宅建(宅地建物取引士)の公式過去問+解説

まずは初めに結論を。一口で言うと。まとめ。要旨。

宅建(宅地建物取引士)の公式の過去問の解説。公式の過去問には解説がないので選択肢ごとに解説を付与する。暗記や憶え方、まとめページへのリンクもある。

インデックス

 宅建(宅地建物取引士)の過去問に解説を付与しました。

 「不幸にして落ちたが、新たに過去問を買い換えたくない人」向けです。リベンジにご利用ください。

 そのほか、通勤・通学時のおさらいに、ご利用ください。

 なお、勉強法や各種情報については、「初級:宅建独学」や「中級:宅建独学」、「上級:宅建独学」を参考願います。

 なお、当時の過去問に、当時の解説です。法改正には対応していないので、参考程度にご活用ください。

令和元年度

 令和元年度 過去問+解説

平成30年度

 平成30年度 過去問+解説

平成29年度

 平成29年度 過去問+解説

平成28年度

 平成28年度 過去問+解説

平成27年度

 平成27年度 過去問+解説

平成26年度

 平成26年度 過去問+解説

独学向け教材

 宅建の独学向け教材には、「2系統」あります。

 はじめて法律を学ぶ方は「宅建(初学者向け)」を、参考にしてください。

 んで、法学部卒等で、ある程度の素養のある人は、「宅建(経験者向け)」を、参考にしてください。

PDF過去問に一言

 

 PDFの閲覧は、スマホだと画面が小さくて見難く、PCだとキーボードやマウス、配線等が邪魔で、かなりイライラします。

 PDF過去問の演習には、「タブレット」が最も勝手がよくて、ストレスも少ないです。

 手許に「タブレット」がない人は、最もコスパの高い、アマゾンの「Fire HD」を推薦します。

 他のタブレットと性能が遜色ないくせに、値段は数割安く、もちろん、PDF過去問の閲覧も可能で、費用対効果が秀逸です。

 受験が終わっても、他の試験で使え、サブ機としても使えます。受験を機に「Fire HD」を検討するのは、損はないです。

宅建のこまごましたもの

 試験勉強については、「宅地建物取引士(宅建)の独学」を、参考にしてください。

 「宅建」という資格を、より知りたい方は、「資格ガイド Sランク資格:宅地建物取引士」を、一読願います。

 ブログに試験勉強に関する記事を投稿しています。興味のある方は、「宅建タグの投稿記事」を、お目汚しください。

みんなとシェアする