独学でススメ-読むだけで独学合格できるかもしれない、適当なヒントとTips

宅建士 税法の過去問データ+令和4年度(2022年度) 出題予想

まずは初めに結論を。一口で言うと。まとめ。要旨。

宅建(宅地建物取引士)の試験科目「法令上の制限」の「税法」の出題を予想するページ。過去10年強の出題データをもとに、各税法の傾向を探り、不動産取得税,固定資産税,所得税,登録免許税,印紙税,贈与税のうち、どの法が出るかを推測する。時間のない人向けのページ。独学者向け。「お気に入り」にでも。

当たるも八卦当たらぬも八卦ですが、結論から言うと、令和4年度(2022年度)の宅建試験の「税法」は…、

「10月試験」の人は…、

・不動産取得税

・印紙税

・贈与税

…を、“優先して”勉強します。

んで、余裕があれば、「所得税」までやります。

次に、「12月試験」が実施されるなら…、

・固定資産税

・印紙税

・贈与税

…を、“優先して”勉強しておくってな寸法です。

んで、余裕があれば、「登録免許税」までやります。

後述する「使用上の注意」をよく読んで、活用してください。

去年の予想の当たりハズレ総括

昨年の令和3年度(2021年度)の予想は…、

「10月試験」は…、

・不動産取得税

・所得税

・贈与税

…でした。

実際の10月試験は、「所得税」と「不動産取得税」だったので、よく当たりました。

んで、「12月試験」は…、

・固定資産税

・所得税

・贈与税

…でした。

実際の12月試験は、「登録免許税」と「固定資産税」だったので、まあ、1問でも当たってよかったです。

予想の結果は、上記の次第です。

今後も、税法は、過去の出題パターンから、ある程度の予想が可能かと言えます。

令和4年度(2022年度)10月試験の予想詳細

10月試験の予想ですが、まずもって、「不動産取得税」を勉強します。

先の出題データからすると、「不動産取得税」は、1年おき(現状では1回おき)に、出題されています。

過去の出題パターンから、わたしなら、「不動産取得税」を押えておきます。

次に、勉強すべきは、「印紙税」に「贈与税」です。

印紙税と贈与税ですが、この近年、ずっと問われていないです。

印紙税は、後述するように、「2~3年周期」なのですが、この周期を外れて、未出題が続いています。

そして、贈与税は、H27に出されてから、「8回」の試験で未出題なので、“もうそろそろ”という感じの出題が予想されます。

勉強しておく方が、無難と言えましょう。

最後の「所得税」は、先述したように、“余裕があれば”という条件付きです。

所得税ですが、出題間隔が短くなっており、出る可能性があると言えばあるのです。

しかし、当該所得税は、そこそこのボリュームがあるので、押さえるのは一苦労。

よって、宅建業法等、点が取れる科目がまだ終わってないなら、所得税は、「後回し」や「やらない」でOKかと思われます。

令和4年度(2022年度)12月試験の予想詳細

12月試験の予想ですが、まずもって、「固定資産税」を勉強します。

先の出題データからすると、一目ですが、「不動産取得税」と同様に、「固定資産税」も、1年おき(現状では1回おき)に、出題されています。

よって、過去の出題パターンから、「固定資産税」が“固い”と思われます。

次に、勉強すべきは、「印紙税」に「贈与税」です。

これも、先の10月試験と同じ理由です。両法とも、この近年、問われていないからです。

試験問題を選ぶのに悩んだ出題者が、“もうそろそろ”という感じで出しそうな感じがします。押さえておく方が無難でしょう。

そして、余裕があれば、「登録免許税」を、押えます。

当該登録免許税も、試験間隔が狭まってきているので、“もしかしたら出るかも?”を、捨てきれません。

しかし、出題が予想されるのは、先に述べた3つの税法なので、時間がある・他の単元が終わったので押さえてみる、くらいの心持ちで当たってください。

12月試験がある場合で、12月試験になった人

本年度も、12月試験があり、んで、当該12月試験で受験することになった人は、税法は、基本的に被らない(連続しない)ので、10月試験に何が出たかを把握して、勉強してください。

たとえば、10月試験で「贈与税」が出たなら、12月試験では出ないでしょうから、「贈与税」は勉強せず、他の税法に資源を充てるってな寸法です。

ただ、傾向は絶対ではないです。

同じものが10月試験と12月試験とで連続したら、運が悪かったと思って諦めてください。

さて、以下は、出題予想のデータと、その根拠です。

出題データと傾向

宅建「法令上の制限」の「税法」の過去問リスト」などを参考に、過去の「税法」の出題をまとめたのが、上記画像です。

上記出題データからすると、「税法」には、ある程度の傾向があることがわかります。

税法ざっくり傾向

「税法」ですが、先の画像を見てもらえばわかるように…、

傾向1:被らない(連続しない)。

傾向2:2系統のグループ。

…の「2つ」が、見て取れます。

上記傾向は、税法に大きな改正がない限り、たとえば、新税制創出やら税率・課税標準等の大幅な変更等がない限り、こうした傾向が続く公算が大です。

傾向1:被らない(連続しない)

傾向1の「被らない(連続しない)」ですが、過去10年強のデータからすると、ある年度に出題された税法は、翌年には出ていません。

つまり、各々の税法は、その年に出たら、翌年には、問われないってな次第です。

連続したのは、過去10年強でも、H20・19の所得税、H21・20の印紙税の「2件」しかありません。

それ以外では、出題された税法は、1年~5年の「間」を置いて、出題されています。

税法は、傾向的には、そうそう連続しない、と認識しておきましょう。

傾向2:2つのグループ

傾向2の「2つのグループ」ですが、画像を見てのとおり、「税法」の出題は…、

「不動産取得税・固定資産税」組

「所得税・登録免許税・印紙税・贈与税」組

…という「2つのグループ」が見て取れる、ってな次第です。

「不動産取得税・固定資産税」組

「不動産取得税・固定資産税」の2つは、ほぼどちらかがが問われている「定期組」です。

不動産取得税と固定資産税は、毎年、相互に入れ替わるように出題されています。

つまり、ある年度に不動産取得税が出たら、翌年度に固定資産税が出る、そして、その「逆」も然り、ってな塩梅です。

おそらく、不動産取得税と固定資産税の両法が、「税法」の「主役」なのだと思われます。

「税法」は、例年「2問」出題ですが、出題者は、両法でまずは「1問」を作り、後は、気まぐれで、残る「所得税・登録免許税・印紙税・贈与税」組から「1問」をピックアップしているように見受けられます。

「所得税・登録免許税・印紙税・贈与税」組

「所得税・登録免許税・印紙税・贈与税」組ですが、「不定期組」です。

基本的に、この組から、「1問」が出ますが、どれが出るかは、ランダムで、不明です。

強いて、データを読み取れば…、

所得税・・・ランダム

登録免許税・・・4~5年周期(4~5年に1回出る)

印紙税・・・2~3年周期(2~3年に1回出る)

贈与税・・・5年周期(5年に1回出る)

…と、言えます。

自分が受ける年度では、どれが来そうかを見て取って、優先順位をつけるといいでしょう。

「予想」の使用上の注意

先の予想は、時間がギリギリとか余裕がないといった方を想定しています。

時間があるなら、「税法」もキッチリ勉強しておくべきです。

断言しておきたいのは、「出題者は、常に、受験生の斜め上を行く」です。

過去のデータから、ある程度、出題は絞れます。

しかし、それが、傾向的に正しくても、出題者の胸先三寸で変わります。

配偶者のように、“当てにはならない”ことは、肝に銘じておいてください。

「予想」は、あくまで非常手段です。基本は、すべての「税法」を勉強しておくことなので、この点を、強調しておきます。

とりわけ、FP技能士やファイナンシャルプランナーの資格に興味のある人は、宅建の税法を勉強しておきましょう。

出題が被っているので、勉強したことは、「損」になりません。

また、税法の知識は、生活に密接しているため、後々、必ず、活きてきます。

ぶっちゃけ、宅建業法より、はるかに、有用な知識です。

税法は、ややこしくてメンドウですが、勉強する価値はある、と述べ置きます。

参考:3級FP技能士 資格ガイド

参考:2級FP技能士 資格ガイド

参考:1級FP技能士 資格ガイド

みんなとシェアする