独学でススメ-読むだけで独学合格できるかもしれない、適当なヒントとTips

高齢者と乳児・幼児・小児の年齢の憶え方‐登録販売者

まずは初めに結論を。一口で言うと。まとめ。要旨。

登録販売者試験で、地味に出題されるのが、「高齢者」と「乳児・幼児・小児」の年齢区分の数字。数字を憶えるだけで選択肢を判別できるので、キッチリ押さえておく。適当かつ強引な憶え方を見ていく。

今では、選択肢の1つくらいにしか出ませんが、以前は、1問丸ごとで出たことのある、『年齢区分』です。

過去問等では、何気に目にするので、「高齢者」と「乳児・幼児・小児」の各数字をキッチリ憶えてしまってください。

高齢者

「高齢者」は、「65歳以上」の者をいいます。

くだらない憶え方ですが、「老後の65」と憶えます。

いうまでもなく、「6」は「ろく」で、「老後のろ」に当たります。

「5」はそのままで、「老後のご」に該当します。

こんな次第で、「65」を「老後」として覚えるってな塩梅です。

乳児・幼児・小児

乳児・幼児・小児の年齢区分ですが、

乳児は、1歳未満で…、

幼児は、7歳未満で…、

小児は、15歳未満となっています。

それぞれ、「1」「7」「15」の数字を憶えないといけないわけですが、くだらない憶え方は、以下のとおりです。

“1”年生に、“な”ったら、“行こ”う

“1”のところは、説明は無用でしょう。そのまま、乳児の「1歳未満」の「1」です。

“な”も、おわかりでしょう。「7」は「ななつ」と読めるので、幼児の「7歳未満」に当たります。

“行こ”ですが、これは「いこ」で、「い」は「1」の「いち」で、「こ」は「5」の「ご」から濁点を取ったもので、合わせて「い・こ=1・5」となり、小児の「15歳未満」に該当します。

こんな次第で、「1年生に、なったら、行こう」で、乳児・幼児・小児の年齢区分を覚える寸法です。

未満と以上に注意

試験にはまず出ないでしょうが、国語の問題として、出る可能性はあります。

未満と以上の使い分けには、少しばかり注意が必要です。

「高齢者」は、「65歳以上」の者です。「以上」なので、「65歳」の人は高齢者です。

乳児は、1歳未満です。

「未満」なので、1歳児は乳児ではありません。よって、「0歳児」が乳児です。

幼児は、7歳未満です。

「未満」なので、7歳児は幼児ではありません。よって、「1~6歳児」が幼児です。

小児は、15歳未満となっています。

「未満」なので、15歳児は小児ではありません。よって、「7~14歳児」が小児です。

たとえば、「7歳児は、幼児である」などという出題が予想されるので、未満と以上の使い分けでアレレとなった人は、正確に押えておきましょう。

参考:「以下」「以上」「未満」「超える」

みんなとシェアする