独学でススメ-読むだけで独学合格できるかもしれない、適当なヒントとTips

毒物劇物取扱者の「禁止規定‐興奮、幻覚又は麻酔の作用を有する物」のまとめ‐法規

まずは初めに結論を。一口で言うと。まとめ。要旨。

毒物劇物取扱者試験の「法規」の論点「禁止規定」のまとめ。本ページでは、興奮、幻覚又は麻酔の作用を有する物(令第32条の2)の「シンナー濫用の禁止」をまとめている。細かいところまで、よく問われる論点であり、しかも、ほぼ、毎年出題される論点である。正確に憶えておいて損はない。憶え方もあり。

毒物劇物取扱者試験の「法規」の論点「禁止規定」の「興奮、幻覚又は麻酔の作用を有する物」まとめです。

毒物劇物取扱者制度の根幹でもあるので、本試験では、実によく出ます。

特に、空欄補充問題の出題が目立ちます。

典型的な問題は…、

…です。

何気に間違うところなので、丁寧に押えます。

なお、先ほどの例題の答えは、「3」です。

条文

「禁止規定‐興奮、幻覚又は麻酔の作用を有する物」の条文は…、

興奮、幻覚又は麻酔の作用を有する毒物または劇物(これらを含有するものを含む。)であって、政令で定めるものは、みだりに摂取し、若しくは、吸引し、または、これらの目的で所持してはならない。』

…となっています。

出題ポイントは、先の下線部分です。

興奮、幻覚又は麻酔

当該「興奮、幻覚又は麻酔」のところが、空欄穴埋めで出題されたことがあります。

「覚醒」とか「眩暈」とか「混乱」とか、よく似た用語とからめて、出題されています。

正確に、「興奮、幻覚又は麻酔」と憶えます。

くだらない語呂ですが、「原稿、まだ」くらいに憶えます。

詳細は…、

原・・・幻覚の「げん」

稿・・・興奮の「こう」

まだ・・・麻酔の「ま」

…といった次第です。

当該論点は、毎年出るので、きちんと憶えて、100%確実に1点としましょう。

政令で定めるものは

定番の出題ポイントです。

当該政令で定めるものとは…、

トルエン

酢酸エチル

トルエン、または、メタノールを含むシンナー

…となっています。

あと、接着剤、塗料、閉そく用・シーリング用の充填剤も、対象となっていますが、試験にはあまり出ないので割愛します。

試験では、先のトルエン酢酸エチルトルエン、または、メタノールを含むシンナーがピンポイントで問われるので、暗記します。

くだらない憶え方ですが、「めったに、寿司(すし)、とらん」くらいに頭に入れます。

詳細は・・・、

「めったに」の「め」・・・メタノール

「す」・・・酢・・・“酢”酸エチル

「し」・・・シンナー

「とらん」・・・“トル”エン

・・・といった次第です。

大半の問題は、先に挙げた例題のように、ここを問うてきます。暗記で確実に1点取りましょう。

なお、注意して欲しいのは、「トルエン、または、メタノールを含むシンナー」のメタノールのところです。

「メタノール」そのものは、興奮、幻覚又は麻酔の作用を有する物として、規制されていません。

「メタノールを含むシンナー」が、興奮、幻覚又は麻酔の作用を有する物として、規制されています。

このあたり、底意地の悪い出題者は狙ってきます。たとえば、「メタノールは、興奮、幻覚又は麻酔の作用を有する物として規制されている」などと出題されるわけです。

先に述べたように、メタノールそのものは、規制の対象外です。「メタノールを含むシンナー」が、ここでの規制対象です。

こんな次第なので、正確に「トルエン、または、メタノールを含むシンナー」が法規制の対象だと憶えてください。

摂取し、若しくは、吸引し、または、これらの目的で所持してはならない

最後は「摂取し、若しくは、吸引し、または、これらの目的で所持してはならない」です。

「摂取」と「吸引」、「所持」の単語が問われることがあります。

突っ込まれてもいいように、憶えておきましょう。

まあ、何回か見ていれば、頭に残るはずです。

ところで、勉強方法等は「毒物劇物取扱者の独学」を、使用教材については「教材レビュー」を参考ください。

みんなとシェアする