35問‐管理業務主任者 H27過去問と解説

まずは初めに結論を。一口で言うと。まとめ。要旨。

 本問は、区分所有法‐共有についての問題です。基本問題です。テキストを精読しておきましょう。難しいところはありません。

35問‐区分所有法‐共有

 

 (クリックして拡大。)

 本問の難易度は、「ふつう」です。

 なお、解答はこちら(数字のみ)です。

解説:1

 正しい記述です。

 おさらいですが、「一部共用部分とは、一部の区分所有者のみの共用に供せられる共用部分」です。たとえば、1階が店舗で、2階が住居とします。んで、この場合、それぞれの出入口が別個になっているとします。

 店舗用の入り口の管理は「店舗」部分の持ち主たちで共用し、住居用の入り口は「住居」の持ち主で共用している場合、それぞれの出入口が「一部共用部分」となります。

 さて、問題は、「一部共用部分の床面積」なわけですが、この場合、選択肢のいうように、「① これを共用すべき各区分所有者の専有部分の床面積の割合により配分されて」、「② それぞれの区分所有者の専有部分の床面積に算入される」となります。

 先の例の出入り口も、それを共有する人たちに、配分されるってな次第です。

 よって、選択肢の「1」は、「正」と相なります。

解説:2

 正しい記述です。

 基本は、敷地などの持分割合も、「各区分所有者の専有部分の床面積の割合」となります。

 しかし、敷地については、選択肢のいうように、公正証書でその割合が定まっているときは、それに従います。

 よって、選択肢の「2」は、「正」と相なります。

解説:3

 正しい記述です。

 標準管理規約では、「壁心計算」です。

 よって、選択肢の「3」は、「正」と相なります。

解説:4

 誤った記述です。

 標準管理規約では、建物が取り壊されても、敷地の共有割合に、変更は生じません。「民法の規定により云々」のところが誤りです。

 よって、選択肢の「4」は、「誤」と相なります。

答え

 「1」は「正」です。

 「2」は「正」です。

 「3」は「正」です。

 「4」は「誤」です。

 本問は、「最も不適切なものはどれか?」ですので…、

 正解:4

 …と相なります。

 >>> 次の問題へ。

H27過去問一覧

 1問:民法‐代理・・・「ふつう」。

 2問:民法‐先取特権・・・「ふつう」。

 3問:民法‐債権者代位権・・・「ふつう」。

 4問:民法‐弁済・・・「ふつう」。

 5問:民法‐贈与・・・「ふつう」。

 6問:民法‐賃借権・・・「ふつう」。

 7問:標管委託契約書‐業務費・・・「ふつう」。

 8問:標管委託契約書‐問合対応・・・「ふつう」。

 9問:標管委託契約書‐出納会計・・・「ふつう」。

 10問:時効・・・「ふつう」。

 11問:少額訴訟・・・「ふつう」。

 12問:標準管理規約‐会計・・・「ふつう」。

 13問:標準管理規約‐役員・・・「ふつう」。

 14問:会計・仕訳・・・「ふつう」。

 15問:会計・仕訳・・・「ふつう」。

 16問:税務・・・「ふつう」。

 17問:建築基準法‐鉄筋コンクリ・・・「難」。

 18問:建築基準法‐定義・・・「ふつう」。

 19問:石綿・・・「ふつう」。

 20問:給排水設備・・・「ふつう」。

 21問:受水槽・・・「ふつう」。

 22問:電気設備・・・「難」。

 23問:非常用照明等・・・「ふつう」。

 24問:エレベーター・・・「ふつう」。

 25問:省エネ法・・・「ふつう」。

 26問:調査検査・・・「難」。

 27問:大規模修繕・・・「難」。

 28問:給水設備・・・「ふつう」。

 29問:区分所有法‐共用部分・・・「ふつう」。

 30問:区分所有法‐管理組合法人・・・「ふつう」。

 31問:標準管理規約‐議事録・・・「ふつう」。

 32問:標準管理規約‐団地型・・・「難」。

 33問:区分所有法‐規約・・・「ふつう」。

 34問:標準管理規約‐管理組合・・・「ふつう」。

 35問:区分所有法‐共有・・・「ふつう」。

 36問:区分所有法‐団地・・・「ふつう」。

 37問:区分所有法‐不法行為・・・「ふつう」。

 38問:区分所有法‐債権・・・「ふつう」。

 39問:判例問題・・・「ふつう」。

 40問:アフターサービス・・・「ふつう」。

 41問:瑕疵担保責任・・・「ふつう」。

 42問:建替円滑化法・・・「ふつう」。

 43問:個人情報保護法・・・「ふつう」。

 44問:借地借家法・・・「ふつう」。

 45問:宅建業法・・・「ふつう」。

 46問:適正化法‐指針・・・「ふつう」。

 47問:適正化法‐書面交付・・・「ふつう」。

 48問:適正化法‐事務報告・・・「ふつう」。

 49問:適正化法‐管理業務主任者・・・「ふつう」。

 50問:適正化法‐業者義務・・・「ふつう」。

独学向け教材

 使用教材の詳細は「教材レビュー」で述べていますが、読むのがメンドウな人は…、

 テキストには、「管理業務主任者 基本テキスト」を…、

 過去問には、「管理業務主任者 項目別過去7年問題集」を使えば、支障ありません。

民法入門

 民法が苦手で苦手で仕方のない人は、読書で凌ぎます。

 お勧めの入門本は、「弁護士が教える分かりやすい「民法」の授業」と「民法はおもしろい」です。

会計・仕訳問題

 苦手な人の多い「会計・仕訳問題」ですが、テキストの数ページで理解は不可能です。

 時間があるなら、いっそのこと、簿記3級で勉強します。100%取れるようになります。簿記3級は、2週間あればマスターできます。

 独学向けの教材は、テキストと問題集が一緒になった「スッキリわかる 日商簿記3級」で勉強すれば、まず間違いなく「1点」取れるようになります。

PDF過去問演習

 また、公式の過去問は、PDFで配布されています。過去問演習は、「タブレット」が便利です。もってない人は、受験を機に、アマゾンの「Fire HD」を推奨します。最優秀のコスパです。

管理業務主任者のこまごましたもの

 管理業務主任者に関するこまごましたことは、ブログにも投稿しています。

 興味のある方は、「管理業務主任者:ブログ記事」をばご参考ください。

みんなとシェアする