「 登録販売者 基本的知識 」タグの投稿記事

薬害訴訟(CJD訴訟,HIV訴訟,スモン訴訟,サリドマイド訴訟)の共通事項+まとめ‐登録販売者

まず第一に強調しておきたいのは、「薬害訴訟の論点は、実に、費用対効果が高い」ということです。 「基本的知識」の論点「薬害の歴史」は、少なくとも3問が、多ければ、4問が問われる公算です。 それなのに、テキストでは、約5ページくらいの分量です。 しかも、ほぼ毎年問われる論点です。 約...続きを見る

2019年11月14日 6:24 PM

CJD訴訟のポイントまとめ‐登録販売者

当該ページでは、「CJD訴訟」について見ていきます。 CJD訴訟 「CJD訴訟」ですが…、 『脳外科手術等に用いられていたヒト乾燥硬膜を介してクロイツフェルト・ヤコブ病(CJD)に罹患したことに対する損害賠償訴訟である』 …となっています。 下線部分が重要なところです。 「脳外科...続きを見る

2019年11月14日 6:10 PM

HIV訴訟のポイントまとめ‐登録販売者

当該ページでは、「HIV訴訟」について見ていきます。 HIV訴訟 「HIV訴訟」ですが…、 『血友病患者が、ヒト免疫不全ウイルス(HIV)が混入した原料血漿から製造された血液凝固因子製剤の投与を受けたことにより、HIVに感染したことに対する損害賠償訴訟である。』 …となっています...続きを見る

2019年11月14日 6:08 PM

スモン・スモン訴訟のポイントまとめ‐登録販売者

当該ページでは、「スモン・スモン訴訟」について見ていきます。 スモン訴訟 「スモン訴訟」ですが…、 『整腸剤として販売されていたキノホルム製剤を使用したことにより、亜急性脊髄視神経症(英名Subacute Myelo-Optico-Neuropathyの頭文字をとってスモンと呼ば...続きを見る

2019年11月13日 10:58 AM

サリドマイド・サリドマイド訴訟のポイントまとめ+憶え方‐登録販売者

当該ページでは、「サリドマイド・サリドマイド訴訟」について見ていきます。 サリドマイド訴訟 「サリドマイド訴訟」ですが…、 『催眠鎮静剤等として販売されたサリドマイド製剤を妊娠している女性が使用したことにより、出生児に四肢欠損、耳の障害等の先天異常(サリドマイド胎芽症)が発生した...続きを見る

2019年11月13日 10:55 AM

一般用医薬品の役割の憶え方

一般用医薬品の「役割」ですが、数が多いため、実に狙われている論点です。 ほぼ択一式ですが、ときおり、穴埋め問題で出るので、キーワードをキッチリ押えておきましょう。 憶え方には「コツ」があって、「医薬品を念頭に」です。 一般用医薬品の役割 まず、おさらいからです。 一般用医薬品の役...続きを見る

2019年11月12日 11:37 AM

一般用医薬品の定義のまとめ‐登録販売者

登録販売者の業務範囲は、ごぞんじのように、一般用医薬品の「第2類医薬品」と「第3類医薬品」です。 そのためか、「基本的知識」の「一般用医薬品の定義」は、最頻出論点となっています。 択一式から、穴埋め式まで、幅広く問われます。 以下のポイントを、キッチリ押えれば、1点です。 一般用...続きを見る

2019年11月10日 12:29 PM

「リスク評価基準」の憶え方‐GLP、GCP、GPSP、GVP‐登録販売者

「基本的知識」の論点で、ほぼ毎年出題されているのが「リスク評価基準」です。 以下に、憶え方のコツを述べていきます。 当該論点は、おなじみのアルファベットの奴ですが、略記で、英語表記で、そして、日本語訳も難しいとあって、受験生を落とす格好の論点となっています。 選択肢の1つとして、...続きを見る

2019年11月10日 12:25 PM

医薬品のリスク評価の「用量・反応」の語呂合わせ‐無作用量・最小有効量・治療量・中毒量・最小致死量・致死量‐登録販売者

「基本的知識」の医薬品のリスク評価の「用量・反応」の論点で、しばしば顔を見せるのが、「○○量」です。 「○○量」には、無作用量から致死量まで、「6つ」があるのですが、どの「○○量」の効果・毒性が高いか(低いか)の「順番」を問う、言葉遊びのような出題があります。 この種の出題は、「...続きを見る

2019年11月10日 12:19 PM