独学でススメ-読むだけで独学合格できるかもしれない、適当なヒントとTips

クロロベンゼン‐乙4性消ざっくりノート

まずは初めに結論を。一口で言うと。まとめ。要旨。

乙4危険物「クロロベンゼン」のポイントを重要度別にランク分け列挙。独学者向け。クロロベンゼンはポイントだけ憶えておけばよい。「最近の傾向」「ド定番事項」「定番論点」とをまとめたので、通勤・通学時の復習に最適。横断まとめへのリンクも。

「クロロベンゼン」は、乙4危険物の第2石油類:非水溶性危険物に分類される危険物です。

「クロロベンゼン」が出るところは決まっています。

最近の傾向‐Sランク

「クロロベンゼン」で最も押さえておきたい論点は、「比重が1以上」です。

時間がない人でも、兎にも角にも、「クロロベンゼン‐比重が1以上」だけは、頭に入れておきます。

ご存知のように、乙4危険物は大概が「油」なので、水に浮きます。

しかし、当該「クロロベンゼン」は、乙4危険物の中でも数少ない、「比重が1以上の、水に沈む危険物」となっています。

こういう特徴のある危険物を、出題者が見逃すはずがありません。

兎にも角にも、「クロロベンゼン‐比重が1以上」です。

くろいべんが(黒い便)が水に沈んでいる」などで憶えるとよいでしょう。

…言うまでもなく、くろいべん=“くろ”ろ“べん”ぜん、となっています。

参考までに、「比重が1以上の危険物の横断まとめと憶え方」でおさらいしてみてください。

ド定番‐Aランク

「クロロベンゼン」で、よく問われるのは、「おなじみ論点」です。

まず、「臭い」ですが、「クロロベンゼン」は、ベンゼンやトルエンと同じ、「芳香族炭化水素」なので、芳香臭がします。(テキストには、特有の臭いと、表記されることもあります。)

なお、細かく憶えなくてもいいです。試験では、「クロロベンゼンは無臭である」などと、ストレートに問われることが多々なので、「有臭」だけ、判別できればいいでしょう。

次に、「色」ですが、「クロロベンゼン」は「無色」です。

何度も言っていますが、乙4危険物はほとんどが「無色」で、「有色」な方が少ないです。

色横断まとめ」を参考に、おさらいしてください。

なお、第3石油類の「ニトロベンゼン」は「淡黄色」なので、混同しないように!

次に、「水」論点と、「有機溶剤系」論点です。

「クロロベンゼン」は、水に溶けません。「クロロベンゼン」は、第2石油類の“非”水溶性危険物です。

先輩のベンゼンが「水に溶けない」ので、後輩の「クロロベンゼン」も「水に溶けない」と憶えるといいでしょう。

また、「クロロベンゼン」は、有機溶剤系に溶けます。

乙4危険物の大半は、有機溶剤系に溶けます。「有機溶剤に溶ける危険物の横断まとめ」を参考にしてみてください。

押さえ・確認‐Bランク

「クロロベンゼン」で、昔はよく出ていた事項が、「引火点」と「発火点」です。

余裕があれば、“ざっくり”押さえておくといいでしょう。

数字を憶える必要はありませんが…、

「クロロベンゼン」の「引火点」は、「約28度」と低めです。

対して、「発火点」は、「約638度」と高めです。

「引火点低い。発火点高い」は、最近ではあまり問われませんが、再び試験に出ることも大いに考えられるので、余裕があれば押さえておきましょう。

まとめ

「クロロベンゼン」で試験に出るのは、ざっとこのくらいです。

他に出るとしても、乙4危険物に共通する性質、たとえば、「冷暗所で貯蔵」とかで、少し頭を捻れば解答できるはずです。

そう難しい問題は出ないので、過去問をキッチリ仕上げて、「1点」を確保しましょう。

ところで、甲種を受験予定の方は、「ベンゼンがハロゲン化(塩素化)したものが、クロロベンゼン」と頭の片隅に置いておきましょう。

なお、勉強方法等は、「乙種4類の独学」を…、

独学向け教材については、「乙4のテキスト・問題集」をば、お目汚しください。

また、危険物取扱者について、適当かつ曖昧なことを、たとえば、「乙4合格後に取る資格」などを、ブログにまとめています。「危険物取扱者:ブログ記事」をばお目汚しください。

みんなとシェアする