資格こもごも・カテゴリ

手形の割引‐簿記3級仕訳

手形の割引は、仕訳問題で頻出です。 狙われる理由は、「手形の割引は、実務上重要な取引なのだが、受験生はよく知らないから」です。 受験生の大半は、おおむね1個人ですので、手形など見たことがないというのが大半です。 しかし、手形の割引は、実務上、メジャーな決済手段となっています。 出...続きを見る

2016年10月4日 4:04 PM

固定資産の期中売却‐簿記3級仕訳

固定資産の期中売却は、仕訳問題で頻出です。 狙われる理由は、「減価償却が絡んでくるため、計算が複雑になるから」です。 先によくある仕訳を挙げておくと…、 「×18年の4月に購入した機械(取得原価1,000,000円、残存価額10%、耐用年数10年、定額法)を、×23年の10月31...続きを見る

2016年10月3日 2:03 PM

「にしむくさむらい‐西向く侍」で日数計算

結論から言うと、「にしむくさむらい‐西向く侍」という語呂を覚えておくと、日数の計算が正確になる、といった次第です。 日割計算は、多くの試験で出題されます。 たとえば、簿記試験の端数利息などです。 よくある形式としては、「4月1日から6月12日までは、何日あるか?」といった手合いで...続きを見る

2016年10月2日 12:45 PM

当座借越‐簿記3級仕訳

当座借越(とうざかりこし)の論点は、仕訳問題で頻出です。 狙われる理由は、「多くの受験生が、当座借越に疎いから」です。 まず、「当座借越」をざっくり言うと、わたしたちの「総合口座(普通預金と定期預金)」の関係です。 銀行口座で「定期預金」をしていると、当該預金の金額だけ、お金を「...続きを見る

2016年10月1日 1:54 PM

消防設備士 甲種の受験資格で手っ取り早いのは「2級か3級の陸上特殊無線技士」か「第2種電気工事士」

端的に結論を言うと、消防設備士の甲種の受験資格を、手っ取り早く得るのなら、「2級か3級の陸上特殊無線技士」か「第2種電気工事士」を取る、といった手合いです。 消防設備士 甲種の受験資格には、いろいろあります。 ざっと言うと、資格系・学歴系・実務経験系なのですが、どれも「そこそこ厳...続きを見る

2016年9月29日 11:48 AM

その他有価証券の「その他有価証券評価差額金」は、税金と絡めて‐簿記2級ノート

「その他有価証券」を時価評価した際の損益は、「その他有価証券評価差額金」という、長ったらしい、まさに、犬も食わない会計学を体現した勘定科目で処理されます。 こうした処理をするのは、その他有価証券には、「税金」の問題もあるからです。 たとえば、「その他有価証券評価益」や「その他有価...続きを見る

2016年9月26日 4:02 PM

その他有価証券の時価評価と洗換法は、「ベンチャー株だから」‐簿記2級ノート

「その他有価証券のイメージは「ベンチャー株」」でも述べましたが、「その他有価証券」とは、おおむね「ベンチャー株」と捉えておくと理解が早まります。 で、その他有価証券の論点である「時価評価」と「洗換法」も、「ベンチャー株だから」と考えると、整理がつきます。 危ないから、時価 「その...続きを見る

2016年9月24日 11:50 AM

その他有価証券のイメージは「ベンチャー株」‐簿記2級ノート

いまいちイメージのつかめない「その他有価証券」ですが、間違いを恐れずに言うと、「ベンチャー株≒その他有価証券」と考えておくと、その一連の処理が憶えやすくなります。 言うなれば、学生時代の友人が会社を立ち上げた、この際に、“少し”出資してくれといわれ、対価として受け取った「株」が、...続きを見る

2016年9月23日 11:28 AM

子会社株式と関連会社株式は「%」まで狙われる‐簿記2級ノート

子会社株式と関連会社株式の論点の第一は、「どういう株式が、それに当たるかどうか」です。 問題の資料には、おおむね、取得した株式の「発行済み株式総数」が記されているはずです。 その際に、自社の取得割合を計算して、判別する、ってなところが頻出論点です。 発行済み株式総数の「50%超」...続きを見る

2016年9月22日 10:56 AM

危険物取扱者 乙種4類と丙種の違い‐はじめての危険物試験

まず、漢字をアレすると、「甲>乙>丙」という評価の順位です。松竹梅、ABCみたいなもんです。 で、端的に言うと、乙4は丙種の完全上位の資格で、丙種は乙種4類の完全下位です。 言うなれば、「乙4の制限版」が「丙種」です。 個人的には、よほどの理由がないのなら、丙種よりも乙4の受験の...続きを見る

2016年9月21日 10:45 AM





22 / 37« 先頭...10...2021222324...30...最後 »