独学でススメ-読むだけで独学合格できるかもしれない、適当なヒントとTips

登録販売者の散瞳と縮瞳のまとめ

まずは初めに結論を。一口で言うと。まとめ。要旨。

登録販売者の「医薬品」の副作用である「散瞳」と「縮瞳」が起きる可能性のあるもののまとめ。ひっかけ問題でよく出るので、押さえておくべき論点。

登録販売者の「医薬品」に登場する副作用に、「散瞳」と「縮瞳」とがあります。

それぞれはぜんぜん違うものなのですが、1字違いのため、ひっかけ問題で出される可能性があります。

以下に、試験事情をまとめているので、細切れ時間などで消化してみてください。

縮瞳

端的に結論を言うと、登録販売者で登場する「縮瞳」は、「殺虫剤」の「有機リン系殺虫成分」です

当該「有機リン系殺虫成分」は、毒性は低いのですが、高濃度・多量に暴露した場合は、神経の異常な興奮が起こり、縮瞳、呼吸困難、筋肉麻痺などの症状が現れます。

試験において、「縮瞳」が生じる医薬品は、当該「殺虫剤」の「有機リン系殺虫成分」のみとなっています。

「縮瞳は、殺虫剤の有機リン」くらいに憶えておきましょう。

なお、当方、医療関係者ではないので、「縮瞳」が何かを正確に述べることができません。

わからない人は各自で検索して、医療関係者等のページで確かめてください。

グーグル検索:縮瞳

散瞳

ざっくり結論から言うと、「散瞳」の副作用のある医薬品は、「ジフェニドール塩酸塩」と、「鎮暈薬」と「胃腸鎮痛鎮痙薬」の「抗コリン成分」です

「鎮暈薬」に配合される「抗コリン成分」は、「スコポラミン臭化水素酸」と「ロートコン」です。

「胃腸鎮痛鎮痙薬」に配合される「抗コリン成分」は、「メチルベナクチジウム臭化物」「ブチルスコポラミン臭化物」「メチルオクタトロピン臭化物」「ジサイクロミン塩酸塩」「オキシフェンサイクリミン塩酸塩」「チキジウム塩酸塩」「ロートエキス」です。

これらの成分は、「散瞳」による目のかすみや異常な眩しさが副作用として現れます。

「散瞳は、ドールと抗コリンくらい」と憶えるとよいでしょう。(後述あり)

なお、「散瞳」も、当方は正確に知らないので、「グーグル検索:散瞳」で検索結果を当たってみてください。

また、「胃腸鎮痛鎮痙薬の抗コリン成分‐登録販売者 医薬品の語呂合わせ」も、お目汚しをば。

例題

さて、当該「散瞳」と「縮瞳」の問題ですが、大阪府のH29のNo58では、以下のように出題されています。

こんな風に、「散瞳」と「縮瞳」の当否について問うています。

しっかり意識して憶えていないと、(アレレ?どっちだっけ?)となりかねない問題です。

なお、先の例題の答えは「2」です。

まず、「c」を、即効で潰せそうです。

先述したように、「縮瞳は、殺虫剤の有機リン」でしたので、「散瞳」になっている「3」と「5」が「×」となります。

副作用に「散瞳」が発生するのは、「ドールと抗コリン」でした。

んで、有機リン系殺虫剤は、「アセチルコリンエストラーゼ(アセチルコリンを分解する酵素)」と「不可逆的に結合」なので、「1」と「4」が「×」となります。

よって、正解は「2」となります。

ここまでは、普通の問題なのです。

重要なのは、「ひっかけ」の存在です。

ひっかけ問題

ひっかけ問題の例としては…、

「ジフェニドール塩酸塩は、副作用として、頭痛、排尿困難、眠気、縮瞳による異常な眩しさ、口渇のほか、浮動感や不安定感が現れることがある」

…などがあります。おわかりでしょうか?

そう、本当なら「“散”瞳による異常な眩しさ云々」とならないといけないのに、「縮瞳」となっている、ってな塩梅です。

登録販売者のよくある「1字1句変更」のひっかけです。

問題文を焦って読んでいると、こういうひっかけ問題に、足を掬われます。

こういう出題もあるので、問題は丁寧に読んでください。

凄く細かいこと

以下は、試験勉強的にはあまり重要ではないので、ざっくり目を通してください。

当方、医療関係者ではないので、副作用等についての記述は、全面的にテキストと「試験問題作成に関する手引き」に拠っています。

んで、先に述べた「抗コリン成分」の「散瞳」ですが、「抗コリン成分」は、たとえば、「風邪薬」等にも配合されています。

しかし、テキスト等では、これら「風邪薬」等の抗コリン成分には、「散瞳による異常な眩しさ」等と、明言されていないので、本ページでは除外しています。同じ抗コリン成分でも、よく出るのと出ないのとがあるのかもしれません。

まあ、本試験では、「○○薬の抗コリン成分は、散瞳が起きるが、××薬の抗コリン成分では起きない」といった問題は、まず出ないでしょうから、ここまで突っ込んで勉強する必要はありません。

が、間違いのおそれのあるものは述べるべきではないので、本ページでは、「散瞳」の副作用のある医薬品は、明言されている「ジフェニドール塩酸塩」と、「鎮暈薬」と「胃腸鎮痛鎮痙薬」の「抗コリン成分」にしています。

みんなとシェアする