独学でススメ-読むだけで独学合格できるかもしれない、適当なヒントとTips

電気工事士でなければできない作業の憶え方のコツ2-「造営物」:第2種電気工事士の筆記・法令-電気工事士法

まずは初めに結論を。一口で言うと。まとめ。要旨。

第2種電気工事士の筆記試験の法令科目「電気工事士法」の「電気工事士でなければできない作業」は、最頻出問題です。確実に点を取りたい当該単元には、憶え方にコツがあります。本ページでは、「造営物」をキーにその要領を述べていきます。

電気工事士でなければできない作業(独占業務)は、試験で頻出事項です。

たくさん項目があって、長ったらしい文章が続くので、苦手な人が多いかと思います。

憶え方のコツは3つあって…、

①技能試験の教材で勉強する。

②造営物。

③テキストの電気工事を思い出せ。

…となっています。

本ページでは、有効性の高い「②」の「造営物」を説述します。

造営物に着目する

「電気工事士でなければできない作業」を楽するキーワードは、「造営物」です。

選択肢にて、『造営物』という語句が出てきたら、かなり高い可能性で、電気工事士でなければできない作業に該当します。

『造営物』に関係する独占作業は…、

・電線を、直接造営物その他の物件(がいしを除く)に、取り付ける(取り外す)作業。

・配線器具を、造営物その他の物件に、取り付け(取り外し)、またはこれに電線を接続する作業。

・金属性ボックスを、造営物などに、取り付ける(取り外す)作業。

・配電盤を、造営物などに、取り付ける(取り外す)作業。

…となっています。

時間のない人は、『造営物=電気工事士でなければできない作業(独占業務)』とさえ憶えておけば、選択肢の1つか2つは、潰せるでしょう。

電気工事を思い浮かべながら

憶え方のコツは、先述したように「造営物」の文言を選択肢から読み取る、なのですが、補足的に述べておきます。

筆記のテキストの「電気工事」の「挿絵」を見返してください。

何気に、上記造営物がらみのイラスト・挿絵が多いのではないでしょうか?

当方のテキストでは、ケーブル工事のページには、ケーブルがサドルで柱に取り付けられており、また、コンセントが柱に取り付けられた絵があります。柱が、「造営物」なわけですね。

配電盤云々は引き込み工事のページを参考にすれば、すっと頭に入ります。

そもそも、最も重要な器具である配電盤を、素人に付けさせたらダメでしょう。

金属性ボックス云々は、『電線の造営物取付けすら電気工事士の独占業務なのだから、いわんや、ボックスをや」と憶えられます。(絶対、金属性ボックスの取り付けの方が神経を使うはずですよ。)

こんな次第で、電気工事のページを、復習がてら目を通しながら、「電気工事士でなければできない作業」のリストを見ていけば、漢字だけを追うよりも、頭に残るように思います。

なお、勉強方法等は「第2種電気工事士の独学」を…、

独学向け教材については、「筆記試験の教材」と「技能試験の教材」をばお目汚しください。

みんなとシェアする