁忌は、そう数がないので、チェックだけしておきましょう。

 挙げていくと、「八味地黄丸」のほかに、同じ「泌尿器用薬」の「牛車腎気丸」、そして、「かぜ薬‐鎮痛」の「桂枝加朮附湯桂枝加苓朮附湯」があります。

 選択肢判別のキーとなるので、チェックだけはしておきましょう。

キーワード

 「八味地黄丸」のキーワードは、「尿量減少又は多尿」と「排尿困難、夜間尿、頻尿、むくみ」くらいです。

 「尿量減少又は多尿」のところが問われたことがあり、また、それが最終解答に直結した出題がありました。

 過去問に出たことは、甘く見てはいけないので、チェックだけはしておきましょう。

構成生薬

 「八味地黄丸」の構成生薬は、「ない」です。

 第5節の「排泄系漢方」ですが、構成生薬がそんなに複雑ではないです。

 まとめると…、

 ・カンゾウ・ダイオウ…乙字湯

 ・カンゾウ…芎帰膠艾湯と竜胆瀉肝湯

 ・構成生薬なし…それ以外

 …です。

 要は、乙字湯と芎帰膠艾湯と竜胆瀉肝湯とを押えたら、排泄系漢方の生薬論点は、終了です。

 横断的に押えてしまいましょう。

 なお、「カンゾウ…芎帰膠艾湯と竜胆瀉肝湯」ですが、「“弓”で“竜”打つ?“甘”いな」くらいの語呂で憶えるといいでしょう。

副作用

 「八味地黄丸」の「稀な重篤な副作用」は、「ない」です。

 「排泄系の漢方」の「稀な重篤な副作用」ですが、「乙字湯」と「牛車腎気丸」にしかありません。

 んで、その種類も、「肝機能障害、間質性肺炎」です。

 まとめると…、

 ・乙字湯、牛車腎気丸…まれ重篤…肝機能障害、間質性肺炎

 ・それ以外…まれ重篤…なし

 …です。

 個別的に憶えるより、横断的に押えましょう。

数字対策

 「八味地黄丸」ですが、手引きには…、

 『比較的長期間(1ヶ月位)服用されることがある。

 …と、記載されています。

 当該1ヶ月服用は、「排泄系漢方」のすべてに共通する「数字」です。

 そして、「泌尿器用薬」ですが、「痔の薬」のように、「短期服用→受診勧奨」といった例外的な規定が、ありません。

 まとめて、「すべての泌尿器用薬…1ヶ月くらい服用可。例外規定なし。」と憶えてしまいましょう。

過去問リスト

 「八味地黄丸」の過去問演習用として、東京都等の問題をピックアップしました。

 こういう出題があったので、チェックしておきましょう。

東京都

R1 第83問

関西広域連合

・近年なし。

福岡県

・近年なし。

チェック用:手引き抜粋

 『八味地黄丸』

 『体力中等度以下で、疲れやすくて、四肢が冷えやすく、尿量減少又は多尿でときに口渇があるものの下肢痛、腰痛、しびれ、高齢者のかすみ目、痒み、排尿困難、夜間尿、頻尿、むくみ、高血圧に伴う随伴症状の改善(肩こり、頭重、耳鳴り)、尿漏れに適すとされる。』

 『しかし、胃腸の弱い人、下痢しやすい人では、食欲不振、胃部不快感、腹痛、下痢の副作用が現れるおそれがあるため使用を避ける必要がある。』

 『また、のぼせが強く赤ら顔で体力の充実している人では、のぼせ、動悸等の副作用が現れやすい等、不向きとされる。』

 『比較的長期間(1ヶ月位)服用されることがある。』

こまごましたもの

 登録販売者のこまごましたことは、ブログに投稿しています。

 興味のある方は、「登録販売者の投稿記事 」の「登録販売者:語呂合わせ」や「登録販売者:まとめ」、「登録販売者:憶え方」などをお目汚しください。

 そのほか、「登録販売者:漢方処方製剤」や「登録販売者:生薬」、「登録販売者:漢方処方製剤」で、ヒマな時間を潰してください。

みんなとシェアする