「 危険物取扱者 」タグの投稿記事

スチレン‐乙4性消ざっくりノート

「スチレン」は、乙4危険物の第2石油類:非水溶性危険物に分類される危険物です。 「スチレン」の別名は「スチロール」です。こっちのほうが馴染みがあるかと思います。 さて、当該「スチレン」ですが、かつては、試験にほとんど出ない危険物でしたが、ごぞんじのように、難化傾向を受けて、顔を見...続きを見る

2017年4月26日 9:55 AM

1-ブタノール‐乙4性消ざっくりノート

「1-ブタノール」は、乙4危険物の第2石油類の、“普通は”非水溶性危険物に分類される危険物です。(後述します。) かつては、ほとんど出なかった危険物ですが、難化傾向を受けて、最近ではちょこちょこと顔を出しています。 本試験で遭遇しても、きっちり取れるようになっておきましょう。 最...続きを見る

2017年4月25日 9:54 AM

キシレン‐乙4性消ざっくりノート

「キシレン」は、乙4危険物の第2石油類:非水溶性危険物に分類される危険物ですが、出るところは限られています。 優先順位は、そう高くないので、後回しでも構いません。 最近の傾向‐Sランク 「キシレン」で最も押さえておきたい論点は、「3つの異性体」です。 「キシレン」には、「オルトキ...続きを見る

2017年4月24日 9:15 AM

軽油‐乙4性消ざっくりノート

乙4危険物の第2石油類:非水溶性危険物の中で、最もよく出る危険物が「軽油」です。 本試験の問題は、基本的な論点ばかりなので、試験で出たら確実に点にしましょう。 最近の傾向‐Sランク 「軽油」で最も押さえておきたい論点は、「発火点が約220度」と「引火点は45度」です。 「軽油」は...続きを見る

2017年4月22日 4:40 PM

灯油‐乙4性消ざっくりノート

乙4危険物の第2石油類:非水溶性危険物の中で、最もよく出る危険物が「灯油」です。 本試験の問題は、基本的な論点ばかりなので、試験で出たら確実に点にしましょう。 最近の傾向‐Sランク 「灯油」で最も押さえておきたい論点は、「発火点が約220度」と「引火点は40度」です。 「灯油」は...続きを見る

2017年4月21日 8:58 AM

ジエチルアミン‐乙4性消ざっくりノート

「ジエチルアミン」は、乙4危険物の第1石油類:水溶性危険物に分類されていますが、ぶっちゃけ、そう出ません。 第1石油類の、水溶性危険物で問われるとしたら「アセトン」です。で、次に狙われるとしたら、「泡消火器」の論点がある「ピリジン」です。 当該「ジエチルアミン」は、本当にこれとい...続きを見る

2017年4月20日 10:32 AM

ピリジン‐乙4性消ざっくりノート

「ピリジン」は、乙4危険物の第1石油類:水溶性危険物に分類されていますが、ぶっちゃけ、そう出ません。 第1石油類の水溶性危険物で問われるとしたら、断然「アセトン」です。 んなもんで、「アセトン」が終わってから、「ピリジン」を見ていくとよいでしょう。 なお、お友達(同じ第1石油類:...続きを見る

2017年4月19日 10:28 AM

酢酸エチル(酢酸メチル)‐乙4性消ざっくりノート

乙4危険物の第1石油類:非水溶性危険物である「酢酸エチル」は、ぶっちゃけ、そう試験には出ません。 ポイントだけ押さえればよいので、ざっくりやって行きましょう。 時間がないなら、「最近の傾向」と「ド定番事項」だけ憶えておけばよいです。 なお、酢酸エチルのお友達に「酢酸メチル」がある...続きを見る

2017年4月18日 9:42 AM

アセトン‐乙4性消ざっくりノート

乙4危険物の第1石油類:水溶性危険物の中で、最もよく出るのが「アセトン」です。 第1石油類の、水溶性危険物で問われるとしたら「アセトン」です。 日常使いの危険物でもあるので、最優先で見ておきましょう。 逆を言うと、同じ「第1石油類:水溶性危険物」の「ピリジン」や「ジエチルアミン」...続きを見る

2017年4月17日 10:01 AM

トルエン‐乙4性消ざっくりノート

乙4危険物の第1石油類:非水溶性危険物の頻出が「トルエン」です。 毒性があり、用途が多岐に渡るため、本試験でよく問われています。 とはいえ、出るところは決まっているので、ポイントだけ押さえていきましょう。 最近の傾向‐Sランク 「トルエン」は、お友達の「ベンゼン」同様に、定番の出...続きを見る

2017年4月15日 1:35 PM





1 / 8123...最後 »