独学でススメ-読むだけで独学合格できるかもしれない、適当なヒントとTips

濫用等のおそれのある医薬品の憶え方‐エフェドリン,コデイン,ジヒドロコデイン,ブロモバレリル尿素,プソイドエフェドリン,メチルエフェドリン‐登録販売者

まずは初めに結論を。一口で言うと。まとめ。要旨。

登録販売者の「法規」の論点「濫用等のおそれのある医薬品」の憶え方をまとめたページ。エフェドリン,コデイン,ジヒドロコデイン,ブロモバレリル尿素,プソイドエフェドリン,メチルエフェドリンと「6つ」もあるが、「コデイン系」「エフェドリン系」「おしっこ」でグループ分けをすると、憶えやすくなる。本試験では、但し書きまで問われたので、注意喚起を併せて行う。「ひっかけ」問題も、同時に、言及した。

「法規」の頻出論点に「濫用等のおそれのあるものとして厚生労働大臣が指定する医薬品」があります。

ただ、憶えるだけで、1点が取れるので、通勤・通学時に、憶えきってしまいましょう。

なお、本試験のほとんどの問題は、「名称」を問うだけです。

しかし、ごく稀に、括弧内のことも問われます。難しくないので、遺漏なく憶えてください。

濫用おそれ一覧

「濫用等のおそれのあるものとして厚生労働大臣が指定する医薬品」は、以下の「6つ」が…、

エフェドリン

コデイン(鎮咳去痰薬に限る。)

ジヒドロコデイン(鎮咳去痰薬に限る。)

ブロモバレリル尿素

プソイドエフェドリン

メチルエフェドリン(鎮咳去痰薬のうち、内用液剤に限る。)

…あります。

憶え方ですが、まずは、名称ごとに、グループ分けしましょう。

グループは、「コデイン系」「エフェドリン系」「おしっこ」です。

第1グループ‐コデイン系

まず、「コデイン系」でまとめます。

ここには、「コデイン(鎮咳去痰薬に限る。)」と「ジヒドロコデイン(鎮咳去痰薬に限る。)」をまとめます。

見ての通り、名称に「コデイン」がある成分です。

注意すべきは、両方とも、「鎮咳去痰薬に限る」という但し書きのあるところです。

つまりは、鎮咳去痰薬以外の薬の「コデイン系」は、「濫用等のおそれのあるもの」ではなくなります。

「風邪薬」にも、「鎮咳成分」として、コデインリン酸塩が配合されていますが、鎮咳去痰薬ではないので、「濫用等のおそれのあるもの」として、規制対象外です。

たとえば、「濫用等のおそれのあるものはどれか?」という問題で、「かぜ薬配合のコデインリン酸塩」とあれば、「×」となります。

規制対象は「鎮咳去痰薬のコデインリン酸塩」なので、「かぜ薬のコデインリン酸塩」は、規制対象外です。

括弧書きも出題実績があるので、「鎮咳去痰薬に限る」という但し書きまで、押えてください。

第2グループ‐エフェドリン系

第2グループには、「エフェドリン」という名前のあるものを、まとめます。

つまり、「エフェドリン」「プソイドエフェドリン」「メチルエフェドリン(鎮咳去痰薬のうち、内用液剤に限る。)」です。

最後の「メチルエフェドリン(鎮咳去痰薬のうち、内用液剤に限る。)」の但し書きには、注意です。

鎮咳去痰薬のうち、内用液剤に限る」が規制対象です。

んなもんで、「鎮咳去痰薬の“外”用液に配合されたメチルエフェドリン」は、「濫用等のおそれ」のあるものではなくなります。

また、「風邪薬のメチルエフェドリン」も、「濫用等のおそれ」のあるものではなくなります。

あくまで、「内用液剤の鎮咳去痰薬のメチルエフェドリン」がその対象だからです。

当該括弧書きも、出題されているので、キッチリ押えましょう。

念のために言っておきますが、「エフェドリン」と「プソイドエフェドリン」には、何の括弧書きもないので、すべての薬が規制対象です。

第3グループ

最後のグループは、「ブロモバレリル尿素」です。

「尿素」とあるので、「おしっこ」と憶えると、すぐ、頭に残ります。

さて、当該おしっこ組の「ブロモバレリル尿素」ですが、多種の薬に配合されており…、

風邪薬の鎮静成分」として…、

解熱鎮痛薬の鎮静成分」として…、

睡眠鎮静薬の鎮静成分」として…、

鎮暈薬の鎮静成分」として、登場します。

但し書きがないので、すべて、「濫用等のおそれ」のある医薬品として、規制対象となっています。

たとえば、「かぜ薬のブロモバレリル尿素は、濫用等のおそれのある医薬品だが、鎮暈薬のブロモバレリル尿素は、そうでない」などと出題されれば、「×」となります。

ブロモバレリル尿素は、すべてが「濫用等のおそれ」のある医薬品です。

みんなとシェアする