資格こもごも・カテゴリ

管理業務主任者は、教材選択が一番難しい

はじめて法律的な勉強をする人や、はじめて資格の勉強する人への、管理業務主任者の注意点を述べます。 管理業務主任者の独学で、第1に知っておくべきことは、「教材の選択が一番難しい」ということです。 「管理業務主任者には、法律初学者向けの教材が少ない」ことが、まず、挙げられます。 この...続きを見る

2015年4月22日 10:44 AM

FP技能士ほど、受験生に大差のある資格もない

FP技能士は、けっこう錯綜した試験です。 FP技能士は、「カンタン」という評価が定説ですが、それはおそらく、宅建などの有資格者の発言だと考えられます。 FP技能士は、受験生の“バックグラウンド”で、勉強量や難易度が“極端に変わる”試験となっていることを、頭の片隅においておきましょ...続きを見る

2015年4月20日 11:16 AM

『業際』という士業の壁-FP技能士の試験勉強が「広く浅く薄く」になる理由

3級でもそうですし、2級でも、そして、1級ですら、FP技能士の試験勉強は、「広く浅く薄く」が原則です。 反対を言えば、「深くやってはいけないし、専門的にやっても仕方ないし、手厚くやっても甲斐がない」という次第です。 「業際」が存在するからです。 FP技能士にできることは、1級2級...続きを見る

2015年4月20日 11:04 AM

乙4の公式の過去問「過去に出題された問題」は、当てにならない。

結論から言うと、『試験実施団体の消防試験研究センターが、HPで公開している「過去に出題された問題」を、本試験のレベルだと思っていると、手痛い目に遭う』という次第です。 まず、受験生が知っておくべきは、「危険物取扱者試験に、完全な過去問はない」という点です。 危険物取扱者試験では、...続きを見る

2015年3月9日 11:56 AM

第2種電気工事士の下期試験に、とりあえずでもいいので、申し込んでおく

何か資格を取ろうと思っている人で、本ページを読んでいる時期が、1月から6月の間なら、幸運です。 反対に、7月から12月の間に、本ページを読んでいるなら、残念でしたという次第です。 1月から6月なら、第2種電気工事士の申し込みができるからで、対して、7月~12月なら、受験申込期間を...続きを見る

2015年3月5日 8:29 AM

乙4の受け方は、午前・午後の2回受験(併願受験)

結論から言うと、危険物取扱者の乙種4類は、午前と午後の2回、受験するのがよい、という次第です。 まず、大前提として、「乙4は落ちる」ということです。 乙4は年々難化傾向にあり、以前のような試験ではないということを、しっかりと頭に叩き込んでおくべきです。 わたし自身は、1回で受かっ...続きを見る

2015年2月17日 11:52 AM

消防設備士の講習受講義務

結論から言うと、講習受講義務違反のみで、消防設備士の免状が失効することはない、という次第です。 消防設備士の免状を発行すると、それだけで、初回は2年か3年に一度、それ以降は5年に一度、講習を受けなくてはいけません。 講習受講義務は、消防や防災の仕事に就いていようがいまいが、課せら...続きを見る

2015年2月11日 7:11 PM

消防設備士甲種の受験資格の「無線従事者」に、第3級以下の陸上特殊無線技士も含まれる

結論から言うと、「第3級陸上特殊無線技士」及び「第1級陸上特殊無線技士」「第2級陸上特殊無線技士」は、消防設備士甲種の受験資格となる、という次第です。 このことは、わたしが電話で、大阪の消防試験研究センターで確認したので、確かです。 「受けられます」といわれました。大阪でそうなの...続きを見る

2015年2月11日 1:04 PM

危険物取扱者や消防設備士を他府県受験するときの願書と封筒

消防設備士と危険物取扱者は、他府県受験が可能です。 つまり、受験は、居住区分に関係なくできる、のであります。 大阪府在住のわたしですが、日時の関係から、消防設備士は、京都府で受験しました。 で、他府県の場合、願書をどうしたらよいかが、まず、問題となります。 郵便で請求できますが、...続きを見る

2015年2月11日 12:44 PM

危険物取扱者や消防設備士の試験傾向‐キーは「消防試験研究センター」

危険物取扱者や消防設備士の試験実施団体「消防試験研究センター」の試験傾向に関する雑文です。 結論から言うと、「市販の教材ではどうにも解けない問題が出るので、解ける問題は確実に解けるようになっておく」ように、受験予定の方にアドバイスする次第です。 以下は、危険物取扱者の丙種、乙種の...続きを見る

2015年2月11日 12:34 PM