独学でススメ-読むだけで独学合格できるかもしれない、適当なヒントとTips

プロピオン酸‐乙4性消ざっくりノート

まずは初めに結論を。一口で言うと。まとめ。要旨。

乙4危険物「プロピオン酸」のポイントを重要度別にランク分け列挙。独学者向け。プロピオン酸は言うほど出ないが、性質はお友達の「酢さん」「アクリルさん」と共通するものが多いので、いっしょに憶えると効率的。「最近の傾向」「ド定番事項」「定番論点」とをまとめたので、通勤・通学時の復習に最適。横断まとめへのリンクも。

「プロピオン酸」は、乙4危険物の第2石油類:水溶性危険物に分類される危険物です。

あまり試験では出ないので、参考程度に押えておきましょう。

ぶっちゃけ言うと、当該「プロピオン酸」に一生懸命になるくらいなら、お友達の「酢酸(氷酢酸)」に尽力すべきです。

ポイントだけ憶えましょう。

最近の傾向‐Sランク

先述したように、「プロピオン酸」は、あまり試験に出ません。

んなもんで、最近の傾向というものもないです。

ぶっちゃけ、「プロピオン酸」という危険物が存在し、その危険物は、「第2石油類」の「水溶性危険物」だと、知っていればいいでしょう。

ド定番‐Aランク

「プロピオン酸」で、第1に憶えておきたいことは、「刺激臭・有毒・有害が共通している」です。

「プロピオン酸」がカテゴライズされる「第2石油類の水溶性危険物」は、共通する性質が多いのです。

「第2石油類の水溶性危険物」は、本ページの「プロピオン酸」に、「酢酸」と「アクリル酸」の3つがあります。

これら3つの危険物に共通するのは…、

有臭:刺激臭がある

有害:腐食性が強い

有毒:蒸気を吸うと、粘膜が炎症

有毒:皮膚に触れると火傷

…となっています。

ですから、「第2石油類の水溶性危険物」は、「刺激臭があって、有害・有毒」とまとめて憶えればよい、といった次第です。

当該「プロピオン酸は、第2石油類の水溶性で、ぜんぶ有臭・有害・有毒」と憶えておくと、かなり選択肢を判別できるはずです。

水に溶けるし、有機溶剤にも解ける

「プロピオン酸」は、何回も言っていますが、「第2石油類の“水溶性”危険物」です。ですから、水に溶けます。

また、「プロピオン酸」は、有機溶剤系に溶けます。ちなみに、乙4危険物のほとんどは「有機溶剤系」に溶けます。

「水」については、第2石油類の分類を、「有機溶剤系」については、「乙4は大半が溶ける」と憶えておけば、判別できるはずです。

まとめ

「プロピオン酸」で試験に出るのは、ざっとこのくらいです。

他に出るとしても、乙4危険物に共通する性質、たとえば、「冷暗所で貯蔵」とか「蒸気は空気より重い」とかで、少し頭を捻れば解答できるはずです。

そう難しい問題は出ないので、過去問をキッチリ仕上げて、「1点」を確保しましょう。

なお、勉強方法等は、「乙種4類の独学」を…、

独学向け教材については、「乙4のテキスト・問題集」をば、お目汚しください。

また、危険物取扱者について、適当かつ曖昧なことを、たとえば、「乙4合格後に取る資格」などを、ブログにまとめています。「危険物取扱者:ブログ記事」をばお目汚しください。

みんなとシェアする