独学でススメ-読むだけで独学合格できるかもしれない、適当なヒントとTips

測定器(重要系)の写真判別の憶え方‐絶縁抵抗計・接地抵抗計・回路計:第2種電気工事士の筆記

まずは初めに結論を。一口で言うと。まとめ。要旨。

第2種電気工事士の筆記試験の「測定器」は頻出論点でありながら、問題の難易度は低いので、受験生にとっては“おいしい”ところです。以下、絶縁抵抗計・接地抵抗計・回路計の憶え方を述べてます。

測定器のうち、まず憶えなくてはならない3つは、『絶縁抵抗計(メガー)』と『接地抵抗計(アーステスタ)』と『回路計(テスタ)』で、まずはこれらの制覇から行います。

なぜ、この3つの測定器を優先するのかというと、当該測定器は、「電気工事業法」で業者に設置が義務付けられている測定器だからです。

この3つから憶えると、法令の勉強にもなるという塩梅で、一石二鳥です。

それぞれの測定器の写真判別のポイントは、以下の通りです。

絶縁抵抗計(メガー)はMΩ

絶縁抵抗計(メガー)は、別称「メガー」というだけあって、『』という表記が為されています。

で、抵抗計なので、抵抗ではおなじみの「Ω」が業記されています。

筆記試験の写真は小さいですが、当該『』の文字は大きくて目立ちます。ここで、絶縁抵抗計であると、判別します。

測定器の写真判別が出題されたら、まずは、『MΩ』の有無をチェックすればいい、という寸法です。

接地抵抗計(アーステスタ)

接地抵抗計(アーステスタ)の判別は簡単です。

まず、3つのコードがあるとこで、即判別できます。

また、接地抵抗計(アーステスタ)には、「E(アース)」と「P(ポテンシャル)」と「C(カレント)」という端子が表示されています。

3つも表示されているのは、当該接地抵抗計くらいしかないので、「なにかしらが3つあれば、接地抵抗計」ってな感じで判別する、といった手合いです。

まあ、言ってしまうと、当該接地抵抗計(アーステスタ)は、非常に外見がわかりやすいので、写真判別にはあまり採用されない“きらい”があります。

接地抵抗計は、写真判別以上に、その使い方や機能が出題されるように思われます。

先に述べた、「E」や「P」や「C」の意味や、電極の挿し方等を、必ずテキストで確認しておいてください。

回路計(テスタ)は切り替えダイヤル

回路計(テスタ)の判別は、「AC」と「DC」という文字の有無と、切り替えダイヤルとで判別します。

回路計(テスタ)は、電圧や電流、抵抗を測定する計器なので、当然、「AC」と「DC」の切り替えがあって然るべき、という塩梅です。

写真鑑別の写真は例年小さいので見難いですが、上記のポイントで、何とか判別できるように思います。

なお、電気ド素人は、試験勉強中、アレ、ACって直流だっけ?ってな感じで、ACとDCがごっちゃになる傾向があります。

こういう、うっかりさんは、「電気初学者に起きる「ACとDCのごっちゃ」の対処法」をば、参考ください。

測定器のカンタンなお勉強

優先順位の高い3つの測定器をまず見てきました。

まあ、ぶっちゃけ言うと、本雑文ではあまりピンと来ないでしょう。

で、最も簡単なお勉強について、言及しておきます。

それは、「ホームセンターで実物」です。

百聞は一見に如かずで、測定器は、実物を目で見て触れば、すぐに憶えられます。わたしはこの線です。

日用品の購入などでホームセンターに行った際に、おそらくは店の隅っこの方にある、測定器のコーナーに行ってみて、実物に触れてみてください。

おそらく、テキストでお馴染みのアナログのものに加えて、デジタルの測定器もあって、飽きません。

テキストを見てブツブツ唱えるよりも、「ホームセンターで実物」の方が100倍早くて楽なので、ぜひ、ホームセンターに見に行って、ついでにティッシュや洗剤といった消耗品を補充するとよいでしょう。

以上、絶縁抵抗計・接地抵抗計・回路計の憶え方でした。

なお、勉強方法等は「第2種電気工事士の独学」を…、

独学向け教材については、「筆記試験の教材」と「技能試験の教材」をばお目汚しください。

みんなとシェアする