独学でススメ-読むだけで独学合格できるかもしれない、適当なヒントとTips

電気工事士でなくてもできる軽微な作業の憶え方のコツ3-「600V以下」:第2種電気工事士の筆記・法令-電気工事士法

まずは初めに結論を。一口で言うと。まとめ。要旨。

第2種電気工事士の筆記試験の法令科目「電気工事士法」の「電気工事士でなくてもできる軽微な作業」は、最頻出問題です。確実に点を取りたい当該単元には、憶え方にコツがあります。本ページでは、「600V以下」をキーにその要領を述べていきます。

結論から言うと、選択肢に「600V以下うんぬん」とあれば、「軽微作業」だと『仮』判別します。

「電気工事士でなくてもできる軽微な作業」には、「600V以下のホニャララ…」といったように、「600V以下」という文言が付された作業が多いです。

たとえば…、

電圧600V以下で使用する差込接続器、ねじ込み接続器、ソケット、ローゼット、その他の接続器、または、電圧600V以下で使用するナイフスイッチ、カットアウトスイッチ、スナップスイッチその他の開閉器にコード又はキャブタイヤケーブルを接続する作業」とか…、

電圧600V以下で使用する電気機器(配線器具を除く)または電圧600V以下で使用する蓄電池の端子に電線(コード、キャブタイヤケーブル及びケーブルを含む)をねじ止めする作業」とか…、

電圧600V以下で使用する電力量計若しくは電流制限機またはヒューズを取り付け、または、取り外す工事」です。

だから、選択肢に、「600V以下うんぬん」とあれば、「軽微作業」と『仮』に判別する、という塩梅です。ぬるい選択肢であれば、合うはずです。

なぜ、『仮』なのか。

正直なことを言うと、このコツは推奨できません。

なぜかと言うと、出題者に当該コツが知れ渡ると、「600V以下」の文言以降を、差し替えてきそうだからです。

そう、「600V以下」のあとに、独占業務を入れて、受験生を引っかけてきそうなのです。

以下はわたしが適当に考えた、架空の選択肢ですが…、

「600V以下の電気機器の電線相互を接続する作業」

…などが、引っかけ選択肢として考えられます。

「電線相互を接続する作業」は、電気工事士の独占業務です。

ですから、「600V以下云々」に飛びつくと、「×」になるという塩梅です。

当該コツは、非常に信頼性が低いので、時間がなくて勉強できなかった人の、最終手段くらいに使ってください。

言うまでもなく、まじめにテキストに目を通しておくのが一番です。

また、当該規定には、注意事項がもう1つあります。

「接地線」がらみです。

接地線は、絶対に憶える

「600V以下うんぬん」判別は、接地線が絡んでくると、慎重に判断しないといけません。

以下の事柄を、しっかり区分して、頭に入れてください。

軽微な作業に当たるのは、「600V以下の電気機器に接地線を取り付ける作業」です。

忘れてはいけないのは…、

「600V超の電気機器に接地線を取り付け(取り外し)作業や、接地極を地面に埋設する作業」は、電気工事士の独占業務であるという点です。

600V“超”の接地線作業は、独占業務です。

「以下」か「超」かで、軽微作業か独占業務かに分かれるので、注意が必要です。

加えて、当該規定は、「言葉の使い分け」も含んでいるので、さらに注意です。

たとえば、600ボルトの洗濯機に接地線を取り付けるのは、素人でもできます。「以下」だからです。

しかし、少し捻られた出題になると、たとえば、「600ボルトの洗濯機に接地線を取り付けるのは、電気工事士でなければならない」などと出されると、アレレ?となりかねません。

答えは「×」です。

電気工事士の独占業務となるには、「600V超」でなくてはいけないからで、601V~の電気機器が、電気工事士の出番です。

「以下」か「超」の使い方は何気に混乱するので、「法律用語のコツ:以下・以上・未満・超える」で、確認しておいてください。

まとめ

当該軽微作業の単元は、突っ込もうと思えば、いくらでも問題ができてしまいます。

少しでも、法律をかじった人なら、「こういう出され方もあるよね」的に考えがちですが、1つだけ注意喚起をしておきます。

法律の深みに入ってはいけません。

電気工事士は、電気工事の欠陥をなくすことが彼らの最大の目的であり、法律の文面をうじうじするのは、その職責にありません。

ざっと、過去問を解いて頻出事項を押さえ、テキストを読み返すだけで、十分です。

なお、勉強方法等は「第2種電気工事士の独学」を…、

独学向け教材については、「筆記試験の教材」と「技能試験の教材」をばお目汚しください。

みんなとシェアする