独学でススメ-読むだけで独学合格できるかもしれない、適当なヒントとTips

配線を表す図記号の憶え方‐第2種電気工事士・筆記

まずは初めに結論を。一口で言うと。まとめ。要旨。

第2種電気工事士の筆記で問われる、配線の図記号は、全部で4つあります。本ページでは、「天井隠ぺい配線」と「床隠ぺい配線」と「露出配線」と「地中埋没配線・天井ふところ内配線」の“こじつけ”憶え方を紹介します。

以下に述べるのは、憶えるための“こじつけ”です。公言すると笑われるので、試験用と割り切ってお読みください。

試験勉強序盤のド素人だと、配線の図記号が何気に憶えらません。

わたしの場合、なぜか、天井隠ぺい配線を点線で、露出配線が実線という感じがして、よく間違えました。

で、こんな風にして、頭に入れていった次第です。

天井隠ぺい配線(実線)

当該配線の図記号は、ド暗記する必要はありません。

取って置きの方法があります。

お手元に過去問はないでしょうか?ないなら買いましょう。

ある人は、「配線図」の問題のページを開いて、問題の資料に目を通してください。(公式サイトで問題がダウンロードできます。)
ちなみに、こういう資料です。

参考:H26筆記:問題2

参考:H27筆記:問題2

百聞は一見に如かず。

資料には、番号やら矢印やらに加えいろいろ図記号がありますが、今、それらを追及すると気絶するので、最初のうちは一切無視して、“配線だけ”を追ってください。

資料を見てもらえばわかりますが、配線の大半は、「実線」です。

そう、「天井隠ぺい配線」です。

まず、「基本、配線とは隠すもの」と考えます。

部屋の周りを見回してみてください。

むき出しの配線はほとんどないはずです。

露出している配線(露出配線)は、ごく少なくて、ポンプ室とかパイプスペースとか、ごくごく古い家にしか見られないかと思います。

配線には電気が通っています。配線が露出しているとどうしても“何らか”と接触しますし、配偶者がかじったりするので、傷付いてしまいます。

そこから漏電しかねません。ですから、隠ぺい配線が多用されるわけです。

ここからが“こじつけ”付けなのですが…、

一番多用する「天井隠ぺい配線」を、点線やら破線にすると、線を引きにくい、と。

逆を言うと、実線が一番線を引きやすい、と。

チラシの裏で実験してもらえば即解ですが、実線はさっと引けるのに対して、点線やら破線は、いざ引こうとするとコチャコチャしてめんどくさいです。

配線は、「天井隠ぺい配線」を一番多用する、だから、一番線の引きやすい『実線』としたってな風に“こじつけ”るという塩梅です。

露出配線(点線)

露出配線は、「点線」ですが、百聞は一見に如かずです。

先の資料から、受電点を探してください。

これですね。

先も言ったように、基本、配線は隠蔽されるわけですが、電気は、外から引いてくるわけで、どうしたって、少しは“露出”してしまいます。

それが、受電点あたりってな塩梅で、資料を見てもらえばわかりますが、だいたい、受電点周辺は、露出配線の「点線」となっています。

さて、いったん外に出て、自分の家の電気の引き込み点(受電点)を探してみてください。

電柱の電線を追っていけば、すぐ見つかるかと思います。

ぴゅと電線が垂れ下がって、家の壁の中に吸い込まれているはずです。

で、頭に、「コレが点線の露出配線かー」と思いを深めます。

なお、マンションなんかだと敷地が広くて受電点が見つからないこともあります。この場合、近くの民家で引き込み点を探して、(露出配線だな)とほくそ笑んでみてください。

露出配線は、基本的に危ないので、多用されません。普通の家にある露出配線は、大概、当該引き込みあたりしかないはずです。

そう、天井隠ぺい配線に比べたら、明らかに用いられない配線となります。

あまり多用されない露出配線は、同様に、あまり多用されない線である「点線」を充てた、と“こじつけ”れば、何となく頭に残るかと思います。

かえる顔の地中埋没線

試験問題では、地中埋没線に絡んだ問題がよく出ます。

その代表的なのが、「この図記号の示す配線は何か?」という問題です。

おそらく、天井隠ぺい配線(実線)や露出配線(点線)は、配線図でよく使われる図記号なので、試験問題としても、受験生の皆が皆、正解してしまうからです。

で、あまり配線図にてあまり使われない地中埋没線が、図記号の問題に採用されるってな塩梅です。

さて、当該地中埋没線ですが、以下のように区切ってみると、なんだかカエルの顔のように見えてきます。

ヨーク見てください。かえるの顔のように見えてくるはずです。

見えない人は病院に行ってください。

“こじつけ”ポイントが見えてきました。

「地中埋没線は、冬眠中のカエル」という風に“こじつけ”るという塩梅です。

また、天井ふところ配線も、同様の図記号ですが、この場合は、「忍者中のカエル」をイメージして、天井裏から覗いている忍者ガエルをイメージして憶えるという次第です。

こんな風に“こじつけ”れば、すんなりと頭に入るかと思います。

破線の床隠ぺい配線

床隠ぺい配線は、ご存知のように、破線です。

さて、この憶え方ですが、“こじつけ”が思い浮かびませんでした。

だから、消去法で考えます。

試験によく出る配線の図記号は4つで、そのうち3つは以下の通りです。

実線が、一番よく使われる天井隠ぺい配線。

点線は、あまり使われない露出配線。

地中埋没線・天井ふところ配線は、カエルの顔。

…それ以外は、床隠ぺい配線と憶えます。

最後に、もう一度

上記の憶え方は、ごく個人的な“こじつけ”の憶え方であり、それぞれの正確な由来や成り立ちではありません。

試験用に憶えるための「便宜的な屁理屈」ですので、ご注意ください。

口外すると恥をかく可能性が高いので、こっそりと、試験だけに利用して、合格後は忘れてください。約束です。

みんなとシェアする