独学でススメ-読むだけで独学合格できるかもしれない、適当なヒントとTips

登録販売者の漢方処方製剤の「効能」について

まずは初めに結論を。一口で言うと。まとめ。要旨。

登録販売者試験の漢方処方製剤の対策ページ。このページでは、「効能」について、具体的な出題例から、やるべきがどうかを見ていく。結論を言うと、基本、「後回し」である。

一概には言えないし、そうでないケースが多々あるのも、重々承知ですが、「漢方処方製剤対策」の1つとして、見ておいてください。

まずもって、「漢方処方製剤のそれぞれの効能が、ガチで問われることは、“ほとんどない”」と、認識しておきましょう。

選択肢にて、効能がつらつらと述べられた設問というのは、おおむね、「○(正解・正しい)」となる可能性が高いです。

たとえば…、

…といった選択肢で、似たものには…、

…があります。

当該選択肢ですが、2つとも、「○」となっています。

上記画像の選択肢のように、(何これ?そんな細かい効能まで憶えてないよ)的な出題があった場合、「とりあえず○」として、最終解答をするのが『一手』となっています。

つまり、わからないけど、取り合えず「○」を仮定して、最終解答を選ぶ、ってな次第です。

漢方処方製剤の問題のすべてに当てはまるわけではありませんが、通用することが少なくないです。

受験予定の県のPDF過去問を検討してみて、上記のような傾向が見られるなら、「効能がツラツラ述べられた選択肢は、○なことが多い」を、採用してみてください。

以下、具体例を見てみましょう。

ほぼ、出題されないだろう問題の具体例

まず出ないだろう問題の具体例を、「茵蔯蒿湯」を元に見ていきましょう。

憶えなくていいですが、手引きの記載です。

『茵蔯蒿湯・・・体力中等度以上で口渇があり、尿量少なく、便秘するものの蕁麻疹、口内炎、湿疹・皮膚炎、皮膚のかゆみに適すとされる。』

効能の1~2つがなくなっている

たとえば、下のような、効能の1~2つがなくなっている問題は、出ないと思われます。

問い『茵蔯蒿湯は、(…略…)口内炎、湿疹・皮膚炎に適すとされる。』

答え『×』

理由『茵蔯蒿湯は、“蕁麻疹”、“皮膚のかゆみ”にも効くので、誤り。』

…ってな塩梅です。

こうした、効能書きの1~2つが意図的に“抜けた”問題は、そう出ないと思われます。

まあ、今後の傾向変化によって、出る可能性はありますが、正直、ここまでやってられないので、出たとしても、「捨て問」です。

到底、追いきれません。よほど余裕がない限り、諦めましょう。

また、こういう「効能抜け」の問題が出ないのは、一応、正しいため、出題ミス扱いになりかねません。

先の例題ですが、「誤り」となってはいますが、文言そのものは、間違ってはいないのです。

「茵蔯蒿湯」は、口内炎、湿疹・皮膚炎に効くことは効くので、間違いではないのです。

このあたり、慎重な出題者なら、出題ミスと捉えかねない問題は作り難いし、出し難いと思われます。

こうした点からも、こうした「効能抜け」の出題は“ない”と、踏んでいていいかと思います。

効かないものがある・余計なものがある

たとえば、下のような、効かないものがある・余計なものがある問題は、出ないと思われます。

問い『茵蔯蒿湯は、(…略…)蕁麻疹、口内炎、湿疹・皮膚炎、皮膚のかゆみ、“痔の痛み”に適すとされる。』

答え『×』

理由『茵蔯蒿湯は、“痔の痛み”には効かないので、誤り。』

…ってな塩梅です。

効かない・関係のない効能を挿入する問題は、これまた、出題可能性はありますが、先と同様に、正直、ここまでやってられないので、「捨て問」としましょう。

まとめ

漢方処方製剤が「捨て問」の筆頭だったのは、論点があまりに多岐に渡り、また、憶えることがあまりに多数だったからです。

ただでさえ憶えることの多い登録販売者試験です。

とてもじゃないが、やってられないところは、捨てましょう。

漢方処方製剤の「効能」は、他の主要論点が済んでから、着手する方が賢明かと思います。

それまでは、その漢方処方製剤が何の薬なのか、たとえば、「小建中湯」なら、「疳の薬」だと、認識できていれば、何とかなるように思います。

みんなとシェアする