独学でススメ-読むだけで独学合格できるかもしれない、適当なヒントとTips

鎮暈薬の抗ヒスタミン成分‐登録販売者 医薬品の語呂合わせ

まずは初めに結論を。一口で言うと。まとめ。要旨。

鎮暈薬の抗ヒスタミン成分の語呂合わせ。「スカートめくりの奴が」とか。本ページでは、ジメンヒドリナート(ジフェンヒドラミンテオクル酸塩)、メクリジン塩酸塩、プロメタジンテオクル酸塩、クロルフェニラミンマレイン酸塩、ジフェンヒドラミンサリチル酸塩の語呂について見ていく。その他、憶え方や注意事項について。

鎮暈薬の抗ヒスタミン成分の語呂合わせです。

あまり数がないので、さくっと憶えられますが、いくつか注意事項があるのでアレしてください。

憶える前提

さて、鎮暈薬の抗ヒスタミン成分を、まずは挙げていきます。

・メクリジン塩酸塩

・プロメタジンテオクル酸塩

・ジメンヒドリナート

・クロルフェニラミンマレイン酸塩

・ジフェンヒドラミンサリチル酸塩

…以上の5つが、鎮暈薬の抗ヒスタミン成分なのですが、語呂合わせを見ていく前に、「抗ヒスタミン成分の憶え方」を、一読してください。

このページを読めば、「クロルフェニラミンマレイン酸塩」と「ジフェンヒドラミンサリチル酸塩」を、即効で憶えられます。

この2つは、語呂合わせよりも、先のページの憶え方の方が楽なので、参考にしてみてください。

んで、以下に紹介する語呂は、当該「クロルフェニラミンマレイン酸塩」と「ジフェンヒドラミンサリチル酸塩」を除いています。

では、メクリジン塩酸塩・プロメタジンテオクル酸塩・ジメンヒドリナートの語呂合わせです。

鎮暈薬の抗ヒスタミン成分の語呂

最初に語呂から言うと、「スカートめくりをしていた奴が、プロも滅多になれない、地面師になっとる」で、「すかーとメクリをしていた奴が、プロもメッタになれない、ジメン師にナットる」です。

カタカナのところが、医薬品成分の頭文字等になっています。

語呂のイメージとしては、「小学生のときに、女子のスカートめくりばかりしていた男子が、成人すると、不動産のプロでも滅多になれない地面師(不動産専門の詐欺師)になっていた」という感じです。

意味が意外に通じているので、憶えやすい語呂でした。

スカートメクリをしていた奴が、プロもメッタになれない、ジメン師にナットる

1つ1つ見て行くと…、

すかーとメクリ・・・“メクリ”ジン塩酸塩

プロもメッタに・・・“プロメタ”ジンテオクル酸塩

ジメン師にナット・・・“ジメン”ヒドリ“ナート”

…ってな寸法です。

意外に頭に入る語呂かと思います。何度も唱えたら頭に入ります。

なお、「ジフェンヒドリナート」は、別名「ジフェンヒドラミンテオクル酸塩」でもあります。

両方とも試験に出るので、きちんと名称を押えておきましょう。

まあ、試験的には、「ジメンヒドリナート」の方が出ます。

頻出ポイント

鎮暈薬の抗ヒスタミン成分のド頻出論点は、「メクリジン塩酸塩」です。

当該「メクリジン塩酸塩」は、「他の抗ヒスタミン成分より作用の発現が“遅く”、持続時間が“長い”」です。

これは、ひっかけ問題と絡めて出題されるので、丸暗記しておきましょう。

よくある出題としては、「メクリジン塩酸塩は、他の抗ヒスタミン成分より作用の発現が速く、持続時間が短い」などです。

ついつい間違えるので、要注意です。

また、「プロメタジン」も出ます。

「15歳未満は使用避ける」成分です。致命的か呼吸抑制が報告されているためです。

酸塩とか塩酸塩とか

成分中の文言にある、酸塩とか塩酸塩とかは、あまり意識しなくていいです。

酸塩とか塩酸塩とかには、薬学的には意味があるのでしょうが、登録販売者試験的には、注意しなくていいので、主要な名称だけ押えていきましょう。

本試験では、言うほど、いやらしい問題は出ないからです。

たとえば、「鎮暈薬の抗ヒスタミン成分はどれか?」的な問題で、選択肢に「メクリジン」があったとします。

正式には「メクリジン塩酸塩」ですが、「塩酸塩」ないからといって、「メクリジン」が「×」になることはない、と思われます。

酸塩とか塩酸塩のない選択肢でも、まず「○」になるはずです。

試験的には、酸塩と塩酸塩の部分は、気にしなくてよいかと思います。わたしは、無視していました。

まとめ

以上、医薬品成分「鎮暈薬の抗ヒスタミン成分」の語呂「スカートめくりをしていた奴が、プロも滅多になれない、地面師になっとる」でした。

この語呂で、ぜんぶで500個強ある医薬品成分のうち、3個を憶えることができます。

個人的には、そこそこ意味の通る語呂ができたので、満足しています。何回か唱えれば、頭に入ると思います。

なお、勉強方法等は「登録販売者の独学」を、独学向け教材については「登録販売者 教材レビュー」を、参考ください。

みんなとシェアする