独学でススメ-読むだけで独学合格できるかもしれない、適当なヒントとTips

第2種電気工事士「下期」の筆記は「夏・注意」-合格率の低い理由

まずは初めに結論を。一口で言うと。まとめ。要旨。

第2種電気工事士の「下期」試験の受験上の注意。独学者向け。下期の筆記の合格率は、上期と比べて、1~2割低い。それだけ、下期だと筆記で失敗している人が多い。下期を選ぶと、試験勉強が暑い最中の8月にぶち当たることになる。このため、勉強できず、筆記に落ちる人が後を立たない。数字のデータを参考に、試験勉強を修正する。

結論から言うと、「下期試験」は、暑い最中の8月・9月に試験勉強をすることを、肝に銘じておく、ってな次第です。

ご存知のように、2電工は、「上期」と「下期」に試験が行われます。

上期はそう問題ないのですが、「下期」に受験予定の方は、「夏の暑さ」に留意してください。

というのも、「下期」の筆記試験だけ、合格率が1~2割低いからです。

上記画像を見てもらえば、一目瞭然です。

ざっくり言うと、上期は60%台で、下期は40~50%台と、明らかに、「下期」の筆記は、「上期」に比べて、格段に低くなっています。

理由は暑さ

最初に述べますが、「下期」の筆記試験内容に問題はないのです。

難易度は「上期」とほぼ同じであり、差はありません。

下期筆記の合格率の低い原因は「夏の暑さ」です。

「下期」の筆記試験は、おおむね「10月の第1週の土・日」に行なわれます。

ぱっと見、(10月かー)くらいにしか、思わないはずです。わたしもそうでした。

しかし、ここに巨大な落とし穴があります。

10月に本試験があるのなら、試験勉強は、8月・9月の暑い最中になる、という次第です。

ぶっちゃけ、「8月」なんて、勉強できません。いくら空調を効かせようと、やはり、日中の暑さで、体力を消耗しています。

特に、仕事を抱えている人で、現場仕事なら、勉強なんてできない相談です。

暑い最中仕事して、帰ってきて、ビールを飲もうものなら、もう、テキストなんて頭に入りません。

暑い最中仕事して、帰ってきて、風呂に入ったら、もう、問題集を開く気など起きません。

こういった次第で、下期を受ける方は、「下期筆記には、夏の暑さという大敵」が存在していることを、頭の片隅に置いてほしく思います。

はやめはやめに手を付ける

下期試験の筆記は、8月までには、テキストを一通り、仕上げておくのがベストです。

8月は、暑くて暑くて、ホント、頭が動きません。空調を効かせたら眠たくなるだけで、勉強の進捗は、半分以下に落ちる、と仮定しておきます。

試験の申し込みは、おおむね「6月中旬」です。

んなもんで、申し込んだら、“試験はまだ先”なんて考えず、取り敢えずは、テキストだけでも済ませてしまってください。

「8月」は、過去問を少しずつ、2~3問ずつ消化していけばいいです。(当方、通勤の電車内で過去問を消化しました。)

で、「9月」ともなれば、少しは暑さも和らぐので、自分の弱点や未消化論点、間違えたところの復習に充てる、ってな寸法です。

なお、「9月」とはいえ、暑い日はたくさんありますし、“夏の疲れがどっと出る頃”でもあるので、体調管理に留意しなくてはいけません!!

下期筆記のまとめ

初めて2電工の下期を受けられる方は、「暑さ」という敵なんて、気づくはずがありません。

しかし、当該大敵は、数字のデータ上で、猛威を振るっています。

下期筆記の合格率は「40~50%」と胸に刻んでおいてください。

下期受験の方は、本格的に暑くなる前に、一通り済ませるよう、学習計画を練ってください。

みんなとシェアする