十全大補湯‐滋養強壮保健薬‐漢方処方製剤対策

まずは初めに結論を。一口で言うと。まとめ。要旨。

 登録販売者の「主な医薬品とその作用(通称:医薬品)」の「漢方処方製剤」の「滋養強壮保健薬」に登場する「十全大補湯(じゅうぜんだいほとう)」の対策ページ。本ページでは、当該漢方処方製剤のポイントをまとめたり、「○×問題」を出したり、過去問を紹介したりしています。

インデックス

○×問題

 基本問題です。

問1『十全大補湯は、体力中程度以下の者に使用できる。』

正誤と解説はこちら。

解説 問1

 問1ですが、誤った記述です。

 「十全大補湯」ですが、体力規定(虚実)は、「体力虚弱」です。

 同じ「滋養強壮保健薬」の「補中益気湯」も、「体力虚弱」です。

 憶え方は、後述します。

問2『十全大補湯は、カンゾウを含む。』

正誤と解説はこちら。

解説 問2

 問2は、正しい記述です。

 「十全大補湯」ですが、構成生薬のカンゾウが入っています。

 同じ「滋養強壮保健薬」の「補中益気湯」も、カンゾウが入っています。

 憶え方は、後述します。

問3『十全大補湯は、まれに重篤な副作用として、肝機能障害、間質性肺炎が生じることが知られている。』

正誤と解説はこちら。

解説 問3

 問3は、誤った記述です。

 設問のように、「肝機能障害、間質性肺炎」なのは、「補中益気湯」です。

 「十全大補湯」は、「肝機能障害」です。

 「滋養強壮保健薬」の漢方ですが、「2つ」しかないので、こうした「入れ替え」問題が出る可能性が高いです。

 共通事項を押える傍ら、違うところも、シッカリ見ておきましょう。


試験傾向

 「十全大補湯」ですが、あまり出ない漢方処方製剤です。

 受験予定地のPDF過去問を見て、出ているようなら、チェックしておきましょう。

 なお、「十全大補湯」は、市販されている漢方処方製剤があります。

 テキストはもとより、ドラッグストア等で、実物を手にして、効能などを勉強しましょう。

 amazon参考:十全大補湯

 楽天参考:十全大補湯

体力

 「十全大補湯」の「体力規定(虚実)」は、「体力虚弱」となっています。

 「滋養強壮保健薬」の漢方ですが、「十全大補湯」と「補中益気湯」の「2つ」しかなく、両方とも、「体力虚弱」です。

 んで、この2つは、「カンゾウ入り」も、共通しています。

 よって、「虚弱な人に、甘い滋養を」くらいに憶えてしまいましょう。

 「虚弱な人」は、「体力“虚弱”」です。

 「甘い」は、「カンゾウ」です。

 「滋養」は、「“滋養”強壮保健薬」の2つの漢方に該当します。

 ところで、「体力虚弱」の漢方は、数が少ないので、「体力虚弱」で、すべてを押えておきましょう。

ダメな人

 「滋養強壮保健薬」の「十全大補湯」の禁忌ですが、手引きには…、

 「胃腸の弱い人では、胃部不快感の副作用が現れやすい等、不向きとされる」となっています。

 対して、「補中益気湯」には、こうした禁忌がありません。

 チェックだけはしておきましょう。

キーワード

 「十全大補湯」のキーワードは、「疲労倦怠、食欲不振、手足の冷え、貧血」です。

 ときに、効能で判断する出題があるので、チェックだけはしておきましょう。

構成生薬

 「十全大補湯」の構成生薬は、「カンゾウ」です。

 「滋養強壮保健薬」の「補中益気湯」も、カンゾウ入りです。

 先述した「虚弱な人に、甘い滋養を」の語呂で、まとめて憶えてしまいましょう。

副作用

 「十全大補湯」の「稀な重篤な副作用」は、「肝機能障害」です。

 対して、「補中益気湯」は、「肝機能障害、間質性肺炎」となっています。

 くだらない語呂ですが、「十分な換気を、中間に」で憶えてしまいましょう。

 「十分」は、「“”全大補湯」です。

 「換気」は、「“肝機”能障害」です。

 「中」は、「補“”益気湯」です。

 「間」は、「“”質性肺炎」です。

 「滋養強壮保健薬」の漢方のまれ重篤副作用は、「肝機能障害」が共通しており、「補中益気湯」は、加えて「間質性肺炎」がある、と把握してください。

数字対策

 「十全大補湯」ですが、手引きには…、

 『比較的長期間(1ヶ月位)服用されることがある。

 …と、記載されています。

 「補中益気湯」も、同様の数字です。

 「体力虚弱」な人が体質改善目的で服用する、と把握しておきましょう。

過去問リスト

 「十全大補湯」の過去問演習用として、東京都等の問題をピックアップしました。

 こういう出題があったので、チェックしておきましょう。

東京都

・近年なし。

関西広域連合

・近年なし。

福岡県

・近年なし。

チェック用:手引き抜粋

 『十全大補湯』

 『体力虚弱なものの病後・術後の体力低下、疲労倦けん怠、食欲不振、寝汗、手足の冷え、貧血に適すとされる。』

 『しかし、胃腸の弱い人では、胃部不快感の副作用が現れやすい等、不向きとされる。』

 『まれに重篤な副作用として、肝機能障害を生じることが知られている。』

 『構成生薬に、カンゾウを含む。』

 『比較的長期間(1ヶ月位)服用されることがある。』

こまごましたもの

 登録販売者のこまごましたことは、ブログに投稿しています。

 興味のある方は、「登録販売者の投稿記事 」の「登録販売者:語呂合わせ」や「登録販売者:まとめ」、「登録販売者:憶え方」などをお目汚しください。

 そのほか、「登録販売者:漢方処方製剤」や「登録販売者:生薬」、「登録販売者:漢方処方製剤」で、ヒマな時間を潰してください。

みんなとシェアする