資格こもごも・カテゴリ

漏電遮断器省略の憶え方‐兄さん選考漏れ:第2種電気工事士の筆記

本当に、こういう憶え方はいけないのですが、勉強時間の足りない方は、「漏電遮断機が省略できる場合」を、以下の語呂合わせで憶えてください。試験に必要なことは全て詰まっています。 『乾燥イチゴを摘む兄さん、選考漏れ』 …クダラナイ解説に入る前に、正しい記述を述べておきます。 漏電遮断器...続きを見る

2016年4月14日 3:49 PM

普通じゃない二酸化炭素消火器とハロン1301消火器-消防設備士:乙6の勉強

脱力語呂合わせです。消防設備士:乙種6類(乙6)の、二酸化炭素消火器とハロゲン化物消火器の構造・機能の勉強のコツです。 本当に暇なときや配偶者と目を合わせたくないときに、お目汚しください。 二酸化炭素消火器とハロン1301消火器の適応火災は一緒です。 油火災と電気火災に適応してい...続きを見る

2016年4月12日 10:53 AM

消火器と書くときは『けす・ひ・うつわ』-消防設備士:乙6の勉強

消防設備士:乙6の実技試験では、消火器の名称を「漢字」で書かなくてはいけません。 重要なことを言いますが、本試験は言うまでもなく、実技の問題演習の際でも、「消火器」と書く際は、必ず『けす・ひ・うつわ』と思い浮かべながら、解答します。 ピンと来ている人が多いと思いますが、『けす・ひ...続きを見る

2016年4月8日 11:34 AM

泡消火器は「感電して泡吹いた」-消防設備士:乙6の勉強

泡消火器(機械泡・化学泡)の適応火災は、ご存知のように、普通火災と油火災のみです。 つまり、「電気火災」には適応していません。 理由は、「感電してしまう」からで、泡を伝って電気が流れてくるため危ない、という次第です。 手前味噌ながら、当該論点を一瞬一発で憶えられる語呂を紹介します...続きを見る

2016年4月8日 11:30 AM

棚卸減耗費?棚卸減耗損?-勘定科目の微妙な違いに不安になったら許容勘定科目表

“本試験が近づくと不安になる”のが、勘定科目の表記です。 試験勉強の中盤になると、出版社の異なる教材に手を付けることが多くなります。 違う出版社の教材を使う際に遭遇するのが、勘定科目の“絶妙な違い”です。 たとえば、タイトルにありますように、棚卸減耗“費”は、棚卸減耗“損”でも表...続きを見る

2016年3月31日 10:41 AM

特定電気用品と特定電気用品以外の電気用品の区別と、おまけのPSE:第2種電気工事士の筆記・法令-電気用品安全法

結論から言うと、「電気用品安全法」は、捨てます。 理由はめんどくさいからです。 特定電気用品と、特定電気用品以外の電気用品は、実に数が多く、しかも、名称に漢字が多用されているので、難論点となっています。目を通すのでさえ、一苦労です。 さらに、本試験では、『何が、特定電気用品に当た...続きを見る

2016年3月23日 10:16 AM

「カカロット」で対地電圧300V以下にできる住宅の屋内電路の規定を憶える:第2種電気工事士の筆記・法令-電気設備技術基準

「電気設備技術基準」の中で、そして、筆記の法令の中で、突出した出題率を誇るのが、本規定です。 当該規定が狙われるのは、本規定が「例外」にあたるからです。 原則は、「150V以下」です。 テキストにあるように、「住宅の屋内電路の対地電圧は、150V以下」にしなくてはいけないのです。...続きを見る

2016年3月21日 9:42 AM

電圧種別:第2種電気工事士の筆記・法令-電気設備技術基準

第2種電気工事士の筆記で、「電気設備技術基準」が出ないことはありません。 とりわけ頻出事項なのが、「電圧種別」です。 結論から言うと、「6・7・5」が憶え方のコツです。 「6・7・5」という数字の順番が大事なので、「6・7・5」のまま頭に入れます。 さまぁ~ずの三村風に、「6、7...続きを見る

2016年3月18日 9:50 AM

第2種電気工事士ではできない電気工作物の工事:第2種電気工事士の筆記・法令-電気工事士法

「第2種電気工事士ではできない電気工作物の工事」は、結構、手を焼く論点です。 しかし、出るところは決まっており、深追いしても無駄になるだけです。 ポイントだけつかんで、後は放置しましょう。 自家用電気工作物はダメ いの一の憶えるべきは、「第2種電気工事士は、自家用電気工作物の工事...続きを見る

2016年3月17日 9:23 AM

電気工事士でなくてもできる軽微な作業の憶え方のコツ3-「600V以下」:第2種電気工事士の筆記・法令-電気工事士法

結論から言うと、選択肢に「600V以下うんぬん」とあれば、「軽微作業」だと『仮』判別します。 「電気工事士でなくてもできる軽微な作業」には、「600V以下のホニャララ…」といったように、「600V以下」という文言が付された作業が多いです。 たとえば…、 「電圧600V以下で使用す...続きを見る

2016年3月16日 9:35 AM