「 登録販売者 憶え方 」タグの投稿記事

登録販売者 医薬品 サルファ剤(スルファジアジン、ホモスルファミン、スルフイソキサゾール)、バシトラシン、硫酸フラジオマイシン、クロラムフェニコールの憶え方とまとめ‐「皮膚に用いる薬」の「抗菌作用を有する配合成分」

「皮膚に用いる薬」の「抗菌作用を有する配合成分」の成分ですが、本試験では、基本の「名称‐効能」が問われるのが関の山です。 出題実績はほとんどないのですが、ここ最近では、ちらほら散見されており、油断ができません。 このページを「お気に入り」に入れておいて、直前期あたりで、押えてしま...続きを見る

2022年3月29日 9:57 AM

登録販売者 駆虫薬の回虫・蟯虫の憶え方と語呂合わせ‐カイニン酸・サントニン・ピペラジンリン酸塩・パモ酸ピルビニウム

「駆虫薬」ですが、頻出論点に、「回虫に効くか?蟯虫に効くか?」があります。 カンタンな語呂合わせや、くすぐり的なフレーズで憶えられるので、活用してください。 サントニン 「サントニン」ですが、ですが、「回虫」に効果のある駆虫薬です。 手引きには、「回虫に痙攣を起こさせる作用を示し...続きを見る

2022年3月29日 9:37 AM

登録販売者 みずむしの抗真菌成分(シクロピロクスオラミン、ウンデシレン酸、ウンデシレン酸亜鉛、ピロールニトリン、トルナフタート、エキサラミド)の憶え方

みずむしの抗真菌成分の「シクロピロクスオラミン」以下のマイナー成分が全国的に出題されるようになっています。 マイナー成分ですが、余裕があれば、押えておきたいです。 とはいえ、当該論点は、費用対効果がそれほどではないので、このページを「お気に入り」に入れておいて、終盤あたりで、押え...続きを見る

2022年3月24日 2:02 PM

登録販売者 ビタミン成分の別名の語呂合わせ・憶え方‐ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12

「医薬品」の「滋養強壮保健薬」に登場するビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12の別名をまとめています。 最近では、“別名のみ”の出題も散見されるので、押さえておくべきです。 なお、ビタミンA等は、「ビタミンA、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンC」にまとめています...続きを見る

2022年3月20日 11:23 AM

登録販売者 ビタミン成分の語呂合わせ・憶え方‐ビタミンA、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンC

「医薬品」の「滋養強壮保健薬」に登場するビタミンA、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンCの別名をまとめています。 最近では、“別名のみ”の出題も散見されるので、押さえておきましょう。 なお、ビタミンB1等の別名のページは、「ビタミンB1,ビタミンB2,ビタミンB6,ビタミンB12」...続きを見る

2022年3月20日 11:15 AM

登録販売者の「去痰成分」の憶え方(語呂合わせ)と整理

「去痰成分」ですが、これまでは、何が去痰成分なのか、その「名称」さえ憶えていれば、だいたい点が取れていました。 たとえば、「カルボシステイン・・・抗炎症成分」といった問題です。 「×」ですね。カルボシステインは、去痰成分です。 しかし、昨今では、試験の「難化」が進み、「福岡県 R...続きを見る

2020年4月28日 11:05 AM

適正使用の「医薬関係者の副作用報告」と「企業からの副作用等の報告」の期限のまとめと憶え方‐登録販売者

「副作用報告」の期限ですが、「医薬関係者」と「企業」の2系統があります。 最もよく出るのは、前者の「医薬関係者」です。 しかし、最近では、後者の「企業」の副作用報告の期限が見られるようになっています。 両者は、別物なので、整理して覚えて行きましょう。 医薬関係者の副作用報告の期限...続きを見る

2019年12月17日 3:32 PM

一般用医薬品の役割の憶え方

一般用医薬品の「役割」ですが、数が多いため、実に狙われている論点です。 ほぼ択一式ですが、ときおり、穴埋め問題で出るので、キーワードをキッチリ押えておきましょう。 憶え方には「コツ」があって、「医薬品を念頭に」です。 一般用医薬品の役割 まず、おさらいからです。 一般用医薬品の役...続きを見る

2019年11月12日 11:37 AM

副作用被害救済制度の対象外の憶え方+語呂合わせ‐軽度障害から精製水・ワセリンまで‐登録販売者

医薬品の中には、救済制度の対象とならないものがあります。 リスト化して挙げると…、 軽度の障害 不適切使用 製品不良など、製薬会社に賠償責任がある 無承認・無許可医薬品 健康食品 個人輸入された医薬品 要指導医薬品 殺虫剤・殺鼠剤 殺菌消毒剤(人体に直接使用するものを除く) 一般...続きを見る

2019年11月12日 10:29 AM

濫用等のおそれのある医薬品の憶え方‐エフェドリン,コデイン,ジヒドロコデイン,ブロモバレリル尿素,プソイドエフェドリン,メチルエフェドリン‐登録販売者

「法規」の頻出論点に「濫用等のおそれのあるものとして厚生労働大臣が指定する医薬品」があります。 ただ、憶えるだけで、1点が取れるので、通勤・通学時に、憶えきってしまいましょう。 なお、本試験のほとんどの問題は、「名称」を問うだけです。 しかし、ごく稀に、括弧内のことも問われます。...続きを見る

2019年11月12日 10:22 AM