「 宅建業法‐35条(重要事項の説明) 」タグの投稿記事

宅建「35条(重要事項の説明)」の「国土交通省令等で定める事項」の過去問リスト

宅建業法の「35条(重要事項の説明)」の論点「国土交通省令等で定める事項」の過去問は、以下の通りです。 (※一部、未完成のところがあります。) 令和1年度(2019年度) ・第28問 ・第39問 ・第41問 平成30年度(2018年度) ・第35問 ・第39問 平成29年度(20...続きを見る

2020年2月1日 4:46 PM

宅建業法 35条1項14号 「利益保護の国土交通省令等」の条文‐造成宅地,土砂災害,津波,石綿,耐震診断,住宅性能評価,設備,契約期間,一般定期借地権,定期借家権,用途制限,精算,管理委託,建物の取壊し

このページは、宅建業法 35条1項14号の全条文を挙げています。 なお、「利益保護うんぬん」ですが、正式なタイトルを記しておくと…、 『宅地建物取引業者の相手方等の利益の保護の必要性及び契約内容の別を勘案して、国土交通省令等で定めるもの。』 …です。 全条文 ①造成宅地防災区域内...続きを見る

2020年2月1日 1:22 PM

宅建業法 35条1項6号 「区分所有建物の国土交通省令等」の条文‐敷地,共用部分,専有部分,専用使用権,減免,維持修繕,管理費用,管理委託,維持修繕の実施状況

このページは、宅建業法 35条1項6号の全条文を挙げています。 なお、「区分所有建物うんぬん」ですが、正式なタイトルを記しておくと…、 『当該建物が建物の区分所有法に規定する区分所有権の目的であるものであるときは、契約内容の別に応じて国土交通省令等で定めるもの。』 …です。 全条...続きを見る

2020年2月1日 1:16 PM

35条(重要事項の説明)の考え方‐物件に関すること

宅建業法の35条(重要事項の説明)は、ほぼ毎年、試験に出る最重要論点です。 当該論点のうち、「物件に関すること」ですが、これは、暗記も必要ですが、それ以上に、法制度の趣旨を理解することが先決です。 「どうして、こんな制度があるのか?」を考えていけば、「物件に関すること」の暗記は、...続きを見る

2019年4月28日 10:03 AM

35条(重要事項の説明)の考え方‐取引に関すること

35条(重要事項の説明)の「取引に関すること」ですが、ここは、実は、カンタンで、「暗記」で多くを済ませることができます。 「取引に関すること」は、ぜんぶで「8つ」あります。 しかし、この「8つ」のうち、「5つ」は、「37条(37条書面)」を重複しているのです。 当該重複事項は、語...続きを見る

2019年4月28日 10:03 AM

宅建業法「35条(重要事項の説明)」の過去問リスト

「35条(重要事項の説明)」に関する論点は、例年「2問」の出題があり、最低でも、「1問」は必ず出ています。 宅建業法での最重要論点です。 大半の受験生は、点を取ってくるので、極力、落とさないようにする必要があります。 テキストの精読と、過去問演習を繰り返してください。何回もやって...続きを見る

2019年4月26日 2:44 PM

35条(重要事項の説明)と37条(37条書面)の重複事項の語呂合わせ

「宅建業法」にてド頻出論点なのが、35条(重要事項の説明)と37条(37条書面)です。 1つ1つを暗記するのもいいのですが、35条と37条とで、共通するもの(重複するもの)を、語呂で憶えておくと、格段に有利に進めることができます。 たとえば、35条と37条の重複事項を問う「平成2...続きを見る

2019年4月23日 10:32 AM