文系のための第2種電気工事士-技能試験・本試験ミス

まずは初めに結論を。一口で言うと。まとめ。要旨。

 第2種電気工事士の技能試験で、やってはいけないミスを2つほどやってしまいました。「こういうこと」が起きるのが本試験なので、参考までに。

1.リングスリーブの結線を間違う。「小」なのに「極小」

 練習だと一度も間違わなかったのに、本試験で間違えた。

 2.0と2.0の結線なので、「小」で結線しないといけなかったのに、なぜか「極小」で結線していた。

 できあがった後の見直しの際に、このミスを発見した。

 あわてて、間違った結線部分を切断し、絶縁部分を2センチ剥ぎ取り、結線をし直した。

 失敗しても予備のリングスリーブがあったからよかった。なにより、時間が余っていたので助かった。

 リングスリーブの結線など、2つか3つ、多くて5つである。

 慌てて行うと、あの試験会場の独特の雰囲気だと、必ず間違う。

 普段から、「指差し確認」をして、結線をする前に、「中」なら「チュウヨシ!」、「小」なら「ショウヨシ!」、「極小」なら「ゴクショウヨシ!」としておくべきだと思った。

2.リングスリーブ結線の「中」が不明瞭

 これまた、普段の練習では、起きなかったミスだ。

 やはり、緊張して力が入らなかったのだろう。「中」で結線したのはいいが、きちんと「中」マークが刻まれなかったのである。

 マークが、少々、不明瞭で薄いのだ。

 大丈夫だろうとは思ったが、怖かったので、時間を見計らって作り直した。

 先の「1.リングスリーブの結線を間違う」こともあって、予備のリングスリーブを使い果たしてしまった。

 リングスリーブの結線は、しっかり、力をこめて行おう。

 実際の技能試験では、普段の練習ではしないようなミスをする可能性がとてもある。

 だから、見直し時間を5分から10分は必ず確保できるように、なっておくべきだ。

 最後の見直し時間こそ、技能試験の命綱である。

第2種電気工事士のこまごましたもの

 第2種電気工事士に関するこまごましたことは、ブログにも投稿しています。興味のある方は、「第2種電気工事士:ブログ記事」をばご参考ください。

Back to Top.

このページのTOPにもどる。

Back to Homepage.

「オキテ」のホームにもどる。

みんなとシェアする