宅地建物取引士(宅建)の勉強方法:税その他

まずは初めに結論を。一口で言うと。まとめ。要旨。

 本ページは、宅建の試験科目「税その他」の独学ポイントを述べています。「捨て問」にしてもよいところが多いのが、本試験科目の特徴です。「税」は、FP技能士にて頻出事項なので、FPに興味のある人は、宅建の今、先取りで勉強しておくといいでしょう。

税その他

 「税その他」からは、例年8問が出題されています。

 「税金」から2問が出題され、「土地」「建物」「住宅金融支援機構法」「不当景品類及び不当表示防止法(景品表示法)」「統計」「不動産鑑定評価基準または地価公示法」から、例年それぞれ1問が出題されます。

 基本方針は「捨てない」ですが、勉強がしにくくて実務的な問題が多い「土地」や「建物」、「統計」は深入りせず、テキストと過去問のことだけやって、後は運を天に任したほうが賢明でしょう。

 点数の取りやすい宅建業法や法令上の制限の建築基準法や都市計画法の方に、時間を割くべきです。

 なお、「統計」を勉強するのであれば、お使いのテキストなり問題集・過去問の出版社が、土地白書等から得られたデータ・数字・最新事情・試験で問われそうなところ等のダウンロードサービスを提供することがあるので、併せてチェックしておきましょう。

 「税その他」から、5~6問は取りたいところです。

個々詳細

 「住宅金融支援機構法」は、教養というか、自分が家を買うときに助けになる知識なので、勉強しておいて損はないでしょう。1点取りたいです。

 「不当景品類及び不当表示防止法(景品表示法)」は、深入りせず、テキストと過去問レベルを解けるようにしておきましょう。

 「不動産鑑定評価基準または地価公示法」は、不動産鑑定評価基準が出題されると次の年は地価公示法が、地価公示法が出題されると次の年は不動産鑑定評価基準が、という風に、代わりばんこに最近は出題されています。

 とはいえ、じゃあ今年は「○○」をしなくていいな、と短絡的に考えてはいけません。過去に、連続して同じものが出題されたことがあるので、満遍なく見ておきます。

 勉強は先と同じく、テキストと過去問レベルを解けるようにしておきます。

税金

 税金からは、おおむね2問出題されます。

 以前は捨て問の代表でしたが、最近では、税で1点を確保するのが目標となっています。少しでも、点を積み上げれるようがんばりましょう。

 まず、税法は毎年のごとく改正があるので、「改正のあった税」から丁寧に見ていきます。法改正はとても狙われやすいからです。

 税は深追いが危険ですが、基本的な数字や計算式は憶えておけば1点が、運がよければ2点を積み上げれます。

 なお、自分が不動産を買う際、買った後に参考に税知識は助けになるんで、勉強しておいて損はありません。

「税その他」は、宅建後に効く。

 不動産の「税」は、FP技能士で定番の問題です。

 宅建の合格後、FP技能士を取ろうかなーと思っているのなら、「税」の代表的な数字や計算式を押さえておきましょう

 つーかもう、FPの勉強の先取りしているくらいに考えてもらって構いません。

 住宅ローン控除、固定資産税の計算(特例)、贈与税(相続時精算課税)などなど、不動産に関わる税知識は、FP技能士で頻出問題です。宅建で勉強しておけば、FP技能士の際にとても「ラク」できます。

宅建科目別勉強方法リンク

 個々を1ページに述べると長くなるので、別ページとしました。

 一人で昼飯を食べているときや、一人でくつろいでいたら配偶者が帰ってきたときにでも、お目汚しください。

宅建の独学

宅建の独学に必要なことをまとめています。昨今の傾向や勉強方法、進め方を説述しています。

→続きを読む

民法

宅地建物取引主任者(通称:宅建)の試験勉強にて、一番の壁になるのが「民法」。出題数は例年10問前後ですが、合格の決め手になるのが民法です。可能な限り、点数が取れるようになっておくために、本ページでは、民法を独学で勉強していく際の重大ポイントを挙げていきます。じっくりやれば独学でも大丈夫です。

→続きを読む

民法以外の権利関係

本ページでは、宅建の試験科目「権利関係」のうち、民法以外の法律である「借地借家法」「不動産登記法」「区分所有法」の試験勉強の進め方について述べていきます。独学の一助に。

→続きを読む

宅建業法

宅地建物取引主任者(宅建)の試験勉強のうち、最も点が取りやすくてとっつき易いのが宅建業法(宅地建物取引業法 )です。規制や制限、禁止を憶えるだけです。本ページでは、宅建業法の独学ポイントを挙げていきます。

→続きを読む

法令上の制限

本ページでは、宅建の試験科目「法令上の制限」の「都市計画法」「建築基準法」「農地法」「国土利用計画法」「土地区画整理法」「宅地造成等規正法」の各法律の独学ポイントを述べています。

→続きを読む

税その他

本ページでは、宅建の試験科目「税その他」の独学ポイントを述べています。「捨て問」にしてもよいところが多いのが、本試験科目の特徴です。「税」は、FP技能士にて頻出事項なので、FPに興味のある人は、宅建の今、先取りで勉強しておくといいでしょう。

→続きを読む

みんなとシェアする