独学でススメ-読むだけで独学合格できるかもしれない、適当なヒントとTips

換気扇の油汚れに重曹を

まずは初めに結論を。一口で言うと。まとめ。要旨。

換気扇の油汚れには、重曹を使うと実によく落ちる。汚れの落ち方が秀逸のみならず、ノー手袋・ノーマスクでよく、安全・安心の面でも二重丸。コストも無きが如し。

通常の掃除、または、大掃除のなかでも、特に厄介なのが、台所に鎮座まします「換気扇」であります。

億劫な換気扇掃除ですが、重曹があると劇的に掃除が楽になります。

参考までに、換気扇の「扇」とそれを留める「部品」の一連の画像です。あまり美しくはないので、食事前の方はご高覧をご遠慮ください。

まず、掃除をする前の状態です。

換気扇の羽と留める部品の油汚れ度合い

次に、それぞれ、お湯をかけただけの状態と、重曹水を散布した直後の画像です。

換気扇の油汚れの推移-お湯をかけただけ・重曹水を散布

次に、重曹水を散布した後、油汚れをお湯で洗い流した画像と、当該羽に粉末の重曹を振りかけ数分放置して、ボロ布で擦った後の画像です。

重曹水を散布した後、油汚れをお湯で洗い流した画像と、当該羽に粉末の重曹を振りかけ数分放置して、ボロ布で擦った後の画像

そして、「重曹を霧吹きで散布したり、粉上の重曹を振りかけて、ボロ布で擦る」作業を2~3回繰り返して、掃除が完了した状態の画像がこちらです。

重曹を霧吹きで散布したり、粉上の重曹を振りかけて、ボロ布で擦って、掃除が完了した状態

上記羽と部品の掃除のほかにも、掃除するところはありましたが、要領的には同じなので割愛します。

まるで、マルチ商法が売りつけるアメリカ直輸入のスーパーミラクル洗剤や、テレビ通販の何たらオイルが入った洗剤のように、油汚れが落ちていますが、利用したのは1キロ298円の重曹です。

掃除の次第

当該重曹の換気扇掃除で必要な道具は…、

換気扇の油汚れの掃除に用意する3点。重曹、ボロ布、霧吹き

1:重曹

2:霧吹き

3:ボロ布

…の3点です。

ボロ布は、捨てる予定の配偶者のぺらぺらワイシャツやぺらぺら下着を充てればよいでしょう。(配偶者は、捨てても、捨てなくても構いません。)

まあ、「汚いものには、汚いものを」の要領でございます。

なお、上記画像の手前のほうにある調味料入れは、重曹が入っています。

ぱらぱらと振り掛けたいときに便利な一品です。なくても構いませんが、あるとすごく便利です。たとえば、梅雨や夏場で臭いそうな洗濯物には、当該調味料入れの重曹をぱらっと振り掛ける塩梅です。

当該道具の使い方は、重曹一般の例に漏れず、実に、実に簡単です。

霧吹きに重曹を入れて水に溶かし、それを散布するだけです。これだけで、軽度から中程度の油汚れはずりずりと取れていきます。

加えて、頑固で強固な油汚れに対しては、直接に重曹を振りかけて、研磨剤的に使用して、ボロ布で擦り洗いをします。これで、油汚れの状況はかなり改善します。

正直、実際にやってもらえば、一瞬にして悟ることでしょう。(ホント、これまでの苦労はいったい・・・)ってな塩梅です。

真理とは斯くの如し。

掃除の時間は、換気扇の種類や大きさによって異なりますが、わたしの場合、全部で1時間半で終わりました。それでも、以前の手間と労力を考えれば、格段に楽になっております。

重曹を使えば、時間と労力とをかなりセーブできるでしょう。

加えて、洗剤代の節約に加えて、洗剤由来の手の荒れを防ぐこともできます。

ちなみに、上記の換気扇の掃除は、ノーマスク、ノー手袋の状態でやっております。直に重曹と手が接触していますが、手の荒れはほとんどありません。子どもでも、配偶者や猫でも支障はないかと考えます。

なお、重曹は、換気扇周辺の汚れにも、威力を存分に発揮します。換気扇周辺も、以下の画像のように汚れているものです。

換気扇周辺の油汚れ

こうした油汚れも、霧吹きで重曹水を吹きかけて、ボロ布で噴き掃除をすると、あっという間にきれいになりました。

返す返す述べておりますが、重曹は弱アルカリ性で、油汚れにとても相性がよい!と言わざるを得ません。

重曹自体が危険な薬品ではないので、「安全・安心」という点でも、実に優れています。わたしは歯磨きをしているくらいです。

逆を言えば、掃除用の薬品に得てして付きまとう注意を「まったくしなくてもよい」という寸法です。

換気扇がどろどろに汚れている方で、掃除を躊躇しておられるなら、ぜひとも重曹を使ってみてください。2度と、重曹を手放すことはないでしょう。

なお、当該掃除には、食用の重曹でも、掃除用の重曹でも構いません。

価格参考:食用グレードの重曹

続編あります。

大掃除のひどい油汚れは、重曹をクレンザー風に使う」もあわせてご参考ください。

大掃除の“困難で、気の重い”仕事を減らしてみてください。

みんなとシェアする