平成29年度(2017年度)登録販売者 大阪府の過去問+解説インデックス

まずは初めに結論を。一口で言うと。まとめ。要旨。

 平成29年度(2017年度)大阪府 登録販売者の過去問+解説。公式の過去問には解説がないので選択肢ごとに解説を付与します。本ページはガイダンスとインデックスのページです。そのほか、難問リストや、漢方処方製剤の問題、生薬の問題をリスト化しています。

インデックス

  1. 合格率とガイダンス
  2. 過去問 科目別リンク
  3. 過去問 全問リンク
  4. 過去問:基本知識(20問)
  5. 過去問:医薬品(40問)
  6. 過去問:人体(20問)
  7. 過去問:法規(20問)
  8. 過去問:適正使用(20問)
  9. この年の試験の注意点
  10. 難問リスト
  11. 漢方処方製剤リスト
  12. 生薬リスト

合格率とガイダンス

 平成29年度(2017年度)の大阪府の登録販売者試験は、出願者数が「5,113名」で、受験者数は「4,333名」で、合格者数が「2,155名」で、合格率は「49.7%」と、相なりました。

 ちなみに、前年のH28では、受験者数数は「4,644人」で、合格者は「2,177人」、合格率は「46.9%」でした。数字に大きな変動はありません。

 当該年度も、テキストと過去問とをまじめに消化していれば、穏当に合格点の7割は取れる試験でした。

 傾向的には、「これまでどおり」で、奇問や珍問の類も、そう出ておりません。

 今後も、よくいわれるように、「テキストを3回精読し、過去問題集を3回解く」をやっていれば、まず、合格できるはずです。

H29 大阪府 科目別

 弱点克服等には、以下のリンクで、科目別に演習してください。

 ・H29 大阪 ガイダンス

 ・医薬品に共通する特性と基本的な知識(第1~第20問)

 ・主な医薬品とその作用(第21~第60問)

 ・人体の働きと医薬品(第61~第80問)

 ・薬事に関する法規と制度(第81~第100問)

 ・医薬品の適正使用と安全対策(第101問~第120問)

過去問 総リンク

 第1問~第60問までが「午前試験」です。

 第61問~第120問は、「午後試験」です。

基本知識

 1問:医薬品概論・・・「ふつう」。

 2問:リスク評価・・・「ふつう」。

 3問:健康食品等・・・「ふつう」。

 4問:副作用の定義・・・「ちょっとだけ難」。

 5問:アレルギー・・・「ふつう」。

 6問:使用上の注意1・・・「ふつう」。

 7問:使用上の注意2・・・「ふつう」。

 8問:相互作用・・・「ふつう」。

 9問:小児・・・「ふつう」。

 10問:高齢者1・・・「やさしい」。

 11問:高齢者2・・・「ふつう」。

 12問:女性・・・「やさしい」。

 13問:プラセボ効果・・・「ふつう」。

 14問:医薬品の品質・・・「ふつう」。

 15問:一般用医薬品・・・「ふつう」。

 16問:コミュニケーション・・・「ふつう」。

 17問:副作用・・・「ふつう」。

 18問:薬害の歴史・・・「ふつう」。

 19問:HIV訴訟・・・「ふつう」。

 20問:CJD・・・「ふつう」。

医薬品

 21問:かぜ・・・「ふつう」。

 22問:カンゾウ・マオウ・・・「難」。

 23問:解熱鎮痛薬・・・「ふつう」。

 24問:アスピリン等・・・「ふつう」。

 25問:眠気を促す薬・・・「ふつう」。

 26問:カフェイン・・・「ふつう」。

 27問:鎮暈薬・・・「ふつう」。

 28問:小児の疳・・・「ふつう」。

 29問:鎮咳去痰薬・・・「ふつう」。

 30問:鎮咳去痰薬2・・・「ふつう」。

 31問:咽喉薬・含嗽薬・・・「ふつう」。

 32問:胃腸薬・・・「やさしい」。

 33問:胃粘膜保護・修復・・・「ふつう」。

 34問:瀉下薬・・・「ふつう」。取れる。

 35問:胃腸鎮痛鎮痙薬・・・「やや難」。

 36問:浣腸薬・・・「ふつう」。

 37問:生薬・・・「ふつう」。取れる問題。

 38問:高コレステロール薬・・・「ふつう」。基礎・基本レベル。

 39問:貧血薬・・・「ふつう」。

 40問:循環器用薬・・・「難」。

 41問:痔の薬・・・「ふつう」。

 42問:外用痔疾用薬・・・「ふつう」。文系可。

 43問:漢方処方製剤・・・「難」。

 44問:婦人薬・・・「やや難」。

 45問:内服アレルギー用薬・・・「ふつう」。

 46問:内服アレルギー用薬2・・・「ふつう」。

 47問:点鼻薬・・・「ふつう」。取れる問題。

 48問:点眼薬・・・「ふつう」。取れる。

 49問:ヨウ素系殺菌消毒成分・・・「ふつう」。

 50問:ステロイド性抗炎症成分・・・「ふつう」。

 51問:みずむし・たむし・・・「ふつう」。

 52問:口内炎用薬・・・「ふつう」。

 53問:ニコチン・・・「ふつう」。

 54問:滋養強壮保健薬・・・「ふつう」。

 55問:漢方処方製剤・・・「難」。

 56問:生薬・・・「ふつう」。

 57問:消毒薬・・・「ふつう」。取れる問題。

 58問:有機リン系殺虫成分・・・「ふつう」。

 59問:検査薬・・・「ふつう」。

 60問:妊娠検査薬・・・「ふつう」。定番問題。

人体

 61問:消化器・・・「ふつう」。

 62問:小腸・大腸・・・「ふつう」。

 63問:胆嚢・肝臓・・・「ふつう」。

 64問:呼吸器系・・・「ふつう」。

 65問:心臓・血管・・・「ふつう」。

 66問:血液・・・「ふつう」。

 67問:泌尿器・・・「ふつう」。

 68問:感覚器官・・・「ふつう」。

 69問:外皮・・・「ふつう」。

 70問:骨格・筋組織・・・「ふつう」。ド定番。

 71問:神経系・・・「ふつう」。絶対レベル。

 72問:成分吸収・・・「ふつう」。

 73問:代謝・排泄・・・「ふつう」。

 74問:体内の薬・・・「ふつう」。取れる。

 75問:剤形・・・「ふつう」。

 76問:副作用1・・・「ふつう」。

 77問:副作用2・・・「ふつう」。取れる問題。

 78問:副作用3・・・「ふつう」。

 79問:副作用4・・・「ふつう」。

 80問:副作用5・・・「ふつう」。定番問題。

法規

 81問:医薬品の定義・・・「ふつう」。

 82問:一般用医薬品・・・「ふつう」。

 83問:店舗管理者・・・「ふつう」。

 84問:毒薬・劇薬・・・「やや難」。

 85問:法定記載事項・・・「やや難」。

 86問:医薬部外品・・・「ふつう」。

 87問:化粧品・・・「ふつう」。取れる問題。

 88問:食品・・・「ふつう」。

 89問:許可・・・「ふつう」。

 90問:薬局・・・「ふつう」。

 91問:配置販売業・・・「ふつう」。

 92問:店舗販売業・・・「ふつう」。

 93問:書面保存・・・「ふつう」。

 94問:特定販売・・・「ふつう」。

 95問:遵守事項・・・「ふつう」。

 96問:濫用の恐れ・・・「ふつう」。

 97問:広告・・・「ふつう」。

 98問:広告基準・・・「ふつう」。

 99問:販売方法・・・「ふつう」。

 100問:監督処分・・・「ふつう」。

適正使用

 101問:添付文書1・・・「ふつう」。

 102問:添付文書2・・・「ふつう」。

 103問:長期連用・・・「ふつう」。

 104問:使用しない・・・「ふつう」。

 105問:してはいけない1・・・「ふつう」。

 106問:してはいけない2・・・「ふつう」。

 107問:使用しない・・・「ふつう」。

 108問:想定問題・・・「ふつう」。取れる。

 109問:保管等・・・「ふつう」。

 110問:製品表示・・・「ふつう」。

 111問:安全性情報・・・「ふつう」。

 112問:PMDA・・・「ふつう」。

 113問:報告義務者・・・「ふつう」。

 114問:安全対策・・・「ふつう」。

 115問:救済制度・・・「ふつう」。

 116問:救済制度の対象・・・「やさしい」。

 117問:救済制度の給付・・・「ふつう」。取れる問題。

 118問:PL・・・「ふつう」。

 119問:安全対策・・・「ふつう」。

 120問:啓発活動・・・「ふつう」。

この年の試験の注意点

 しかし、登録販売者も、次第に「難しくなっている」のは事実です。

 以前の大阪府の試験では、選択肢のうち、2~3個を正しく判別できれば、穏当に正答を選べることができました。

 つまり、選択肢の1~2個がわからなくても、何とか正答を選べて、1点が取れていた、といった寸法です。

 しかし、昨今の試験では、すべての選択肢を、正確に判別できないと、点が取れない問題が目立つようになっています。

 問題の見た目の難易度は、変わっていません。しかし、「点が取り難くなっている」ので、注意してください。

 油断大敵です。

 大阪府は、合格率が50%近いとはいえ、勉強しないと受からないので、きっちり勉強しておきましょう。受験料を何回もお布施するのは、愚かだと思います。

 なお、過去問の解説ですが、改定には対応していないので、(アレ?!)となったら、テキストの最新記述に、従ってください。

難問リスト

 「難問」や「やや難」の問題をリストにしました。確認やチェックにどうぞ。

 副作用の定義:4問

 漢方処方製剤:22問

 胃腸鎮痛鎮痙薬:35問

 循環器用薬:40問

 漢方処方製剤:43問

 婦人薬:44問

 漢方処方製剤:55問

 毒薬・劇薬:84問

 法定記載事項:85問

漢方処方製剤リスト

 「漢方処方製剤」の問題をリスト化しました。試験直前の追い込み時に活用してください。

 丸々1問が「漢方処方製剤」の問題は…、

 22問

 43問

 55問

 …です。

 選択肢の一部に「漢方処方製剤」が出る問題は…、

 25問

 28問

 40問

 44問

 …となっています。

生薬リスト

 「生薬」の問題をリスト化しました。試験直前の追い込み時に活用してください。

 丸々1問が「生薬」の問題は…、

 37問

 56問

 …です。

 選択肢の一部に「生薬」が出る問題は…、

 28問

 30問

 40問

 …となっています。

独学向け教材

 使用教材の詳細は「教材レビュー」に述べていますが、読むのが面倒な人は、テキストは、初心者向けでオマケ付きの「らくらく完全攻略! 登録販売者試験 合格テキスト&問題集」と、掲載問題数が一番多い「超重要 登録販売者 過去問題集」を使えば支障ありません。わたしはこれで「117点」取れました。

 また、公式の過去問は、PDFで配布されています。過去問演習は、「タブレット」が便利です。もってない人は、受験を機に、アマゾンの「Fire HD」を推奨します。最優秀のコスパです。

こまごましたもの

 登録販売者のこまごましたことは、ブログに投稿しています。

 興味のある方は、「登録販売者の投稿記事 」の「登録販売者:語呂合わせ」や「登録販売者:まとめ」、「登録販売者:憶え方」などをお目汚しください。

 そのほか、「登録販売者:医薬品」や「登録販売者:生薬」、「登録販売者:漢方処方製剤」で、ヒマな時間を潰してください。

みんなとシェアする