「医薬品」もくじ‐令和5年度(2023年度) 長野県(中部ブロック1)

まずは初めに結論を。一口で言うと。まとめ。要旨。

 令和5年度の長野県(中部ブロック1)の登録販売者試験の「医薬品」のもくじ。「主な医薬品とその作用」は「40問」出題で、長野県(中部ブロック1)の第61~第100問までを占める。個々の問題への総リンクを挙げる。

「医薬品」ひとくち傾向

 令和5年度(2023年度)の長野県(中部ブロック1)の「医薬品」ですが、登録販売者のメイン科目のため、例年通り、手ごわい問題が連続しています。

 当該年度の特徴ですが、成分の出題が相対的に減っています。

 その代わりに、「使用上の注意」や「副作用」、「禁忌」や「相互作用」、前文・総論部分の出題が増えています。

 以前のように、医薬品の成分だけをやっておけばいいというわけでは、なくなっています。

 テキストの全論点を、丁寧に、精読しておきましょう。

 なお、漢方処方製剤の出題が「4問」と減っています。

 しかし、いつ出題が激増するかわかったものではないので、全部を捨てるような真似は、しないでください。

 生薬の出題は、例年通りでした。問題は、そこそこ難しくなっています。勉強しておきましょう。

 漢方処方製剤の出題も例年通りで多く、キッチリ勉強してないと、ドンドコと失点してしまいます。

 また、全国的な傾向でもあるのですが、マイナー成分からの出題が目立ちます。

 これまでの試験で問われなかった成分が、正面から問われるので、遺漏なく、テキストを精読しておかねばなりません。

 また、これも全国的な傾向なのですが、「事例問題」が増えています。

 実際の薬の成分表を擬した出題のことで、問題の成分表をシッカリ読み取る必要があります。

 「医薬品」の「定番」となっているので、過去問を解いて、慣れておきましょう。

 先に述べたように、漢方処方製剤の出題が多く、また、生薬の出題もそこそこあるので、7割得点(28問正解)を、まずは、目指してください。

医薬品

 61問:解熱鎮痛薬の成分

 62問:かぜ及びかぜ薬

 63問:カフェイン

 64問:眠気を促す薬

 65問:かぜ薬の成分問題

 66問:鎮暈薬(乗物酔い防止薬)1

 67問:鎮暈薬(乗物酔い防止薬)2

 68問:小児の疳の生薬製剤

 69問:口腔咽喉薬及びうがい薬(含嗽薬)

 70問:鎮咳去痰の漢方処方製剤・生薬

 71問:鎮咳去痰薬の成分問題

 72問:センソ

 73問:強心薬

 74問:高コレステロール改善薬

 75問:貧血及び貧血用薬

 76問:婦人薬

 77問:内服アレルギー用薬

 78問:セレギリン塩酸塩等のモノアミン酸化酵素阻害剤

 79問:鼻に用いる薬

 80問:一般用検査薬

 81問:胃腸に作用する薬1

 82問:胃腸に作用する薬2

 83問:胃腸鎮痛鎮痙薬

 84問:浣腸薬

 85問:腸及び腸に作用する薬

 86問:漢方処方製剤‐腸

 87問:駆虫薬

 88問:痔疾用薬

 89問:痔と痔疾用薬

 90問:点眼薬

 91問:眼科用薬

 92問:殺菌消毒成分

 93問:皮膚に用いる薬の配合成分

 94問:歯や口中に用いる薬

 95問:禁煙補助剤

 96問:滋養強壮保健薬

 97問:漢方の特徴・漢方薬の基本的な考え方

 98問:痔疾用薬の生薬成分

 99問:消毒薬

 100問:殺虫剤・忌避剤

独学向け教材

 使用教材の詳細は「教材レビュー」に述べていますが、読むのが面倒な人は…、

 テキストは、初心者向けでオマケ付きの「 らくらく完全攻略!登録販売者試験合格テキスト&問題集 第4版 」で…、

 過去問は、掲載問題数が一番多い「 超重要!登録販売者過去問題集 '23年版 (2023年版) 」を使えば支障ありません。

こまごましたもの

 登録販売者のこまごましたことは、ブログに投稿しています。

 興味のある方は、「登録販売者の投稿記事 」の「登録販売者:語呂合わせ」や「登録販売者:まとめ」、「登録販売者:憶え方」などをお目汚しください。

 そのほか、「登録販売者:医薬品」や「登録販売者:生薬」、「登録販売者:漢方処方製剤」で、ヒマな時間を潰してください。

みんなとシェアする