適正使用もくじ‐R1 関西広域連合(滋賀県・京都府・大阪府・兵庫県・和歌山県・徳島県)

まずは初めに結論を。一口で言うと。まとめ。要旨。

 R1年度の関西広域連合(滋賀県・京都府・大阪府・兵庫県・和歌山県・徳島県)の登録販売者試験の適正使用のもくじ。「医薬品の適正使用と安全対策」は「20問」出題で、関西広域連合(滋賀県・京都府・大阪府・兵庫県・和歌山県・徳島県)の問100~問120までを占める。個々の問題への総リンクを挙げる。総評的なことも。

ひとくち傾向

 R1の関西広域連合(滋賀県・京都府・大阪府・兵庫県・和歌山県・徳島県)の適正使用ですが、例年通りの出題です。

 「主な使用上の注意の記載とその対象成分・薬効群等」からの出題が目立ちます。

 実は、関西広域連合に限らず、他府県でも同様の傾向で、「適正使用」では、当該使用上の注意から、「8~10問」くらい、出題されるようになっています。

 テキストの巻末なり別冊子になっている「資料」のページを、よく読んでおきましょう。

 さて、「使用しない(服用しない)」は、「医薬品」でも、頻出ポイントなので、「医薬品」で勉強しましょう。

 対して、「相談すること」は、数が多いので、時間がない人は、「捨て問」でよいでしょう。

 ただ、実務を踏まえると、「相談すること」を、今のうちにやっておくべきかと思います。

 また、固有事項が狙われやすいので、そういうものを、優先して憶えるといいでしょう。

 たとえば、基礎疾患「てんかん」が「相談すること」なのは「ジプロフィリン」だけなので、当該ジプロフィリンを先に憶える、対して、数の多い高血圧・心臓病等は、「後回し」にするってな寸法です。

 なお、当該年度の詳細については、「はやわかり‐令和1年度(2019年度)関西広域連合(滋賀県・京都府・大阪府・兵庫県・和歌山県・徳島県) 登録販売者試験の総評」に述べているので、参考にしてみてください。

適正使用

 101問:添付文書・・・「ふつう」。

 102問:添付文書‐使用上の注意・・・「ふつう」。

 103問:添付文書‐成分・分量・・・「ふつう」。

 104問:保管・取扱い・・・「ふつう」。

 105問:使用期限・・・「ふつう」。

 106問:外箱の記載事項・・・「ふつう」。

 107問:副作用情報の処置・・・「ふつう」。

 108問:製造販売業者の安全性評価・・・「ふつう」。

 109問:安全性情報報告制度・・・「ふつう」。

 110問:副作用救済制度1・・・「ふつう」。

 111問:副作用救済制度2・・・「ふつう」。

 112問:副作用救済制度3・・・「ふつう」。

 113問:啓発活動・・・「ふつう」。

 114問:使用(服用)しないこと・・・「ふつう」。

 115問:イブプロフェン‐服用しないこと・・・「ふつう」。

 116問:透析療法‐服用しないこと・・・「ふつう」。

 117問:アスピリン‐してはいけないこと・・・「ふつう」。

 118問:乗り物・機械類の運転操作をしないこと・・・「ふつう」。

 119問:1週間継続して服用しないこと・・・「ふつう」。

 120問:相談すること・・・「やや難」。

独学向け教材

 使用教材の詳細は「教材レビュー」に述べていますが、読むのが面倒な人は、テキストは、初心者向けでオマケ付きの「らくらく完全攻略! 登録販売者試験 合格テキスト&問題集」と、掲載問題数が一番多い「超重要 登録販売者 過去問題集」を使えば支障ありません。わたしはこれで「117点」取れました。

 また、公式の過去問は、PDFで配布されています。過去問演習は、「タブレット」が便利です。もってない人は、受験を機に、アマゾンの「Fire HD」を推奨します。最優秀のコスパです。

こまごましたもの

 登録販売者のこまごましたことは、ブログに投稿しています。

 興味のある方は、「登録販売者の投稿記事 」の「登録販売者:語呂合わせ」や「登録販売者:まとめ」、「登録販売者:憶え方」などをお目汚しください。

 そのほか、「登録販売者:医薬品」や「登録販売者:生薬」、「登録販売者:漢方処方製剤」で、ヒマな時間を潰してください。

みんなとシェアする