独学でススメ-読むだけで独学合格できるかもしれない、適当なヒントとTips

グリセリン‐乙4性消ざっくりノート

まずは初めに結論を。一口で言うと。まとめ。要旨。

乙4危険物「グリセリン」のポイントを重要度別にランク分け列挙。独学者向け。グリセリンは第3石油類でも、出題率が高いので、きっちり押さえておくべき要注意危険物である。第3だからなどと甘く見てはいけない。甘いが。「最近の傾向」「ド定番事項」「定番論点」とをまとめたので、通勤・通学時の復習に最適。横断まとめへのリンクも。

「グリセリン」は、乙4危険物の第3石油類:“水溶性”危険物に分類される危険物です。

「グリセリン」は身近にある危険物のためか、第3石油類の中でも、本試験に出る危険物です。

第3だからといって、甘く見てはいけません。なお、グリセリンは甘いです。

とはいえ、出るところは決まっているので、ポイントだけやっておきましょう。

ちなみに、「グリセリン」は、おなじみオロナイン軟膏の一成分です。

参考:アマゾン:オロナインH軟膏

最近の傾向‐Sランク

「グリセリン」で最も押さえておきたい論点は、「溶ける・溶けない」です。

まず、グリセリンは、第3石油類の“水溶性危険物”なので、水によく溶けます。

んで、「水」と来たら、「有機溶剤」なわけですが、ここに、一悶着があります。

まず、「エタノール」には溶けます。

しかし、「ベンゼン」「ガソリン」「ジエチルエーテル」「二硫化炭素」には溶けません。

このように、「有機溶剤」の種類によって、「溶ける・溶けない」が分かれるので、注意してください。

ごぞじんのように、ほとんどの乙4危険物は、有機溶剤に溶けるのです。

しかし、当該「グリセリン」は、有機溶剤の“中”での「溶ける・溶けない」が頻出テーマとなっています。

現状、「有機溶剤系」の論点で、一番細かく問われるのが「グリセリン」です。しっかり憶えておきましょう。

参考までに、「有機溶剤に溶ける危険物の横断まとめ」に、目を通しておいてください。

ド定番‐Aランク

「グリセリン」で、憶えておきたいことは、「吸湿性・保水性が高い」です。

「グリセリン」は、化粧品によく使われています。

なお、個人的なアレですが、当該グリセリンは、冬の「ローション」になります。

白い粉が顔や腕から出だしたら、重曹ローション」に述べているのですが、薬局でグリセリンを買い、水で薄めて重曹を入れると、「冬、顔から白い粉が吹く」ときの「ローション」となります。

安いし手軽なので、外のお仕事の人は参考にしてみてください。

次に、「水に沈む」も、憶えておきます。

つまり、グリセリンの比重は「1以上」で、水より重いです。

「水に浮くか浮かないか」は、乙4性消のド定番論点なので、きっちり憶えておきます。

なお、先の重曹ローションですが、使うときは、上下に軽く振ります。グリセリンが沈んでいるからです。

次に、極めて珍しい特徴ですが、グリセリンには「味」に特徴があり、「甘みがある」危険物です。

出題者からすると、実に出しやすい特徴なので、憶えておきましょう。たとえば、「グリセリンは、無味無臭無色の危険物である」といった風に出してくるはずです。

先に述べたように、グリセリンには、『甘み』があるので、「×」です。

なお、グリセリンは「無色」で「無臭」です。

押さえ・確認‐Bランク

「グリセリン」で押さえておきたいところは、「ナトリウムと反応すると、“水素”が発生」です。

ちなみに、「グリセリン」は「3価のアルコール」なので、アルコール類と同じように、ナトリウムで“水素”が生じます。

ここで重要なのは「水素」のところです。

本試験では、ひっかけ問題として、「グリセリンとナトリウムが反応すると、“酸素”が発生する」と、人を食った問題が出題されています。

「酸素」ではなく、「水素」が発生します!!

ついウッカリ間違えるので、慎重に解答してください。

なお、当該「水素」と「酸素」のひっかけ問題は、乙4以外の1~6類の試験でも、本当によく出ます。出題者のつまらない嫌がらせに引っかからないでください。

次に、グリセリンは、第5類の危険物「ニトログリセリン」の原料となります。「ニトログリセリン」はダイナマイトの原料で、強心剤に使われたりします。

用途問題も、最近ではよく見るので、押さえておくのが無難です。

まとめ

「グリセリン」で試験に出るのは、ざっとこのくらいです。

ときおり、「グリセリンは、意図的に加熱しない限り、引火の危険性は少ない」や、「火災になると、燃焼温度が高いので消化が困難」が出たりします。

憶える必要はありませんが、グリセリンの引火点は199度で、発火点は370度です。ですから、引火の危険性は低いが、いったん火事になったらキケンという次第です。

ま、グリセリンは、ポイントさえ憶えれば、まず、点が取れます。過去問をキッチリ仕上げて、「1点」を確保しましょう。

なお、勉強方法等は、「乙種4類の独学」を…、

独学向け教材については、「乙4のテキスト・問題集」をば、お目汚しください。

また、危険物取扱者について、適当かつ曖昧なことを、たとえば、「乙4合格後に取る資格」などを、ブログにまとめています。「危険物取扱者:ブログ記事」をばお目汚しください。

みんなとシェアする