独学でススメ-読むだけで独学合格できるかもしれない、適当なヒントとTips

登録販売者「日本薬局方」のある成分のまとめ‐グリセリン,ヒマシ油,クレゾール石鹸液

「医薬品」の論点に、「日本薬局方」があります。

当該日本薬局方の問題ですが、これまでは、「生薬」でのみ散見されていました。

参考:東京都 R2 第72問

参考:東京都 R2 第79問

参考:登録販売者「日本薬局方」のある生薬のまとめ

しかし、最近になって、「東京都 R3 第96問」の選択肢aように、「医薬品」のカタカナ成分でも、「日本薬局方」が出題されました。

今後も、問われる可能性があるので、以下に、「日本薬局方」の記載のある成分をまとめました。

該当成分は、グリセリン,ヒマシ油,クレゾール石鹸液です。

なお、注意事項ですが、序盤からガチでやる必要はありません。

試験勉強の中盤以降あたりで、押さえていってください。

1つ目:グリセリン

1つ目は、口腔咽喉薬の「局所保護成分」の「グリセリン」です。

手引きには…、

日本薬局方収載の複方ヨード・グリセリンは、グリセリンにヨウ化カリウム、ヨウ素、ハッカ水、液状フェノール等を加えたもので、喉の患部に塗布して殺菌・消毒に用いられる」

…とあります。

ガチ暗記は無用ですが、当該成分に、このような記述(使い方)がある、と認識しておきましょう。

また、「局所保護成分」は、そんなに出てこない成分なので、遺漏なく、押えておきましょう。

2つ目:ヒマシ油

2つ目は、「小腸刺激性瀉下成分」の「ヒマシ油」です。

手引きには…、

日本薬局方収載のヒマシ油及び加香ヒマシ油は、腸内容物の急速な排除を目的として用いられる。」

「急激で強い瀉下作用(峻下作用)を示すため、激しい腹痛又は悪心・嘔吐の症状がある人、妊婦又は妊娠していると思われる女性、3歳未満の乳幼児では使用を避けることとされている。」

…とあります。

ヒマシ油の定番の論点なので、大丈夫かと思います。

問題文中に、「日本薬局方」とか「峻下作用」といった語句が出て来る可能性がある、くらいに認識しておきましょう。

蛇足ですが、先の手引きの禁忌のうち、乳幼児と妊婦等は、「医薬品」と「適正使用」にて、ガチで出るので、絶対に押えておきましょう。

参考:使用しない 小児

参考:使用しない 女性系

3つ目:ヒマシ油

3つ目は、「公衆衛生用薬」の「クレゾール石鹸液(ポリアルキルポリアミノエチルグリシン塩酸塩、ポリオキシエチレンアルキルフェニルエーテル)」です。

先に挙げた「東京都 R3 第96問」で出ました。

手引きには…、

日本薬局方に収載されているクレゾール石鹸液は、原液を水で希釈して用いられるが、刺激性が強いため、原液が直接皮膚に付着しないようにする必要がある。」

「付着した場合には直ちに石鹸水と水で洗い流し、炎症等を生じたときには医師の診療を受けるなどの対応が必要である」

…とあります。

過去問に出たことは、甘く見てはいけないので、押えておきましょう。

最近では、事故等の対処法が問われる傾向にあるので、「直ちに石鹸水と水で洗い流す」は、押えておきましょう。

終わりに

「日本薬局方」の記載のある成分は、以上です。

日本薬局方の切り口で問われても大丈夫なように、対策を練っておきましょう。

独学の仕方や勉強方法等は、「登録販売者の独学」を参考にしてください。

前払費用と未払費用の機械的作業‐建設業経理士2級の勉強

建設業経理士2級の「第2問:文章問題」で頻出なのが、「前払費用」と「未払費用」の処理です。

一度キッチリ理解したのに、時間が経つと、借方に計上するのか、貸方に計上するのか、(アレレ)となります。

だからこそ、出題され続けるわけですね。

前払費用と未払費用に遭遇すると、(アレレ)となる人は、以下のように、“機械的に”考えるようにしてください。

未払費用を基準にする

まずもって、「未払費用」を基準に考えます。

未払費用」は、日本語として考えやすいからです。

“未払い”の費用があるのだから、その分だけ、費用を“増やさないといけない”と考えるのは、ごく自然です。

たとえば、費用が「支払家賃」であれば、「まだ払ってない家賃があるから、その分だけ、支払い家賃を増やさないといけない」と、“混乱なく”考えることができます。

「家賃を増やす」点に意識を収集して、仕訳を…、

借方:支払家賃 ×××

貸方:未払家賃 ×××

…切ります。

このように、「未払費用」の場合は、該当する費用を「増やす」仕訳を切る、と考えます。

前払費用は「未払費用の逆」

再度言いますが、「未払費用」は、費用を「増やす」仕訳を切る、です。

次の「前払費用」は、「未払費用の逆」と考えるのです。

「前払費用」ですが、わたしもそうなのですが、勘定の意味や処理の理屈を考え出すと、混乱してくるのです。

んなもんで、「前払費用」は、「未払費用の逆」とだけ、機械的に、認識します。

面倒ですが、以下のように、「3段階」で、機械的に、考えていきます。

①「未払費用」は、費用を「増やす」。

②「前払費用」は、「未払費用の逆」。

③「未払費用」が費用を「増やす」なら、その「逆」は、費用を「減らす」となる。

よって、「前払費用」は、費用を「減らす」処理をする、と認識するってな塩梅です。

たとえば、期中に、前払した利息〇〇〇があるとします。

処理に当たっては…、

(「未払費用」は、まだ払ってない費用があるのだから、その分だけ、費用を「増やす」処理をする。)→確認のため、余白に未払費用の仕訳を切る。

(前払費用は、未払費用の逆。)

(よって、前払利息は、支払利息を「減らす」処理をする。)

…ってな感じに考えるってな寸法です。

支払利息を「減らす」ところに意識を集中して、仕訳を…、

借方:前払利息 〇〇〇

貸方:支払利息 〇〇〇

…切るってな次第です。

まとめ

このように、日本語として把握しやすい「未払費用」を基準にして、“機械的に”、「前払費用」にアプローチをすれば、混乱なく処理できると思います。

仕訳がきちんと切れたら、T字勘定も正確に書けますし、期首の「再振替仕訳」もキッチリ切れて、晴れて点数の確保となります。

なお、建設業経理士2級の独学については「建設業経理士2級の独学」を…、

独学向け教材については、「教材レビュー」を参考ください。

建設業経理士2級 理論問題 過去問リスト

建設業経理士2級では、例年、理論問題が「1問」出題されます。

採点は、1問あたり1点で、合計「4点」なのが常です。

ほぼ「多項選択式」の出題で、「問いに該当するアルファベットを選ぶ」試験形式です。取れる問題です。

以下に、理論問題の過去問をリストアップするので、問題演習なり、傾向把握なりに活用してください。

理論問題 リスト

第29回 理論問題

第28回 理論問題

第27回 理論問題

第26回 理論問題

第25回 理論問題

第24回 理論問題

第23回 理論問題

建設業経理士2級リンク

理論問題の姉妹サイトの「理論ポイント」も、参考にしてください。

なお、メインページは、「建設業経理士2級の独学」です。勉強方法等は、こちらを参考ください。

全問過去問は、「公式過去問+解説」です。