月別・独学資格ガイド-10月編

まずは初めに結論を。一口で言うと。まとめ。要旨。

 「10月」に重要イベントのある資格をピックアップ。第2種電気工事士は筆記試験あり。冷3は準備を。宅建・通関士の本試験あり。できることを消化。簿記系は重要イベントはないが、申し込みは中旬まで継続。危険物多し、消防設備士少なし。

「10月」の資格動行のまとめ

 かいつまんで言うと…、

 10月は、法律系資格に、大きなイベントがあります。

 宅建と通関士は、本試験があります。管理業務主任者は、10月がスタート期限です。

 設備・メンテナンス資格は、2電工は筆記試験があります。

 簿記・会計資格は、10月に大きなイベントはありませんが、来月に本試験を控えているので、試験勉強に本腰を入れましょう。

簿記・会計系資格の10月

 簿記・会計系資格は、大きなイベントはありません。

 ただ、簿記2級と3級は、本試験が来月(11月20日)なので、試験勉強に本腰を入れなくてはいけません。

 なお、簿記試験の申し込みは、おおむね「10月中旬」であり、まだ間に合います。

 締切日は、都道府県ごとに異なるので、受験予定の商工会議所で調べておきましょう。

 参考:https://links.kentei.ne.jp/examrefer

 なお、簿記2級・3級ともに、「パターン学習」のみでは対応できなくなっています。

 新問題や新論点は、“取り合えず後回し”にして、できるところから手を付けて、点数を確保してから解くようにしましょう。

 んで、予想問題集で、さまざまな問題を解いておくことを推奨です。

 なお、簿記2級の勉強方法等は「簿記2級の独学」を、独学向け教材については、「簿記2級の教材レビュー」を一読ください。

 簿記3級の勉強方法は「独学の簿記3級:商業簿記」を、使用教材は「簿記3級の教材レビュー」を一読ください。

ビルメン・設備系の10月

 第2種電気工事士(下期)の筆記試験が「10月1日」に行われます。

 ぜんぜん進んでなくても、とりあえず、過去問だけは仕上げていきましょう。

第3種冷凍機械責任者試験(通称:冷3)

 また、冷3の本試験は、きたる「11月13日(日)」です。

 冷3は、明白な難化傾向にあり、まだまだ『底』が見えていません。

 過去問をしっかりやることのみならず、テキストも、じっくり読み込んでおきましょう。

 2電工の勉強方法や独学向け教材は、「第2種電気工事士の独学」と「筆記試験の教材」、「技能試験の教材」で、確認ください。

 冷3の勉強方法は「第三種冷凍機械責任者の独学」や「冷3の教材レビュー」をば、ご参考ください。

法律系の10月

 宅建の本試験が「10月16日」に行なわれます。

 勉強が進んでいる人は、その好調を維持しましょう。

 勉強があまり進んでいない人は、過去問を復習するとともに、予想問題種や模試問題集を繰り返しましょう。ギリギリで受かる可能性があります。

 通関士は、「10月2日」に本試験です。

 きっちり復習だけしておきましょう。

管理業務主任者スタートは限界

 宅建の有資格者や、法学部卒の方は、ぼちぼち12月に試験のある管理業務主任者の着手です。

 多くの論点は学習済みでしょうから、初めて接することになるだろう建築・設備やらに尽力してください。

行政書士は追い込みを

 行政書士受験の方は、10月が追い込みです。

 学習が遅れがちの方は、“とりあえず”でもいいので一通り終わらせて、追い込みに入ります。

定番系の危険物取扱者・乙4と消防設備士・乙6の10月

 両資格とも、安定した求人があるので、世代や性別に関わりなく、取っておいて損のない資格で、知名度の低い無用な資格を取るくらいなら、絶対に「危険物取扱者」と「消防設備士」です。

 双方とも、難易度は高くなく、「10月」からの試験勉強でも、十分に間に合います。

 教材も1~2冊とリーズナブルなのも、推薦する理由です。

 そして、何気に「総務系資格」なので、女性の方にもオススメ、といった次第です。

 両試験の最大の特徴は、「受験の機会が多い」ことで、受験者の居住区以外の受験が認められている「越境受験」が可能です。

 極端な例を言うと、「東京都」では、ほぼ毎月試験が行われているので、地方在住の方は、東京まで、観光のついでに受けに行けばいいわけです。

 東京都は一例ですが、探せば近県で受験の申込をしているはずなので、近県の試験に申し込めばいいでしょう。

はじめての受験は、「危険物取扱者:乙4」か「消防設備士:乙6」

 当該2資格は、類別・種別でたくさんの種類がありますが、最初に受けるのは、危険物取扱者は「乙種4類(通称:乙4。可燃性液体)」を、消防設備士は「乙種6類(消火器)」を推薦します。

 理由は一番求人のある類・種だからで、応じて、受験者数も一番なのが、危険物取扱者は乙4で、消防設備士は乙6となっています。

 基本的に、危険物取扱者は「乙4」だけ取っておけばいいです。消防設備士は「乙6」を取ってからその他を考えたらいいです。

 当該2資格の負担は大きくないので、申し込んだときから試験勉強を開始しても、十分に間に合います。

10月の危険物取扱者(乙4)と消防設備士(乙6)

 危険物取扱者と消防設備士を受け付ける都道府県は、後述しています。

 両資格は必置資格で、取るのにそう苦労もしないので、時間が空いていて、身近で試験が行われるようなら、申し込むなり受験するなりしましょう。

 危険物取扱者の乙4の独学については、「乙種4類の独学」と、「乙4のテキスト・問題集を参考にしてください。

 消防設備士の乙6(消火器)の独学については、「消防設備士:乙6の独学」と、「消防設備士:乙6の教材レビュー」をば、ご参考ください。

危険物取扱者・10月申込の都道府県

 「10月」に危険物取扱者試験の申込を受け付ける都道府県は…、

 青森、宮城、秋田、山形、

 群馬、千葉、東京、神奈川(ギリギリ)、

 新潟、

 岐阜、

 滋賀、大阪、奈良、

 岡山(ギリギリ)、

 広島、

 佐賀、大分(ギリギリ)、鹿児島、

 …となっています。

 なお、申込期間は、各都道府県によって“絶妙に違う”ので注意が必要です。

 あちらの県では1週間ちょいしかないのに、こちらの県では2週間を過ぎても受け付けていたりします。

 早め早めに公式を確認をして、申込手続きを済ませることを推奨します。

 ちなみに、電子申請も可能で、スグに申し込めます。(凄く便利!)

 難易度的に、躊躇するものではないので、さっさと申し込んで、自分を追い込んでください。

 なお、紙の願書は近くの消防署で配布されています。PDF版の願書は公式からダウンロードできます。

 なお、本試験は、おおむね申込月を含む「2~3ヵ月後」です。

 危険物取扱者について、適当かつ曖昧なことをブログにまとめています。「危険物取扱者:ブログ記事」をばお目汚しください。

 勉強方法等、その他注意事項:乙種4類の独学

 独学向け教材:乙4のテキスト・問題集

消防設備士・10月申込の都道府県

 「10月」に消防設備士試験の申込を受け付ける都道府県は…、

 秋田(ギリギリ)、山形、

 東京、

 愛知、

 滋賀、京都、和歌山、

 鳥取、島根、

 高知、

 福岡、

 …となっています。

 見ての通り、実施都道府県は少ないです。

 申込期間は、各都道府県とも、おおむね「10日前後」しかありません。

 消防設備士は、試験実施数が少ないので、申込み損ねると、結構、待つことになります。

 難易度的に、躊躇するものではないので、さっさと申し込んで、自分を追い込んでください。(なお、甲種は製図があるので、時間を見ておきましょう。

 公式から、電子申請で申し込みが可能です。また、紙の願書は近くの消防署で配布されています。PDF版は公式からダウンロードできます。

 なお、本試験は、おおむね申込月を含む「2~3ヵ月後」です。

 消防設備士をはじめて受けるなら、先述したように、「乙6(消火器)」がベストです。

 乙6の勉強方法等は、「消防設備士:乙6の独学」を…、

 独学向け教材については、「消防設備士:乙6の教材レビュー」をば、ご参考ください。

 また、消防設備士について、適当かつ曖昧なことをブログにまとめています。「消防設備士:ブログ記事」をばお目汚しください。

こまごましたもの

 資格のこまごましたことは、たとえば、「難化した試験は、元に戻らないどころか、さらに難化する」とかの記事を、ブログにも投稿しています。

 興味のある方は、「資格の就職・転職事情」や「資格こもごも」で、ヒマな時間を潰してください。

みんなとシェアする