独学でススメ-読むだけで独学合格できるかもしれない、適当なヒントとTips

漏電遮断器省略の憶え方‐兄さん選考漏れ:第2種電気工事士の筆記

まずは初めに結論を。一口で言うと。まとめ。要旨。

第2種電気工事士の筆記試験では、「漏電遮断器が省略できる場合」が頻出です。やってはいけないことですが、時間のない方は、「乾燥イチゴを摘む兄さん、選考漏れ」の語呂で憶えてしまいます。

本当に、こういう憶え方はいけないのですが、勉強時間の足りない方は、「漏電遮断機が省略できる場合」を、以下の語呂合わせで憶えてください。試験に必要なことは全て詰まっています。

乾燥イチゴを摘むさん、選考漏れ

…クダラナイ解説に入る前に、正しい記述を述べておきます。

漏電遮断器が省略できるケースとは…、

①乾燥した場所で使用。

②対地電圧150V以下。

③電気用品安全法適用の二重絶縁構造。

④接地抵抗3Ω以下で接地。

…となっています。

いうなれば、洗濯機や冷蔵庫です。

使用電圧が60V以上で金属製外箱の電気機器を、簡易接触防護装置(天井裏に置くとか)を施さないで使う場合、漏電遮断機を施設しなくてはいけません。

原則としてこうなっていますが、「例外」もあるという塩梅で、当該「普通なら漏電遮断器を必ず付けるのに、例外的に省略できる」が、試験では良く問われるという塩梅となっています。

これらを、「乾燥イチゴを摘む兄さん、選考漏れ」で頭に入れてしまおうという、苦肉の策です。

情けない語呂の解説

邪道の憶え方ですが、語呂の個々を説明していきます。

乾燥イチゴ』は、ご存知、①の「乾燥した場所」と、②の「対地電圧150V以下」に該当します。

…次に行きます。

さん』の「にい」は、③の「重絶縁構造」に当たります。

…次に行きます。

『兄さん』の「さん」は、④の「接地抵抗3Ω以下で接地」に対応しています。

…次に行きます。

『選考漏れ』の「漏れ」は、当該語呂が「漏電遮断器の省略」であることを識別させる符号です。

時折、語呂だけ頭に残っていて、それが何を示しているのか忘れてしまうことがあるからです。念のための保険です。

これだけ、頭に入っていれば、過去問はそこそこ解けます。

過去問のポイント

過去問を解く際のポイントは、「文言に騙されない」ことが大事です。

選択肢では数字や文言を多用して、受験生を騙しにかかります。

わたしの手元の過去問では…、

「乾燥した場所の天井に取り付ける照明器具に電気を供給する場合」とか…、

「乾燥した場所に施設した、金属性外箱を有する使用電圧200Vの電動機に電気を供給する電路」といった選択肢があります。

クタクタと述べられていますが、判別ポイントは、①の「乾燥した場所で使用」であり、選択肢の後半部分のそれは無視してもよい、ってな塩梅です。

過去問を解いておかないと、“言葉尻”に引っかかってしまうので、出題の癖だけは掴んでおきましょう。

また、過去問では、「小勢力回路」が出てくることがあります。

当該「小勢力回路」は、電圧が「60V以下」の回路のことで、②の「対地電圧が150V以下」に該当するので、漏電遮断機を省略できます。

「小勢力回路」が「60V以下」であることを憶えてないと判別できないので、当該論点の勉強と同時に、電気工事の単元の「小勢力回路」をおさらいしておきましょう。

ざっとこんな次第で、漏電遮断器の省略は、「乾燥イチゴを摘む兄さん、選考漏れ」で大まかに憶えて、後は、過去問演習で理解を深めていく、といった次第です。

なお、とてもよく似た規定に「接地工事の省略」がありますが、「接地工事省略の憶え方-兄ちゃん0.1秒お漏らし」をばご参考ください。語呂もよく似ているので、きっちり使い分けてください。「兄ちゃん」となっています。

念のために言っておきますが、「漏電遮断器の省略」には「接地抵抗3Ω以下」があり、接地工事の省略には「接地抵抗云々」の規定がありません。

なお、勉強方法等は「第2種電気工事士の独学」を…、

独学向け教材については、「筆記試験の教材」と「技能試験の教材」をばお目汚しください。

みんなとシェアする