消防設備士 甲4・乙4、乙6、乙7の公式過去問+解説

まずは初めに結論を。一口で言うと。まとめ。要旨。

 消防設備士 甲種4類・乙種4類、乙種6類、乙種7類の公式過去問の問題ごとの解説。公式の過去問には解説がないので選択肢ごとに解説を付与する。

ガイダンス

 ショートカットです。先に問題を見たい人は、こちらの一覧をば。

 端的に結論を言うと、『問題演習の足しに』という塩梅です。

 公式には、例題が公開されています。しかしながら、類別にすると問題数はかなり少ないです。

 本ページ以下の過去問+解説は、問題集に+αするくらいにご利用ください。

 通勤や通学時に、ざっくりやってみて、実力のチェックをしてください。

 ところで、掲載問題ですが、『2電工による試験免除』を前提としています。よって、免除される問題には、解説を付与していません。よって、乙7は極端に少ないので、注意してください。

難易度について

 以下に挙げる例題の過去問ですが、難易度に、かなりの「差」があります。

 やさしいものは徹底してやさしいのですが、難しいものは頭を抱えてうずくまってしまいます。

 たとえば、甲4:法令の「3問:防火対象物」などは、難問の典型です。

 こういう難問は、傾向把握の一環とし、深追いしないでください。本試験では、こういう問題が解けなくても、他の問題で合格点を確保できます。

 対して、「やさしい」問題が解けたとしても、油断なく、テキストと問題集を消化してください。取れる問題は、確実に取れるように、念を入れておきましょう。

甲種4類 例題注記

 H30年度の例題は、新問の追加が1問、問題の削除が1問ありました。

 新しい問題は、「法令共通」の「3問:防火対象物」です。

 削除された問題は、「アーカイブ:旧第3問(H29):届出・検査」にアーカイブ化しています。あと、一部の問題の番号を変更しました。

 H30年度の変更は、以上です。

 H29年度の例題は、問題が一部差し替えられただけです。該当問題の番号だけ、修正しました。

 H29年度の変更は、以上です。

乙種4類 例題注記

 H30年度の例題は、問題番号の変更があったのみです。該当問題に、修正を施しました。

 H29年度の例題には、「乙種:法令(共通)」の「第3問:命令受領者」が新たに追加されました。

乙種6類 例題注記

 H30年度の例題は、問題番号の変更があったのみです。該当問題に、修正を施しました。

 H29年度の例題は、大きな変更はありません。問題番号を修正しただけです。

乙種7類 例題注記

 H30年度の例題には、「12問:設置基準」が新たに追加されました。

 H29年度の例題は、大きな変更はありません。問題番号を修正しただけです。

過去問

 公式の過去問は、以下のリンク先にあります。

 通勤・通学中にどうぞ。

甲種4類

 1問:防火対象物点検資格者・・・「難」。だが取れる。

 2問:基準法令の遡及適用・・・「ふつう」。ひっかけ注意。

 3問:防火対象物・・・「難」。

 4問:届出・検査・・・「やさしい」。1点候補。

 5問:免状・・・迷彩あるも「ふつう」。

 10問:設置義務・・・「ふつう」。語呂必須。

 26問:P型1級の非火災報・・・「難」。

 30問:感知器・発信機・・・「やさしい」。

 実技・・・「やさしい」。絶対取る。

 製図・・・「やさしい」。取らんとダメ。

 アーカイブ:旧第3問(H29):届出・検査

乙種法令共通

 1問:特定防火対象物・・・基本中の基本問題。「やさしい」。

 2問:消防用設備・・・「普通」。取るべき。

 3問:命令受領者・・・「ふつう」。絶対問題。

 4問:消火設備・・・「ふつう」。絶対問題。

 5問:定期点検・・・「ふつう」。取れる。

乙種4類

 9問:警戒区域・・・基本中の基本問題。「やさしい」。

 26問:煙感知器・・・「ふつう」。必須問題。

 32問:受信器・・・「やさしい」。余裕。

 実技:煙感知器・・・「ふつう」。取りたい。

乙種6類

 11問:歩行距離・・・基本中の基本問題。「やさしい」。

 21問:点検整備・・・「やさしい」。常識問題。

 22問:点検整備・・・「やさしい」。

 35問:安全栓・・・「やさしい」。基本問題。

 実技:指示圧力計・・・「ふつう」。取れる。

乙種7類

 12問:設置基準・・・「ふつう」。

 36問:一般構造・・・基本問題。「やさしい」。

消防設備士のこまごましたもの

 消防設備士に関するこまごましたことは、たとえば、「危険物取扱者・消防設備士の合格証(試験結果通知書)に有効期限はない=合格はずっと有効」とかの記事を、ブログにも投稿しています。

 興味のある方は、「消防設備士:ブログ記事」をばご参考ください。

みんなとシェアする