宅建の独学‐中級編 スタートアップ宅建:「これでいいの?」

まずは初めに結論を。一口で言うと。まとめ。要旨。

  宅地建物取引士(宅建)の独学の中級編。宅建の試験勉強を始めて、1~3ヶ月くらいの人が対象。試験科目の勉強する「順番(優先順位)」を述べているほか、「後回し」や「捨て問」についても言及している。また、中盤での中間目標も挙げている。中だるみしがちな中盤を乗り越えたい人向けの内容。

告知的なこと

 

 本試験の“気休め”になるものを、たとえば、「宅建「難問枠」とは?‐受験生の心構え」などを、「ブログ:宅建直前対策」に挙げています。

 試験日が近づいたら、一度、目を通してみてください。

どこから何をどう勉強?‐ひとくちガイダンス

 「宅建の勉強って、こんなんでいいの?」的な、不安や疑問に応じる中級者向けのページです。

 試験勉強を始めて「1~3ヶ月くらいの人」が対象です。

 「やってはいけない」や、「勉強の順番‐優先順位」くらいは、目を通してみてください。

 ところで、宅建の基本情報は「初級編」を、試験勉強開始3~6ヶ月の人は「上級編」を、過去問演習は「宅建 過去問+解説」を、参考願います。

 さて、勉強がぜんぜん進まない人は、教材を疑いましょう

 初心者用は「教材(初学者向け)」に、経験者等用は「教材(経験者向け)」にまとめていますが、選ぶのが面倒な人は、わたしが再受験するなら使うだろう「出る順宅建士テキスト&ウォーク問セット」を推薦します。

インデックス

  1. やってはいけない
  2. 宅建の大原則
  3. 序盤~中盤の目標
  4. 【民法ゼロ人】
  5. 勉強の順番‐優先順位
  6. 要注意科目
  7. 後回し
  8. 捨て問

やってはいけない

 序盤以降、宅建の試験勉強で、やってはいけないことは、以下の…、

 ・民法からする

 ・民法をしない

 ・根を詰める

 …3つです。

民法からする

 「民法」は、内容が難儀なうえに、膨大なボリュームのため、点数が取れるようになるまで時間のかかる“最も、やっかいな科目”です。

 こういう難科目から“安直に”やり始めると、必ず、嫌気が差して、勉強をしなくなります。

 「民法」は、最も『挫折』に近い科目です。

 テキストの一番最初に「民法」があるからといって、「民法」から始める必要性は、全くありません。

 序盤は、宅建業法等の点数の取りやすいところから始めて、んで、慣れて来たらボツボツと、民法に本腰を入れるのが『長続きする試験勉強』となります。

民法をしない

 民法に全く手をつけない試験勉強も、これまた、ダメです。

 経験者なら、「後回し」でも構わないのです。

 しかし、民法に触れたことがない人は、後述するように、毎日必ず、少しずつ、民法を勉強する必要があります。

 素人が民法を「後回し」にすると、間違いなく、本試験に間に合わなくなって、受験料をドブに捨てることになります。

 宅建は、毎年5万人が、試験放棄をしています。

根を詰める

 今は、「めちゃくちゃに頑張る」必要はありません。

 まだ序盤なのに、頑張る人は、9割方が“嫌になって”試験勉強をやめます。

 アクセル全開では、どんな車も壊れます。やめるために頑張るような人がいます。

 大事なのは、「続けること」です。

【中級】でも‐宅建の「大原則」

 前ページでも述べましたが、繰り返しておきます。

 宅建合格の大原則は、『取れる問題は、1問たりとも落とさない、取る。』です。

 テキストに載っていることや、過去問に問われたことは、『1つたりとも落とさない』のが、試験勉強の最終目標です。

 まだまだ、(あっそ)くらいにしか思えないでしょうが、過去問を解くうちに、次第にわかってきます。

 宅建は、「1点」を取る試験なので、「1問」と「1選択肢」を大事にしてください。

序盤~中盤の目標

 試験勉強を始めて、1~2週間もすれば、宅建試験がどんなものか、少しずつですが、見えてきたように思います。

 試験勉強の序盤~中盤では、「テキストを1回、読み通す。過去問を1周、何とかやりぬく」を、中間目標にしてください。

 テキスト・過去問ともに、“ざっくり”でいいです。

 実力を完成させるのは、終盤になってからです。まずは、とりあえず、テキスト・過去問を、1回終わらせる計画を練ってください。

【民法ゼロ人】民法・宅建業法の両輪で

 以下は、法律の初学者で民法知識がゼロの人を、対象にしたアドバイスです。民法経験者は、読み飛ばしてください。

 宅建の試験勉強ですが、民法と宅建業法等とを、並行してやっていきます。

 片一方に「民法」を、もう片方に「宅建業法等」を置いた両輪方式です。

 法律初学者の人は、「民法」を、必ず、毎日、少しでも、勉強してください。

 長時間でなくてもいいです。1~2ページの10~20分でOK。比重は、宅建業法等8:民法2または9:1くらいで結構です。ただ、「毎日」やることを、忘れないでください。

 どうしてかというと、「民法」は、点が取れるようになるまで、どうしても、時間がかかるからです。

 ぶっちゃけいえば、「宅建業法」は、GWなどで集中的に勉強すれば、余裕で12~15点くらい、取れるようになるのです。

 「法令上の制限」の各法律などは、3日もあれば、1点取れるようになるのです。

 しかし、「民法」は、全く事情が異なっていて、短期間で、どうこうなる科目ではありません。

 経験者は語りますが、「民法」は、勉強していても、ずうっと「いまいち」な状態が続くのですが、あるとき、“ぱっ”と、瞬時に、わかるときが来るのです。こうなると、メキメキと点が取れるようになります。

 「民法」は、今すぐ、できなくても、いいです。とにかく、やること・消化すること・慣れることが本当に大事です。

 配偶者に騙されたと思って、毎日、少しでいいので、「民法」を、進めてください。本当に、亀の歩みでいいです。こんなんでいいの?でいいです。「やらない」「後回し」より、100倍、受かると断言しておきます。

 宅建は、毎年5万人近くが試験放棄をしますが、おおむね、「民法」がらみです。

勉強の順番‐優先順位

 以下に、どこから勉強していけばいいか、「順番」を述べておきます。

 基本は、『点の取りやすいところから、勉強する』です。

 なお、先述しましたが、民法ゼロの人は、「民法」は「車の両輪」であって、別格1位です。並行して、必ず、消化していってください。

 民法経験者の人は、「宅建業法」や「法令上の制限」といった得点源があらかた済んでから、「民法」に着手すればいいです。

 参考:民法コメント

第1位:宅建業法

 まず、着手すべきは、「宅建業法」です。

 試験のメイン科目だからで、配点が最も多く、この法律で点が取れないと、試験に受かりません。

 勉強内容は、大半が「暗記と記憶」であり、前提知識ゼロでも、ぜんぜん勉強できます。

 やりやすさ・重要性・配点からして、一番最初に手をつけるのは、「宅建業法」です。

 参考:宅建業法コメント

第2位:土地・建物

 次に着手すべきは、「その他」の「土地」「建物」です。

 本試験では、それぞれ1問ずつ出題されるのですが、宅建中、最も、カンタンなところです。

 本試験問題に凝った物はなく、テキストをシッカリ読んで、過去問を解いていれば、余裕で点が取れます。

 早々に、「2点」を確保して、気持ちを楽にしましょう。

 参考:土地・建物

第3位:区分所有法・不動産登記法

 3番目にするのは、「区分所有法」と「不動産登記法」です。

 それぞれ1問ずつ出題されるのですが、大半が知識問題であり、テキストの内容を憶えさえすれば、穏当に点が取れます。

 ボリュームも少なく、逐語的に憶えるだけなので、勉強はしやすいです。

 両方で、「2点」を、早々に確保しましょう。特に、区分所有法は、簡単です。

 参考:区分所有法コメント

 参考:不動産登記法コメント

第4位:借地借家法

 第4位は、「借地借家法」です。

 毎年「2問」出題されます。

 基本は、「暗記と記憶」です。

 民法の知識が必要だったり、小難しい問題が出るときもありますが、それでも、点が取りやすいとしか、言いようがありません。

 参考:借地借家法コメント

第5位:法令上制限4法

 第5位は、「法令上の制限」に出てくる「宅地造成等規制法」「土地区画整理法」「国土利用計画法」「農地法」の4法です。

 当該4法は、ほぼ毎年、試験で問われるところです。

 基本は、「暗記と記憶」であり、本試験問題も、定番論点からの出題が多く、点が取りやすいところです。

 ボリュームも多くないので、計画的に、1つ1つを消化していくとよいでしょう。基礎くらいは、土・日で押えられます。

 以上が、「点の取りやすい、費用対効果の高い」ところです。

 参考:農地法コメント

 参考:国土利用計画法コメント

 参考:宅地造成等規正法コメント

 参考:土地区画整理法コメント

第6位:不動産鑑定評価・地価公示法、住宅金融支援機構、景品表示法

 以下の論点は、頻出論点・定番論点からの出題が多く、「得点可能性は高い」のだが、毎年、新しい論点が問われたりするので、「やや対策し難い」ところです。

 「法令上の制限」の「不動産鑑定評価・地価公示法」と、「その他」の「住宅金融支援機構」「景品表示法」は、そこそこまで、仕上げていればいいです。

 最後の締めは、試験勉強の後半のテキストの精読で行ないます。

 序盤~中盤では、テキストを読んで基礎・基本を固め、過去問を解いて、どういう問題が出るのかを把握することに努めてください。

 参考:不動産鑑定評価等

 参考:住宅金融支援機構

 参考:景品表示法

要注意科目:都市計画法と建築基準法

 得点上、「落とすわけにはいかない」ので、勉強しないといけないのが、「都市計画法」と「建築基準法」です。

 両法とも、「2問」が出題されます。

 両法ともボリュームが膨大で、そのうえに、「暗記と記憶」ばかりで、しかも、憶えることがクソ多いくせに、出るかどうか、かなり“疑わしく”、費用対効果は極限に悪いです。

 たとえば、「建築基準法」の「用途制限」ですが、クソのような「表」を憶えて、選択肢1つくらいしか出題がありません。(しかも、毎年出るわけでもないのです。)

 

 当該2法を、他の科目のような感じで臨むと、圧倒的な「めんどくささ」に、試験勉強に嫌気が差します。

 都市計画法と建築基準法の両法は、『長期的観点』から、勉強しなくてはいけません。

 序盤~中盤にかけては、『ざっくり』を念頭に、頻出論点の制覇と要点把握に努めてください。

 参考:都市計画法コメント

 参考:建築基準法コメント

「後回し」科目

 優先順位が低いのは、「税法」です。

 「税法」は例年2問出題され、「所得税」「固定資産税」「登録免許税」「不動産取得税」「贈与税」「印紙税」「都市計画税」が問われます。

 参考:税法コメント

 一口で言うと、「後回し」です。

 税法は、「合計2問」出題されるのですが、正直、費用対効果が悪いです。

 テキスト・過去問をきちんと勉強しても、斜め上の問題が出たり、素人には到底わからない問題が出たりと、対策が実に執りにくいです。

 「民法」「宅建業法」等が済んでいないなら、税法2問は「後回し」にして、先に、メイン科目から終わらせるようにしてください。

 「税法」は、基本は「後回し」ですが、しかしながら、上級編「合格する人はやっている‐税法」のところは、読んでおいてください。

「捨て問」可能

 捨ててもいいのは、「その他」の「統計」です。

 過去問を見てもらえばわかりますが、白書等に出てくる「数字」が問われます。

 参考:宅建「その他」の「統計」の過去問リスト

 正直、配偶者並に、やってらんないです。

 費用対効果が著しく悪く、得点可能性も低いです。

 よって、「捨て問」が「有効な一手」となります。

 ほとんどの論点が“完璧”なまで仕上がっているなら、勉強もOKですが、そうでないなら、他の科目の復習に、時間を割く方が賢明です。

 「統計」は、基本は、「捨て問」ですが、しかしながら、上級編「合格する人はやっている‐統計」のところは、読んでおいてください。

 「宅建上級」に、続きます。

宅建のこまごましたもの

 目下作成中。

みんなとシェアする