27問‐H28の過去問と解説

まずは初めに結論を。一口で言うと。まとめ。要旨。

 第27問は、「一般媒介契約」の問題です。定番の論点である「媒介契約書面の記載事項」が選択肢の2つを構成しています。実によく出るところなので、判別できるようになっておきましょう。ここだけは、しっかりやっておくべきです。軽い「ひっかけ」が1問あります。が、テキストを精読していれば、引っかからないはずです。

27問‐一般媒介契約等

 

 (クリックして拡大。)



難易度・優先順位ひとこと

 本問のレベルは「ふつう」です。

 基本事項で構成された問題です。大半の受験生は、「点」にするはずです。

 宅建業法は、点数源となる科目です。本問は、ゼッタイに落としてはいけない問題です。

 本問の答えは、「こちら(数字のみ)」です。

解説

 本問は、「正しいもの」を選ぶ出題形式です。

 別段、複雑な指示はないので、ふつうに選択肢の1つ1つを解けばいいです。

 なお、本問には、類似問題があるので、後述する「参考リンク」を活用ください。

選択肢1

 選択肢1の「AがBと一般媒介契約を締結した場合、当該一般媒介契約が国土交通大臣が定める標準媒介契約約款に基づくものであるか否かの別を、法第34条