独学でススメ-読むだけで独学合格できるかもしれない、適当なヒントとTips

令和2年度(2020年度)福岡県 登録販売者試験の総評

令和2年度(2020年度)に行われた福岡県の登録販売者試験ですが、一口で言うと、「非常にオーソドックスだった」です。

参考:令和2年度 福岡県 登録販売者試験

直近2~3年の過去問を解いて、傾向の変化を掴んでいれば、当該年度では、穏当に合格点が取れたはずです。

とはいえ、注意すべき傾向変化もあります。

それは、「医薬品」での「漢方処方製剤・生薬の出題の増加」です。

先年と比べて、漢方処方製剤・生薬の問題が増加しています。

まあ、当該傾向変化は、「福岡県」に限らず、他の県でも同様です。

かつてのように、「漢方処方製剤」や「生薬」は、「捨て問」にできないので、注意してください。

他の科目の「基本知識」や「人体」、「適正使用」や「法規」ですが、これらは、ほぼ例年通りです。

テキストと過去問題集、PDF過去問を、キッチリと仕上げた人なら、十分な余裕を持って、合格圏に入れたと思います。

総論まとめ

当該年度の試験問題ですが、なかには、突飛な出題もありました。

たとえば、「第3問」です。

一見して解きようのない「難問」ですが、こういうのは、無視してもいいでしょう。

基本的に、試験問題の大半は、テキスト記載事項で、定番問題・頻出問題がほとんどです。

難問以外の「できなかった問題・間違った問題」は、何回も繰り返して、確実に取れるようにしておきましょう。

本年度も、難問や傾向変化はあれど、「テキストを『3回』精読する。キーワードを憶える。過去問を『3回』解く。」という、すべての受験生がやっていることを、まじめにやっていけば、合格できるはずです。

んでは、以下、科目別に、傾向を述べていきます。

各論:基本知識

第1問~第20問の計「20問」の「医薬品に共通する特性と基本的な知識」ですが、令和2年度も安定した出題です。

先に述べましたが、「第3問」に、ガチの難問が出題されました。

しかし、「福岡県」では、例年、こうした“誰も解けない問題”が数問出ます。

(今回は、こいつが難問枠かー)程度に捉えて、深追いしないようにしましょう。

こうした「難問」が取れなくても、十分に、合格点を取れます。

さて、昨年度試験でも見られたのですが、「薬害訴訟」の問題数が減っています。

これは、全国的な傾向でして、他の県でも、同様に「薬害訴訟」の問題が減っています。

しかしながら、「薬害」の論点は、実に重要です。よって、傾向が元に戻って、出題数が増える可能性を捨て切れないのです。

傾向が完全に固まるまでは、「薬害訴訟」の論点は、細かいところまで押えておきましょう。

「基本知識」での注意点は、以上です。

各論:人体

第21問~第40問の計「20問」の「人体の働きと医薬品」ですが、令和2年度は、オーソドックスな出題でした。

敢えて傾向を言うと、「逆の問題が凄くたくさん出題される」です。

登録販売者試験でよくある問題として、「逆」の問題があります。

テキストの記述を、意図的に「逆」にした問題で、たとえば、「上」が「下」に、「左」が「右」に、「短い」が「長い」に、「太い」が「細い」に、変えられた問題です。

当該年度では、とりわけ、この種の「逆」の問題を目にしました。

そこかしこの選択肢に、当該「逆」の問題を目にするはずです。

また、「人体」で目立つのが、「似た語句入れ替え問題」です。

たとえば、正しくは「“延”髄」なところを、「“脊”髄」などにしてくる問題です。

こうした問題は、意外に、コロッとひっかかるので、「人体」のテキストは、他の科目よりも、一層注意深く、精読してください。

次に、「副作用」ですが、昨年と同じく、すべての副作用が満遍なく出題されています。

「副作用」は、テキストの「すべてが出る」と仮定して、1つも端折ることなく、押えて行きましょう。

「人体」の注意事項は、以上です。

各論:適正使用

第41問~第60問の計「20問」の「医薬品の適正使用・安全対策」ですが、例年通りといった次第です。

懸念事項の「医薬品的な問題」は、「4問」で…、

41問

43問

46問

57問

…といった塩梅です。

昨年の試験でも、「4問」だったので、例年通りと言えます。

とはいえ、安心はできません。

「東京都」や「関西広域連合」では、当該「医薬品的な問題」がガチで「定番化」しており、例年「6~8問」の出題が想定されています。

「福岡県」も、この傾向に進む可能性を捨て切れません。

当該「医薬品的な問題」は、きちんとその対策を取ってないと、点数的にかなり厳しくなります。

「福岡県」においても、いつ、「医薬品的な問題」の出題が増加しても大丈夫なように、対策しておくべきです。

対策ページは、「適正使用対策」なので、時間を見ては、1つ1つを押えて行きましょう。

また、「企業からの副作用等の報告制度」の問題が出てくるようになっています。

第54問」なのですが、当該論点は、他の県でも「定番化」しているので、対策を取っておきましょう。

各論:医薬品

第61問~第100問の計「40問」の「主な医薬品とその作用」ですが、漢方処方製剤と生薬の出題が増加しています。

かつては、「捨て問」にできた両者ですが、もはや、ふつうに勉強しないといけない論点と化しています。

両者を「捨て問」にすると、点数的に、実に厳しくなります。

早め早めに手を付けて、対策を取って行きましょう。

参考:漢方処方製剤対策

参考:生薬の独学

また、傾向として、以前のような「名称‐成分名」ばかりの問題ではなくなってきています。

使用上の注意」や「症状の定義」、「受診勧奨」や「数字」がビシバシ問われています。

また、これまでにあまり出なかった「マイナー成分」も、ふつうに出題されています。

たとえば、「第98問」の選択肢1の「ポリオキシエチレンアルキルフェニルエーテル」などです。

(ナンノコッチャ?)にならないよう、テキストのすべてを精読しておきましょう。

(なお、先のポリオキシうんぬんは、クレゾール石鹸液と同じ効能のあるものです。)

最後に、特記事項として、珍しい「外用‐内服」の当否が問われました。

第91問」なのですが、当該「外用‐内服」が問われるのは、とても珍しいです。

再度出題されそうなので、テキストの精読の際は、「外用‐内服」に注意しておきましょう。

各論:法令

第101問~第120問の計「20問」の「薬事関係法規・制度」ですが、令和2年度年では、到って「ふつう」です。

難問・奇問の目立つ「法規」ですが、当該年度は、オーソドックスな問題が多かったです。

難問率の高い条文問題も、ふつうの「択一式」で、問題なかったはずです。

とはいえ、「法規」は、「難問地帯」なので、油断せず、PDF過去問の難問に当たっておきましょう。

たとえば、昨年の「109問:生物由来製品」や「「120問:監督処分」です。

まあ、ヘンテコリンナ問題もありますが、穏当に、点は取れたはずです。

令和2年度年度(2020年度)の福岡県 登録販売者試験は、ざっと斯くの如しです。

勉強方法や独学の進め方などは、「登録販売者の独学」を一読ください。

登録販売者の漢方処方製剤の「効能」について

一概には言えないし、そうでないケースが多々あるのも、重々承知ですが、「漢方処方製剤対策」の1つとして、見ておいてください。

まずもって、「漢方処方製剤のそれぞれの効能が、ガチで問われることは、“ほとんどない”」と、認識しておきましょう。

選択肢にて、効能がつらつらと述べられた設問というのは、おおむね、「○(正解・正しい)」となる可能性が高いです。

たとえば…、

…といった選択肢で、似たものには…、

…があります。

当該選択肢ですが、2つとも、「○」となっています。

上記画像の選択肢のように、(何これ?そんな細かい効能まで憶えてないよ)的な出題があった場合、「とりあえず○」として、最終解答をするのが『一手』となっています。

つまり、わからないけど、取り合えず「○」を仮定して、最終解答を選ぶ、ってな次第です。

漢方処方製剤の問題のすべてに当てはまるわけではありませんが、通用することが少なくないです。

受験予定の県のPDF過去問を検討してみて、上記のような傾向が見られるなら、「効能がツラツラ述べられた選択肢は、○なことが多い」を、採用してみてください。

以下、具体例を見てみましょう。

ほぼ、出題されないだろう問題の具体例

まず出ないだろう問題の具体例を、「茵蔯蒿湯」を元に見ていきましょう。

憶えなくていいですが、手引きの記載です。

『茵蔯蒿湯・・・体力中等度以上で口渇があり、尿量少なく、便秘するものの蕁麻疹、口内炎、湿疹・皮膚炎、皮膚のかゆみに適すとされる。』

効能の1~2つがなくなっている

たとえば、下のような、効能の1~2つがなくなっている問題は、出ないと思われます。

問い『茵蔯蒿湯は、(…略…)口内炎、湿疹・皮膚炎に適すとされる。』

答え『×』

理由『茵蔯蒿湯は、“蕁麻疹”、“皮膚のかゆみ”にも効くので、誤り。』

…ってな塩梅です。

こうした、効能書きの1~2つが意図的に“抜けた”問題は、そう出ないと思われます。

まあ、今後の傾向変化によって、出る可能性はありますが、正直、ここまでやってられないので、出たとしても、「捨て問」です。

到底、追いきれません。よほど余裕がない限り、諦めましょう。

また、こういう「効能抜け」の問題が出ないのは、一応、正しいため、出題ミス扱いになりかねません。

先の例題ですが、「誤り」となってはいますが、文言そのものは、間違ってはいないのです。

「茵蔯蒿湯」は、口内炎、湿疹・皮膚炎に効くことは効くので、間違いではないのです。

このあたり、慎重な出題者なら、出題ミスと捉えかねない問題は作り難いし、出し難いと思われます。

こうした点からも、こうした「効能抜け」の出題は“ない”と、踏んでいていいかと思います。

効かないものがある・余計なものがある

たとえば、下のような、効かないものがある・余計なものがある問題は、出ないと思われます。

問い『茵蔯蒿湯は、(…略…)蕁麻疹、口内炎、湿疹・皮膚炎、皮膚のかゆみ、“痔の痛み”に適すとされる。』

答え『×』

理由『茵蔯蒿湯は、“痔の痛み”には効かないので、誤り。』

…ってな塩梅です。

効かない・関係のない効能を挿入する問題は、これまた、出題可能性はありますが、先と同様に、正直、ここまでやってられないので、「捨て問」としましょう。

まとめ

漢方処方製剤が「捨て問」の筆頭だったのは、論点があまりに多岐に渡り、また、憶えることがあまりに多数だったからです。

ただでさえ憶えることの多い登録販売者試験です。

とてもじゃないが、やってられないところは、捨てましょう。

漢方処方製剤の「効能」は、他の主要論点が済んでから、着手する方が賢明かと思います。

それまでは、その漢方処方製剤が何の薬なのか、たとえば、「小建中湯」なら、「疳の薬」だと、認識できていれば、何とかなるように思います。

登録販売者試験の「ブラフ(はったり)」のまとめ‐保管期限・消費期限

登録販売者試験ですが、「難化」に伴い、受験生を惑わす「ブラフ(はったり)」の選択肢が登場しています。

本ページでチェックするほか、テキストの精読をキッチリ行ってください。

テキストさえ、きちんと読んでいれば、ブラフの選択肢は、(こんなん、テキストにあったか~?)で、判断できます。

保管期限

関西広域連合 R2 第14問」の選択肢bに、「保管期限」なる文言が使われています。

その設問は…、

『高温や多湿、光(紫外線)等によって品質の劣化(変質・変敗)を起こしやすい一般用医薬品には、「保管期限」が表示されている』

…です。

「×」です。

典型的なブラフ(はったり)です。

当該保管期限ですが、テキストにおいても、手引きにおいても、1回たりとも使われていない語句です。

「存在しない」以上、一般用医薬品にそんな表示がなされるわけがありません。

出題者がでっち上げた語句に引っかからないようにしてください。

引っかかるのは、配偶者だけで十分です。

なお、“期限”が絡む語句には、「使用期限」くらいしかありません。

消費期限

関西広域連合 R2 第105問」の選択肢dに、「消費期限」なる文言が使われています。

その設問は…、

『「添付文書には、開封時の使用期限として「消費期限」が記載されている。』

…です。

「×」です。

添付文書で記載されるものとして、「消費期限」なる語句・定義は、存在しません。

存在しないのですから、記載されるわけがありません。

当該消費期限ですが、おそらくは、テキストには、載ってないように思います。(こんなものまで載せるテキストは、そうないはずです。)

これは、手引きの巻末資料に、1回だけ登場する語句です。

先も言ったように、“期限”が絡む語句には、「使用期限」くらいしかありません。

出題者の見え見えの悪意に、惑わされないようにしましょう。

なお、「消費期限」とは、手引きによると、「食品を摂取する際の安全性の判断に資する期限」をいいます。

おわりに

今のところ、「ブラフ・はったり」は、以上です。

今後、目に次第、追加していく所存です。

こまごましたもの

試験勉強の詳細や医薬品の勉強については「登録販売者の独学」を、独学向け教材については「登録販売者の教材レビュー」を参考をば。

登録販売者のこまごましたことは、ブログに投稿しています。

興味のある方は、「登録販売者:語呂合わせ」などがある「登録販売者の投稿記事 」で、ヒマな時間を潰してください。