独学でススメ-読むだけで独学合格できるかもしれない、適当なヒントとTips

配線用遮断器の動作時間・ヒューズの溶断時間‐第2種電気工事士 筆記対策

「配線用遮断器の動作時間・ヒューズの溶断時間」の論点ですが、一口で言えば、「表の暗記」だけです。

下の…、

…を憶えるだけなのです.

以下に、くだらない憶え方と語呂合わせとを述べておきます。

ただ、注意すべきは、当該論点は、頻出論点ではない点です。

よって、「後回し」を推奨します。このページを「お気に入り」に入れておいて、試験直前で、押えればいいでしょう。

くだらない1‐割り算で憶える

まずは、試験に出る方の「配線用遮断器の動作時間」から見ていきます。

「配線用遮断器の動作時間」の「表」で、最も注意すべきは、「」の右端の「2分以内」と「4分以内」のところです。

まず、「2分以内」の憶え方ですが、当該升目の左の数字「60分以内」と「30A以上」に注目します。

2分以内」は、「60÷30=2」といった感じで憶えます。

まあ、「2」と「60」と「30」の数字を憶えればいいだけなので、「30×2=60」とか、「60÷2=30」とかでも、ぜんぜんOKです。

憶えやすい式で、頭に入れてください。

くだらない2‐掛け算で憶える

次に、「4分以内」の憶え方です。

ここは、「2×2=4」といった感じで憶えます。

当該掛け算の「2」は、先に見た「2分以内」と升目の項目の「定格電流の2倍の電流が流れた」との「2」に該当します。

「表」の右端の「2」と「2」を掛けて、「4」と憶えるってな次第です。

くだらない3‐歯医者でにっこり(25り)

次に、押さえとして、あまり試験には出ないのですが、升目の真ん中の項目「定格電流の1.25倍の電流が流れた」の「1.25倍」を憶えておきましょう。

「1.00」のところは、ほっといても頭に入るので、要は、「0.“25”」の数字が憶えればいいわけです。

くだらない憶え方ですが、「歯医者でにっこり(25り)」です。

「歯医者」は、「配線用遮断器」の「“はい”せんよう“しゃ”だんき」に該当します。

んで、「にっこり」は、「“25”り」です。

我ながら、くだらないと思ってますが、これで、「1.25倍」が憶えられるかと思います。

以上で、「配線用遮断器の動作時間」の主要な数字は、押さえられるかと思います。

残る「動作時間の1倍の電流が流れた」場合の「動作しない」ですが、これはもう、何回か「表」を見てたら憶えます.

そもそも、出題者側からすると、「動作しない」では、計算が1つもないため、問題が作り難いと言えます。

まず出ないと思うので、ざっくり見ておけばいいでしょう。

んで、升目の真ん中の「60分以内」も、「30A以下」と「30Aを超え50A以下」と数字が共通しているので、憶えやすいと思います。

過去問には、「H30上期筆記 第11問」があります。くだらない語呂合わせで、「表」を書いたら、即答できるかと思います。

くだらない4‐「ヒューズなら」の6文字でいちころ

次に、「ヒューズの溶断時間」を見ていきます。暗記は楽です。

というのも、先に見た「配線用遮断器の動作時間」と、数字が「3つ」異なるだけだからです。

異なるところは…、

「動作時間の1倍の電流が流れた」が、「動作時間の1.1倍の電流が流れた」となっている。

「動作時間の1.25倍の電流が流れた」が、「動作時間の1.6倍の電流が流れた」となっている。

定格電流の「30Aを超え50A以下」が、「30Aを超え60A以下」となっている。

…といった塩梅です。

これらの数字の違いは、くだらない語呂の「ヒ・ュ・ー・ズ・な・らの6文字で、いちころ」で押えてしまいます。

「ヒ・ュ・ー・ズ・な・ら」という文言は、「6文字」ですので、1.“6”倍と“6”0A以下の「6」と、把握します。

んで、「いちころ」ですが、これは、「1ころ」で、1.“1”倍の「1」を押さえるってな次第です。

本試験にて、ヒューズの溶断時間の問題が出たら、まず、配線用遮断器の表を余白に書いて、んで、先の語呂の「ヒ・ュ・ー・ズ・な・らの6文字で、いちころ」で、当該表をヒューズのものに変更していく、ってな塩梅です。

いちいち、ヒューズの表を憶えるよりも、当該くだらない「ヒ・ュ・ー・ズ・な・らの6文字で、いちころ」で把握する方が面倒ないかと思います。

過去問の出題例は、「令和4年度下期午後 第15問」です。試しに解いてみてください。

憶え方は、以上です。

繰り返しますが、当該論点は、そう出ないので、優先しなくていいです。本試験の1週間前あたりで、押えてください。このページを「お気に入り」に入れておいてください。

電線管の外径・内径の憶え方‐第2種電気工事士 筆記対策

電線管の外径・内径を問う問題が、絶妙に増えています。

たとえば、「R4 上期 午後筆記 第35問」や「R4 下期 午後筆記 第38問」です。

文系の人は、電気理論や複線図など、「捨て問」が多いため、1問たりとも無駄にできません。

以下のくだらない語呂合わせの「金曜は外出」と「内樹の功」で、電線管の外径・内径を憶えてしまいましょう。

薄鋼電線管・ねじなし管は、「外径」で「奇数」

薄鋼電線管・ねじなし管ですが、これは、「外径」で表されます。

くだらない語呂合わせですが、「金曜は外出」くらいに憶えます。

語呂の詳細は…、

「“金”曜」・・・薄鋼電線管・ねじなし管とも「“金”属管」なので、「金」。

「“外”出」・・・「“外”径」の「外」。

…といった塩梅です。

んで、薄鋼電線管・ねじなし管は、「奇数」で表記されます。

金属管(きんぞくかん)の「き」と、奇数の「き」が共通するので、「金属管の「き」は、奇数の「き」」くらいに、「き」繋がりで憶えるといいでしょう。

なお、語呂合わせの「金曜は外出」ですが、このほかに、昔のテレビアニメの「ガイキング」で憶えるのも一手です。

合成樹脂可とう電線管(PF管)・硬質塩化ビニル電線管(VE管)は、「内径」で「偶数」

合成樹脂可とう電線管(PF管)・硬質塩化ビニル電線管(VE管)ですが、これは、「内径」で表されます。

合成樹脂可とう電線管(PF管)・硬質塩化ビニル電線管(VE管)ですが、これらは、言ってしまえば、「合成樹脂管」です。

んなもんで、ことわざの「内助(ないじょ)の功」をもじって、「内樹(ないじゅ)の功」くらいに憶えてしまいましょう。

言うまでもなく、「内」は、「“内”径」に当たり、んで、内“樹”の「樹」は、合成“樹”脂管の「樹」です。

内樹(ないじゅ)の功」で、何とか頭に残るかと思います。

さて、合成樹脂可とう電線管(PF管)・硬質塩化ビニル電線管(VE管)は、「偶数」で表記されます。

当該偶数は、先の金属管の「き」つながりの「逆」くらいに憶えます。

つまり、金属管が「奇数」なのだから、合成樹脂管は、その「逆」の「偶数」と憶える、ってな次第です。

憶え方は、以上です。

本当にくだらない語呂ですが、問題を解く分には、間尺に合うかと思います。

C型肝炎訴訟のポイントまとめ‐登録販売者

当該ページでは、「C型肝炎訴訟」について見ていきます。

令和4年度の改正事項ですが、さっそく問うている県もあるので、遺漏なく押えておきましょう。

C型肝炎訴訟

「C型肝炎訴訟」ですが、手引きには…、

出産や手術での大量出血などの際に特定のフィブリノゲン製剤や血液凝固第IX因子製剤の投与を受けたことにより、C型肝炎ウイルスに感染したことに対する損害賠償訴訟である。』

…となっています。

太文字下線部分が、当該訴訟のキーワードです。ほぼ出ると言っていいです。

C型肝炎訴訟・・・フィブリノゲン製剤・血液凝固第IX因子製剤」と、正確に押えておきましょう。

なお、「フィブリノゲン製剤」の「フィブリノゲン」ですが、「人体」の「肝臓」のところでは「血液凝固因子」と、表記されています。

んで、「【血小板】」のところでは…、

「血漿タンパク質の一種であるフィブリノゲンが傷口で重合して線維状のフィブリンとなる。」

「フィブリン線維に赤血球や血小板などが絡まり合い、血の凝固物(血餅)となって傷口をふさぎ、止血がなされる。」

…となっています。

これを契機に、カタカナ語句の方も、復習しておきましょう。

参考:人体 カタカナ語句 フィブリノゲン・アルブミン(肝臓)

参考:人体 カタカナ語句 フィブリノゲン・フィブリン(血小板)

最後に、「血液凝固第IX因子製剤」ですが、ローマ数字の「IX(9)」は、無理して押えなくていいでしょう。

ざっくり、「血液凝固因子製剤」くらいに把握していれば、試験的には十分かと思います。

まさか、「血液凝固第“IV”因子製剤の投与を受けたことにより、C型肝炎ウイルスに感染したことに対する損害賠償訴訟」といった問題は、出ないと思います。

配偶者のように、性根の腐った出題者とはいえ、こんなクソ問題は作らないと思います。

下線の大量出血とC型肝炎ウイルス

次に、試験に出そうなのが下線部分の「大量出血」と「C型肝炎ウイルス」です。

まず、「大量出血」は、他の薬害訴訟の語句と「入れ替え」られそうです。

たとえば、催眠鎮静剤とか整腸剤とか血友病とかです。

例題としては…、

「“血友病”などの際に特定のフィブリノゲン製剤や血液凝固第IX因子製剤の投与」ウンヌン…、

「“催眠鎮静剤”として投与されたフィブリノゲン製剤や血液凝固第IX因子製剤による」ウンヌン…、

…といった次第です。

定番の出題方式なので、「大量出血」は、チェックしておきましょう。

最後に、「C型肝炎ウイルス」ですが、これは、当該訴訟の基本的な語句なので、“そのまんま”が選択肢に出る公算が高いです。

ただ、HIV訴訟の「ヒト免疫不全ウイルス」や、CJD訴訟の「プリオン」など、ウイルスがらみの「入れ替え」問題で出題される可能性はあります。

基本中の基本の語句なので、押えておくべきです。

C型肝炎訴訟の特徴

C型肝炎訴訟の被告は、「国・製薬企業」です。

サリドマイド訴訟・スモン訴訟・HIV訴訟と同じ、「国・製薬企業」が被告です。

ちなみに、CJD訴訟だけは、「国、輸入販売業者及び製造業者」となっているので、整理して憶えておきましょう。

次に、重要ポイントですが、C型肝炎訴訟は、まだ和解されていません。

手引きには…、

『国では、この法律に基づく給付金の支給の仕組みに沿って、現在、和解を進めている。』

…とあり、「進めている」段階であり、最終的な和解が、なされていないことが読み取れます。

他の薬害訴訟は、和解が完了しているので、「C型肝炎訴訟・・・和解まだ」と、整理して憶えねばなりません。

対策・制度創出

「C型肝炎訴訟」を契機とする制度創設ですが…、

『医師、薬剤師、法律家、薬害被害者などの委員により構成される医薬品等行政評価・監視委員会が設置された。』

…と、手引きにあります。

キーワードは、言うまでもなく、「医薬品等行政評価・監視委員会」です。

制度創設は、ガチで出るので、「C型肝炎訴訟・・・医薬品等行政評価・監視委員会」と、ガチで押えておきましょう。

憶え方ですが、C型“肝”炎訴訟の“肝”の「かん」と、医薬品等行政評価・“監”視委員会の監視の“監”の「かん」とを繋げて、「かん繋がり」くらいに憶えるといいでしょう。

まとめ的なもの

こういうとアレですが、「C型肝炎訴訟」は、憶えるものが少ないので、テキストの細かい記述が出る可能性が高いです。

とはいえ、試験的には、テキストの記述が“そのまんま”選択肢に出るくらいが関の山かと思われます。

たとえば…、

「国及び製薬企業を被告として、5つの地裁で提訴されたが、言い渡された判決は、国及び製薬企業が責任を負うべき期間等について判断が分かれていた。」とか…、

「C型肝炎ウイルス感染者の早期・一律救済の要請にこたえるべく、議員立法によってその解決を図るため、特別措置法(平成20年法律第2号)が制定、施行された。」

…といった感じの出題になるかと思います。

先述したキーワード以外の記述も、念のため、精読しておきましょう。

言うまでもないですが、キーワード部分は、ガチで出るので、ガチで押えておきましょう。

なお、他の薬害訴訟との横断的な勉強には、「登録販売者 薬害訴訟(CJD訴訟,HIV訴訟,スモン訴訟,サリドマイド訴訟,C型肝炎訴訟)の横断学習のページ‐論点整理とまとめ
」の方も、活用してください。