独学でススメ-読むだけで独学合格できるかもしれない、適当なヒントとTips

宅建業法「35条(重要事項の説明)」の過去問リスト

まずは初めに結論を。一口で言うと。まとめ。要旨。

宅地建物取引士(宅建)試験の試験科目「宅建業法」のうち、過去問にて「35条(重要事項の説明)」が問われた問題をリスト化したページです。年度別に個々の過去問へ、リンクを張っています。論点別・テーマ別で過去問演習をしたい人や、類似問題を解きたい人、弱点の補強をしたい人は、本ページに挙げる過去問リンクを活用してください。

「35条(重要事項の説明)」に関する論点は、例年「2問」の出題があり、最低でも、「1問」は必ず出ています。

宅建業法での最重要論点です。

大半の受験生は、点を取ってくるので、極力、落とさないようにする必要があります。

テキストの精読と、過去問演習を繰り返してください。何回もやっていれば、解けるようになります。

宅建業法の「35条(重要事項の説明)」がテーマの過去問は、以下の通りです。

なお、「37条(37条書面)」との「重複問題」は、「35条(重要事項の説明)と37条(37条書面)の重複事項の語呂合わせ」を、参考ください。

(※一部、未完成のところがあります。)

令和1年度(2019年度)

第28問:宅建業法:35条問題

第39問:宅建業法:35条問題

第41問:宅建業法:35条問題

平成30年度(2018年度)

第35問

第39問

平成29年度(2017年度)

第33問

第41問

平成28年度(2016年度)

第30問

第36問

平成27年度(2015年度)

第29問

第31問

第32問

平成26年度(2014年度)

第34問

第35問

第36問

みんなとシェアする